本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2017 Twentieth Century Fox

WEB SNIPER Cinema Review!!
サンダンス発世界が熱狂!喝采!感涙!
掃き溜めのような地元ニュージャージーで、呑んだくれの元ロック歌手だった母と車椅子の祖母と3人暮らしをしているパティ。23歳の彼女は、憧れのラップで名声を手に入れて地元を出ることを夢みていた......。

4月27日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー
 | 
(C)2017 Twentieth Century Fox

本作の最大の問題点は、主人公パティ・ケイクスの作る曲がダサいことだと思うんだよな。いまどきサンプルを連打(パ、パ、パ、パティ、ケイクスみたいな)する曲とかあるのかよ!?「私は実家暮らし、分かっているわよ負け犬女」みたいなラップ内容も、エミネム『8 Mile』(カーティス・ハンソン監督)を子供向けにシュガー・コーティングしたようにしか聴こえない! それより、男グセが悪いお母さん(ブリジット・エヴァレット)がバーで警官バンドと一緒に歌う、リタ・フォードの「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが心に響いてくる......。さらに、地元のクソさにうんざりしたパティが、クソボロい車に乗ったときに流れて来る、ジェファーソン・エアプレインの「The Time that Never Was」のほうが魂を溶かしてくるじゃないですか......。または私の音楽趣味がおっさん化しているだけなんですか......。

(C)2017 Twentieth Century Fox

主人公パティ・ケイクス(ダニエル・マクドナルド)は、アメリカのクソ田舎に住む23歳の白人女性。彼女は「ダンボ」というあだ名で馬鹿にされ、バーでバイトをしながら実家で暮らしている。携帯にかかってくるのは、未払い医療費の督促ばかり。母親(ブリジット・エヴァレット)は呑んだくれで、ばあちゃん(キャシー・モリアーティ)は関節を痛めて車椅子。かなりどん詰まっている人生ではあったが、彼女には夢がある。ラップで成り上がるのだ。
とはいえ特に展望もない。ドラッグストアで働く友達に会いに行けば、店内でラップをしてアジア系の店員に注意され、街角のサイファーに参加すれば、対戦相手に頭突きをかまされて鼻血を出す。そんなある日、彼女は、高速デジタルビートにのせてギターをかき鳴らす、内気な黒人青年(キャシー・モリアーティ)に出会った。やがて二人は仲良くなり、秘密のスタジオでセッションを迎える瞬間がやってくる。しかし片やギャングスタ・ラップ、片やゴス系デジタル・ハードコア、その音楽性のギャップを、この映画どうやって埋めていくのか!? と注目したら単純に「曲のピッチは半分にしてね」と、スイッチをいじって解決していた。そこにラップが乗って、ついに無敵のヒップホップバンドが誕生する!

(C)2017 Twentieth Century Fox

というわけで彼女らの挑戦が始まっていくのだけれど、『ハッスル&フロウ』(クレイグ・ブリュワー監督)などの黒人成り上がりものが描く恐怖が逮捕やギャングの襲撃だとすれば、本作が描くのは医療費による破産だというのが渋い。家族への愛と、愛ゆえに自分が破滅においこまれる恐怖。それこそが、本作の選んだ白人貧困層におけるリアルなのだ。
主人公パティは、夢と家族のためダブル・ワークで稼ぎだす。それでも一度は彼女の心が折れてしまう瞬間、それはバイト中に書き溜めているラップを、客のジジイによって勝手に読み上げられてしまったとき、というのが意地悪ながら、いかにもクソ田舎でよかった。「あたしはキラーP まじでやばい ビッチな女......」みたい内容を、いつの間にかカラオケマイクで朗読してるジジイ。そいつがよりにもよって全く似合っていないドレッドヘアのラスタかぶれ白人という微妙さが、ますます自分の人生のショボさへの悲しみをさそうのだ。

(C)2017 Twentieth Century Fox

監督は本作がデビュー作となるジェレミー・ギャスパー。ネオン・カラーが効果的に使われた画面は、ニコラス・レフン監督の『ドライヴ』にはじまり、アカデミー賞を受賞した『ムーンライト』や、ライアン・ゴズリングが監督した『ロスト・リバー』、ターHELL 穴トミヤ2017年Best10に入る『グッド・タイム』にいたるまで、2010年代の映画に特徴的なスタイルだ。また音の繋ぎ方も変わっていて、音楽から急に静かになったり、逆に急に曲が入ってきたり、酩酊感がありおもしろかった。

(C)2017 Twentieth Century Fox

っつーわけで本作 惜しいのは音楽
そこにない感覚 腰にクるカクカク
でも避けたいよ悶着 ですね。そこは置いとく
魚屋の地下で セッション
そこはおもしろい 演出
そういや銀座の地下に中華料理
帝里加 テイクアウトいっとく?
劇場でなぜか定食 匂いで意識混濁
上映にメシを持ち込む それはマナー違反言っとく
医療費高い マジでやばい!皆保険 ありがたい!
ラップで稼ぐ行数? 違う違う!とにかく
夢を持とうでっかく!
ではたのしもうゴールデンウィ~ク!
¥ay!¥ay!¥ay!

(C)2017 Twentieth Century Fox

文=ターHELL穴トミ¥ay

場末のバーから、荒んだストリートから、オリジナル楽曲で
魂をノックアウトする、最高に"ドープ"な音楽映画の傑作、誕生!


『パティ・ケイク$』
4月27日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー

(C)2017 Twentieth Century Fox
原題=『PATTI CAKE$』
監督・脚本・オリジナル音楽=ジェレミー・ジャスパー
出演=ダニエル・マクドナルド、ブリジット・エバレット、シッダルタ・ダナンジェイ、ママドゥ・アティエ、ワス・スティーブンスサー・ンガウジャ、MCライト、キャシー・モリアーティ
提供=フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
配給・宣伝=カルチャヴィル×GEM Partners

2017年│アメリカ│109分│カラー│シネスコ│5.1chデジタル│PG12│字幕翻訳:田村紀子

関連リンク



関連記事

ゲームの勝ち負けの先に「負けた時に抱きしめてくれる婚約者がいることのほうが大事なのかもしれない」みたいな景色が見えてくる 映画『リビング ザ ゲーム』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |