本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)映画『EDEN』フィルムパートナーズ

WEB SNIPER Cinema Review!!
『カフェ・ソウル』の武正晴監督が紡ぎ出す、感涙のエンターテインメントショウ!!
故・原田芳雄が生前に企画を温めていた、船戸与一による短編小説「夏の渦」の映画化作品。新宿二丁目のショーパブ「EDEN」を舞台に、ゲイやニューハーフたちが織り成す人間模様をマイノリティに対する温かな視線で描き出す。

新宿K's Cinema、オーディトリウム渋谷、名古屋シネマスコーレにて現在公開中
 | 
(C)映画『EDEN』フィルムパートナーズ

免許の更新に行くと「飲酒運転が招いた悲劇......」「スピード超過さえしなければ......」など、教訓的なドラマを見せられます。本作はそれをちょうど反転させた感じの教育映画になっていて、観るものにセクシャルマイノリティたちへの理解を啓蒙する! だから警察は悪者で、性転換した死体を前に「うわ、ヒデーな親からもらった身体を」とか言ってるんですが、いまどきそんな奴いないだろと突っ込みたくもなってくる。でもそこは啓蒙映画だから仕方がない! 中国映画に出てくる日本鬼子みたいなものでしょう! しかし、もう1人でてくる歳上刑事の方は、「みなさん、がんばりましょう!」とか適当なことばっか言ってて、味があってよかったですね。

原作は船戸与一の短編小説『夏の渦』。監督は『パッチギ!』などのチーフを努め、自身の作品としては『花嫁は18歳』『カフェ・ソウル』などを撮ってきた武正晴。本作、映画化にあたってはひとつ逸話があって、この原作をそもそも映画にしたいと言い出したのは、昨年亡くなった原田芳雄だった。その話を聞いていたのが、自身の会社シネカノンが倒産状態にあった李鳳宇だったんですね。この『EDEN』はそんな李鳳宇のプロデューサー復帰第1作でもある。 

映画は2丁目のゲイバー(その名も「EDEN」)から始まります。そこにデブだったり、チビだったり、美人だったり、6人のオネエたちが働いている。その中のリーダーをなんと山田太郎が演じていて、このオネエ演技がハマってるというのが本作、最も意外なところでした。ただの女言葉というのでなく、しゃべってないときの表情の作り方、笑顔なんかがなんともうまい。
そして、このゲイバーのオーナーに高岡早紀というのが、過去を感じさせる美女という感じでまたまた渋いキャスティングです。

(C)映画『EDEN』フィルムパートナーズ

ある日、この「EDEN」に客として飲みに来ていたノリピーが、山本太郎の家に泊まったうえ急性心不全で死んでしまう。彼女は性転換手術で身体も女なんですが、司法解剖が終わった遺体は、家族に引き取りを拒否され、なんと「EDEN」に運びこまれてきてしまいます。化粧を落とされ、性別不詳になったノリピー。6人は彼女に再び化粧をほどこして、自分たちで無理矢理にでも家族の元へ送り届けることを決意する...。 

とストーリーはすすんでいくんですが、ここに高岡早紀へのストーカー犯を懲らしめるエピソードなんかが絡まってくる。このとっちめるシーンがけっこうよくて、6人のオネエがまず全員、最もキメ服な勝負ドレスで花園神社に集合するんですね。そして横一列になって出陣していくシーンは『キューティー・バニー』(フレッド・ウルフ監督)みたいな、あれは元プレイメイトが、女を捨てた女たちにおしゃれを教えるっていう映画でしたけど、変身して見違えた女たちが道一杯に広がって歩いていく「ヒーロー出陣!」的な高揚感があった。
考えてみるに、ここでただの6人の男が乗り込んでいくと、暴力の気配が立ちこめてヤクザの出入りみたいになってしまう。ところが、女装するとこれがうまくソフィスティケートされるわけですよ! これは日常生活でも大いに活用すべきで、たとえば友達の借金の取り立てにいくときは女装して行くと。そうすると、こちらの思い詰めた気持ちが相手に伝わって、黙ったままでも金を出してくれる。部下に解雇を伝えるときも、これは上司が断然女装する。そうすることで、面談が別のより大きな体験へと昇華され、心理的なショックが軽減される! さらに税務署の差し押さえなんかも、職員が女装して行けば、よけいな摩擦がぐっと減る。どれもこれも社会コストが削減につながって、日本の赤字なんてすぐになくなっちゃう! もう次期選挙に「女装して生活が第一」として出馬しても良いんじゃないか。この映画にはそういう重要なヒントが隠されている。

(C)映画『EDEN』フィルムパートナーズ

ちなみにこのストーカーは中年の予備校教師で、オネエたちが乗り込んだときは授業のまっただ中。その流れで、オネエの人権講座が始まるという、まさに啓蒙映画としては完璧な場面へと突入していきます。一方のストーカー男はといえば、満座の子供たちの前で土下座をすることになる。その心中やいかに!なんですが、そのあとこの男が一心不乱に授業を再開するんですね。これがよかった。あの日常業務をこなすことでアイデンティティを保つ感じ、あれこそ日本人あるある! 私も同じ行動にはしるに違いない、と妙なシンパシーに襲われました。

ゲイ差別発言や、風営法でバー潰しの石原慎太郎ディスなども絡めつつ、この映画、最後は怒濤の母娘もの展開に突入していきます。ノリピーの母親を演じているのが、藤田弓子なんですがこの演技がすばらしい! むき出しの母親感に、思わずティアーがフォーリンしてしまう。そしてたたみかけるような、今度は山本太郎による母娘もの波状攻撃に、「やっぱり最後は母ちゃんだね」と思いつつ、傑作ゲイディスコ「モダンガール」(シーナ・イーストン)を聴きながら映画は終わっていきました。

(C)映画『EDEN』フィルムパートナーズ

しかし、終わってからパンフを読むとなんと性転換済みのオカマ、ノリピーを演じていたのは女優(入口夕布)なんですね。ずっと実際に豊胸手術を受けた男優が演じているのだと思ってましたが、死体を観てもオカマにしか見えない! みごとな演技というか、やはり本作のキャスティングは絶妙です。

文=ターHELL穴トミヤ

この世の中はもっと豊かで、人生は棄てたもんじゃないわよ――
船戸与一の傑作小説を完全映画化!!





『EDEN』
新宿K's Cinema、オーディトリウム渋谷、名古屋シネマスコーレにて現在公開中
(C)映画『EDEN』フィルムパートナーズ

監督=武正晴
原作= 船戸与一「夏の渦」(『新宿・夏の死』 文春文庫より)
出演= 山本太郎、中村ゆり、高橋和也、齋賀正和、池原 猛、小野賢章、大橋一三、入口夕布、高岡早紀、浜田 晃、藤田弓子

配給協力=Spring has come
配給=SUMOMO

日本|HD|DolbySR|16:9|101分

関連リンク

映画『EDEN』公式サイト
http://sumomo.co.jp/eden/
facebook
www.facebook.com/2012eden
twitter
https://twitter.com/Movie_EDEN

関連記事

ドストエフスキー×ブレッソン×ボンクラ 露仏巨匠による、世紀を超えたダメ夫リレーに感涙! 映画『白夜』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
 |