ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
特選AVレビュー『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは』(タカラ映像)
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【1】
特選AVレビュー『メスころがし/北川ゆず 』(ワープエンタテインメント)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』303号室
特選AVレビュー『ノーパン中出し散歩 星奈あい』(PETERS)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』402号室
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・大阪」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』302号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』304号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』202号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』301号室
特選AVレビュー『3センチメートル 高まる鼓動を感じる距離』(SILK LABO)
特選AVレビュー『あ~やらしい!61 爆乳ドエロの精飲痴女 本真ゆり』(S.P.C)
読者代表変態仮面がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」麻里奈さん【3】
アクセスアップ
新刊情報
こぼれ落ちそうなおっぱい(大洋図書)
アップル写真館特別編集 隣の変態奥様を探せ Vol.3(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム Vol.2(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.3(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.12(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.36(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2018 夏(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.17(ミリオン出版)
俺の旅 2018年9月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年9月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter


WEB SNIPER Cinema Review!!
『キック・アス』『キャリー』のクロエ・グレース・モレッツが挑むSFミステリー!!
圧倒的な知的生命体「アザース」による4度の攻撃を受け、人類の99%が死滅した地球。生き残った女子高生キャシー(クロエ・グレース・モレッツ)は、離れ離れになってしまった弟を救うため、たった1人で子どもたちが拉致された基地へと向かう。またいつくるか分からない襲撃の恐怖と、人類に紛れこんだ「アザース」によって敵と見方の区別がつかなくなっている危機的状況の中、キャシーは旅の途中である男に命を助けられる。少しずつ彼に惹かれていくキャシーだったが、心から信用することはできなくて......。果たしてキャリーは「アザース」を見抜き、致命的となる第5の攻撃"フィフス・ウェイブ"を止めることができるのか!?

全国公開中
 | 
第1波、電磁パルス。第2波、災害。第3波、ウィルス。第4波、直接攻撃......。そして映画の題名にもなっている「5番目の攻撃」とはなんなのか?!というのが、本作最大のミステリーとなっているのだが、そんなことよりクロエ・グレース・モレッツちゃんの鼻腔の動きがすごい。本作で彼女はついに「鼻腔女優」としての活路を見出したのではないか。思えば、彼女の出世作となった『キック・アス』(マシュー・ヴォーン監督)にすでにその萌芽があった。父親のエリート教育によって快進撃を続けていたヒット・ガールことモレッツちゃんが、マフィアによってついに返り討ちに遭ってしまう。ラバー・コスチュームに包まれたその身体が、容赦なく机の上に叩きつけられる!苦悶に歪む彼女の表情に嗜虐的な興奮を覚えながら、観客たちはその鼻腔が膨らむのを目撃していたはずだ。ツンと上に向いたモレッツちゃんの鼻頭を、最大限に魅力的に見せる動き、それこそが鼻腔ヒクヒクだと、今思えばなぜこの時に気づかなかったのか。



実は近年、クロエ・グレース・モレッツは「生理キャラ」としての演出が目立っていた。その皮切りとなるのが、オムニバス型のコメディ映画『ムービー43』で、公開当時モレッツちゃん16歳。彼女が突然生理になって、周りの男がひたすら「血が出て死んじゃう!」とか「きもい!」とか喚きちらすだけというひどい内容ながら、モレッツちゃんと生理を結びつけるというインパクトはでかかった(監督はエリザベス・バンクス)。出演時11歳の『キック・アス』で彼女の虜になった世界中のファンたちは「モレッツちゃんが、生理に......」と、人知れずショックを受けていたに違いないのである。
そして、同年に公開されたリメイク版『キャリー』(キンバリー・ピアース監督)は言うまでもなく、初潮ホラームービー。思えばこの2作で、5歳でデビューし、11歳でスターになった子役キャラからの脱却を、モレッツちゃんは狙っていたのに違いない。その路線は今作でも踏襲され、この映画の最初の字幕は何を隠そう「タンポン」である。銃を片手に、廃墟となったスーパーに侵入したモレッツちゃんが、究極のサバイバル状態で集めていく物資。そのなかのひとつとして鷲掴みにされる謎の包みがタンポンなのだ。
この怒涛の生理おし、さすがアメリカらしい大胆な脱・子役キャラ戦略なのだが、しかしあたりまえの現象がわざわざ強調されるのは、「元子役なのに」というエクスキューズありきでもある。それでは真の脱却とはなりえず、そこでこれからの女優業の軸足とすべくモレッツちゃんが見つけたのが、鼻腔演技なのではないか。



映画はタンポンを回収したあと、さかのぼって、世界がなぜ崩壊してしまったのか?その過程を見せていく。空中に突然あらわれた巨大な構造物から、次々と繰り出される攻撃。なかでも巨大津波と、それにともなう大都市の崩壊を描く、ディザスタームービーとしての前半はよくできていた。両親と弟、4人家族の長女だったモレッツちゃんは、いつしか難民キャンプ住まいになり、ついには弟ともはぐれてしまう。
一人になったモレッツちゃんのサバイバルが始まると、そこに謎の年上男子(エヴァン・ウォーカー)があらわれる。整えられた髪、チェック柄シャツに、おしゃれ髭。その見た目は『フィフス・ウェイブ』ならぬサードウェーブ系男子といった趣なのだが、彼はモレッツちゃんが危機になるたびに助けに現われる、いわば王子様なのだ。一方には、世界が崩壊する前、高校で気になっていたさわやか系の同級生(ベン・パリッシュ)もおり、モレッツちゃん果たしてどっちを取るのか!映画は、学園ものじみた恋愛要素をはらみ出す。ここにきてやっと「原作、ヤングアダルト小説なの!?」と気がついた。ということは、ここから『メイズランナー』シリーズのような子供たちが主人公となって世界を救っていく展開に、『トワイライト』シリーズのような王子様キャラを1滴垂らした感じで続くんだな......。そう思った私の大脳新皮質がいつしか「敵の正体」や「謎」への興味を失い、モレッツちゃんにしか反応しなくなっていってしまったのを、どうか責めないでほしい。



そんな中で、思わず身を乗り出したのがエヴァン・ウォーカーの脱いだらすごいんですシーン。サードウェーブ系男子だと思っていた彼が、川で水浴びを始めると、超マッスルな上半身をしている。男ですら思わず「すごっ!」となってしまうその裸体を、モレッツちゃんも木陰から眺めていた。そのあきらかに「ムラっ」ときている、女の匂いたつような表情の素晴らしさ!
本作では、モレッツちゃんの気持ちが動く時、まるで脳みそが酸素を必要とするがごとく、鼻腔を収縮させるのが基本路線になっている。しかしこのときはさらなる演技の幅を見せ、ヒクヒクをあえて封印して心の動きを表現していた。これこそ子役モレッツちゃんが真の「鼻腔女優」へと羽化した瞬間ではなかったか。ジャック・ブラックの眉毛、シャーロット・ランプリングの血管、それらはいつも映画を盛り上げこそすれ、「ここぞ!」というタイミングでは封印されていた。それこそが、飛び道具の扱い方にちがいない。クロエ・グレース・モレッツは鼻腔ヒクヒクを片手に、本作でついに子役から女優への道を歩みだした。その収縮のたびに鼻腔から放たれる「そよ風」こそが、真のフィフス・ウェイブだったのだ......。私はそんな気がして仕方がないのである。

文=ターHELL穴トミヤ

知的生命体「アザース」vs「人間」の謎めいた心理戦が
驚愕のディザスター映像と共に描かれる話題作!


『フィフス・ウェイブ』
全国公開中

原題=『THE 5TH WAVE』
原作=リック・ヤンシー
監督=J・ブレイクソン
脚本=スザンナ・グラント、アキヴァ・ゴールズマン、ジェフ・ピンクナー
出演=クロエ・グレース・モレッツ、ニック・ロビンソン、ロン・リヴィングストン、エヴァン・ウォーカー

配給=ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

2016年│アメリカ│カラー│112分

関連リンク

映画『フィフス・ウェイブ』公式サイト

関連記事

斬新すぎる切り口! 本作のホームズはボケている。彼がその頭脳で挑むのは、消えていくみずからの記憶 映画『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |