女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2013サンゴレンジャー製作委員会

WEB SNIPER Cinema Review!!
一大ロケで撮影された石垣島の海・絶景の数々も見どころ!
沖縄県・石垣島を舞台に、島の名物であるサンゴ礁を守るために奔走する若者たちの姿を描く。環境省の石垣事務所に赴任してきた自然保護官の矢島(青柳翔)は、サンゴ礁の破壊に繋がる橋の建設計画に反対、サンゴ礁を守る「サンゴ防衛レンジャー」の結成を宣言する。共演に田中圭、佐々木希ら。

6月15日東京・渋谷HUMAXシネマ、お台場シネマメディアージュ他全国ロードショー
 | 
映画『サンゴレンジャー』は、環境問題提言ユニット・さかいたまきによる小説が原作。美しい海と自然が広がる沖縄県・石垣島を舞台に、世界有数のサンゴ礁を守るため、正義感溢れる自然保護官たちが活躍する。テーマは真剣だけど、ノリは爽やかで、痛快エンターテインメントという表現がしっくりくる。夏休みのオススメの1本だ。

ストーリーを確認しよう。2013年夏の石垣島。町長選を控えて、島では大規模な橋(ラグーンブリッジ)の建設計画をめぐり、賛成派と反対派が対立していた。橋が完成したら島の生活は現代的になる反面、美しいサンゴ礁は壊れてしまう。勿論、漁業が生業のうみんちゅにとっては死活的な問題である。そんな状況に、環境省の自然保護官である主人公・矢島(青柳翔)が赴任してくるところからスタートする。

熱血漢かつ変人という噂通り、矢島は赴任早々、「橋の建設に絶対反対! 美しいサンゴ礁を守る『サンゴ防衛レンジャー』になる」と宣言。コンビを組むことになった同期の岸谷(田中圭)を、いきなりサンゴレンジャー2号に指名するなど、暴走気味に活動をはじめる。なお、岸谷は当初こそ戸惑うも、次々と振り回されるうちに、やがて矢島の自然に対するアツさに惹かれていく。

(C)2013サンゴレンジャー製作委員会

矢島の圧倒的な行動力は、どんどん規模を拡大していく。ダイバーショップ経営者の木崎(池田鉄洋)、小学校教師のリサ(佐々木希)は、矢島の熱意と真摯な姿勢に共感して、サンゴレンジャーの一員になることを快諾。リサの教え子には、チビレンジャーとして参加する子もでてきた。一方で、矢島の奔放さに違和感を持つ父兄や、スクープ狙いの新聞記者が現われ、一筋縄ではいかない気配に。

そんなある日、建設計画の集会で矢島が表明した個人的見解が大問題へ発展し、さらに彼を慕っていた少年がある理由から大怪我をする事故が発生。矢島が厳しい局面にさらされるなか、建設計画での汚職事件まで発覚し、賛成派と反対派の対立が激化してしまう。

イケイケの矢島も大きな挫折を味わうことになり、一時は途方にくれる。しかし、雄大な海を前にして彼は、ある考えに辿り着く。「サンゴを守るために"1人の人間として"何をするべきか」――そして、サンゴレンジャーたちと共に、起死回生の行動を実行する。

環境問題提言ユニットが原作とあって、本作には真剣なテーマがいくつも含まれている。普段であればスルーしがちな話題を、考えるきっかけを与えてくれる。とはいえ、作品の基幹となる部分は爽やかであり、ドロドロしていない。そのため、そこまで難しい気分にならず楽しめる。

興味深いのは主人公が「公務員」であること。自然保護官とは環境省・地方支分部局の官職で、国家公務員試験を突破しないとなれない。公務員という響きには、真面目な性格だったり、行動に制限がかかるイメージがある。けれども、本作の矢島はエキセントリックかつアツい人物で、枠にとらわれない動きをする。こうしたギャップに、変人の躍動感が加わることで面白みが増している。

特筆すべきことはキャスト陣がハマっていること。青柳翔、田中圭、佐々木希、主役級の3人はいずれも活き活きと演じている。なかでも、佐々木希は抜群に可愛くて素晴らしい。『ローマの休日』の功績に、オードリ・ヘップバーン(当時24歳)の姿を記録した側面があるが、『サンゴレンジャー』も、佐々木希(25歳)を映画史に残したということで後世に評価されるかもしれない。また、池田鉄洋、高畑淳子、夏八木勲など脇を固める面々も良い。

(C)2013サンゴレンジャー製作委員会

ところで、本作にはインターネットの描写シーンがほとんどない。地元新聞社が巨大な力を持っていたり、スマートフォンとTwitterが普及した現代とは諸々受ける印象が異なる。小説版では1998年が舞台であることから、この15年で社会が大きく変化したのだと改めて感じさせられる。

もっとも、自然に流れる時間はその桁が違う。サンゴ礁とは、それこそ生物の石灰質骨格などが数千年単位で積み重なった地形であり、それゆえに人間の営みとやすやす比較できるものではない。ただ、個人的にサンゴ礁を壊したいと思う人間はまずいなくても、集団のクオリティ・オブ・ライフと引き換えになら多少傷ついても......と現実的にはなってしまったりする。だからこそ、自分という個人に準拠してよく考えることが重要になる。

最後に、海の映像について触れておきたい。海をテーマにした作品では、その絵が素晴らしければそれだけで傑作となる。例えば、『イントゥ・ザ・ブルー』は、バハマ諸島の海を見事に捉えており、強烈なインパクトがあった。本作でも、格段に綺麗な海が登場する。それはラストシーンで映しだされる。もし、このレベルの映像が冒頭からあればエラいことになっていたはずだ。なお、序盤では漫画のコマ割りのような映像演出があり、こちらも効果的だった。決定的な映像と、新しい演出をもっと観たかったのは正直な思いだ。ちなみに、ラストは映像も凄いがある衝撃の事実も明らかになる。それが一体何なのかは劇場で確認してほしい。

文=高橋史彦

美しいサンゴ礁を守るため、正義の味方が現われた――




『サンゴレンジャー』
6月15日東京・渋谷HUMAXシネマ、お台場シネマメディアージュ他全国ロードショー

(C)2013サンゴレンジャー製作委員会

原作=さかいたまき『サンゴ・レンジャー』(朝日新聞出版刊)
監督=中前勇児
脚本=三浦有為子・高橋麻紀
出演=青柳翔/田中圭/佐々木希/菅原大吉/水橋研二/池田鉄洋/坂田聡/田中律子/藤木勇人/小日向文世/高畑淳子/夏八木勲
製作=サンゴレンジャー製作委員会



配給=マーブルフィルム
宣伝=ブラウニー

2013年|日本|100分|ビスタサイズ|カラー

関連リンク

映画『サンゴレンジャー』公式サイト

関連記事

坂口安吾の世界を大胆にアレンジして映像化 予算1200万でも映画はここまでつくれる! 映画『戦争と一人の女』公開中!!

高橋史彦 駆け出しライター。ITmedia・ねとらぼ、Webサークル・ねとぽよで活動中。ポーカーと将棋、囲碁仲間を激しく募集してます。

ねとぽよ
Twitter

 | 
13.06.16更新 | レビュー  >  映画
文=高橋史彦 |