女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
アクセスアップ
新刊情報
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
俺の旅 2018年7月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年7月号(ミリオン出版)
別冊投稿キングDVD 2018年7月号(ワイレア出版)
花と蜜 2018年7月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.41(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)田澤文化有限公司

WEB SNIPER Cinema Review!!
台湾アカデミー賞「金馬奨」最優秀ドキュメンタリー作品ノミネート
敗戦により台湾を離れて日本に引き揚げてきた、日本統治下の台湾で生まれた日本人=「湾生」たち。戦後70年、彼らが抱く望郷の念とは――。

岩波ホールにて絶賛公開中
 | 
(C)田澤文化有限公司

生まれてから物心着くまでの記憶っていうのは、この映画を観ると本当にでかいようだ。出てくるのは、太平洋戦争中、日本領だった台湾で育ち、または生まれ、敗戦とともに日本に帰国してきた日本人たち。彼らが台湾で過ごしていたのは、人生のごく最初の一部にすぎないんだけど、誰もが自分のいるべき場所を日本以外のどこかに感じつつ、暮らして来たような話をする。そんな、彼らのことを「湾生」と呼ぶらしい。

(C)田澤文化有限公司

登場する人たちが台湾に渡った理由はそれぞれ違って、ある人は、父親が失恋して家出してやがて流れ着いたのが台湾だったという。そこで結婚して、彼が生まれたのだ。ある人は父親が台湾総統府に勤める役人だった。ある人は、地元の川がいつも氾濫するから、両親と一緒に集団疎開で台湾に移っていった。
眼鏡の男性が出てきて、子供の頃、台湾で水牛に乗った話をする。水牛に乗っかって歩いて行くと、向かいから野良水牛がやってきて、喧嘩になる。負け知らずの自分の牛がある日、ついに負けてしまったのが悔しかったとか、なんとなく水木しげるのようなのんびり感が漂う話だ。日本に帰国してからは、どこの小学校にいっても通信簿に「ぼーっとしている」「のんびりしすぎ」と、書かれたらしい。「それも、台湾の影響があるやろねぇ」とか言っていて、のんびりforever~と思う。

(C)田澤文化有限公司

一方で台湾に残った人もいる。現地で台湾家族に養子に出され、台湾人と結婚し、今ではひ孫がいる人。寝たきりで、しゃべれなくなっているんだけど、自分を養子に出した母親の話をすると今でも泣き出してしまう。彼女には気がかりがあった、なんで母親は自分を養子に出したのか、自分は愛されていなかったのか。
娘や孫たちが彼女に代わって、祖母の足跡を訪ねて日本に向かう。暮らしていた場所を探したり、墓を探したり、このとき、娘のおばさんが面白いんだよな。明るくて、菩薩をすごい勢いで拝んでて、冗談を言っては、家族で爆笑している。墓を前にすれば、墓に向かってどんどん話しかける。墓石に人格を見出すというような、当然そこに死者がいるかのような、話し方をする。それで帰ってからは、母親に「おばあちゃんに会ってきたよ」と言う。あれはなつかしい感じもして、いい感じもする。俺の親戚にもこういうおばさんがいました。
台湾から帰ってきて、闇米販売からヤクザを経て、代用教員になったとかいう人もすごい。日本語の発音が変だと言われて、源氏物語を暗唱したという。すぐに感極まって泣いてしまう人で、女好き。日本にもどってからは、村で最初に鉄筋の家を建てた、というエピソードに、彼の意地や寂しさが見える。家族の写真を紐解けば、当然のように戦死という過去が出てくる。

(C)田澤文化有限公司

そしてみんな戸籍っていうのを気にするっていうか、こだわるっていうか、探すんだよなあ。台湾の人たちは日本に、おばあさんの戸籍があるのを見つけて喜んで、日本の人たちは台湾に、自分が生まれた時の戸籍を見つけて喜ぶ。この気持ちってなんだろうか。
子供の頃に自分を取り囲んでいた景色のニュアンスや、空気の匂いや、周りに暮らす人々の雰囲気は、自分の中にたしかに残っている。ある人は「今でも台湾で、川や空を眺めると涙が出ますよ」という。それは身体中に染み込んでいて、でも確固たるモノとして取り出すことはできない。それは記憶や、気質なんかと呼ばれる。
戸籍は自分が生まれた時に作成される物理的なものだ。そこには時間も宿っている。誕生(届け)と同時に作成されたあと、人と同じ時間を過ごしながら、ずっと役場の奥底に保管されている。戸籍っていうのはいわば、モノになった分身、双子の兄弟だろうか。自分の記憶や気質というあやふやなものを、確固たるモノにして裏付けてくれる、証拠みたいなもの。だから実際目の前にして見ると、感動があるのだろうか。

(C)田澤文化有限公司

台湾人も出てくる。日本に住んでいる湾生の人が、自分の故郷を訪ねて行く。当時の話をすると、日本人と台湾人では見ていた風景が、微妙に違っていたことがわかる。いい面も悪い面もあったと語り出す台湾のおっさんは、悪い面については、あまり語らない。というか急に主語が大きくなって(主語は「あの戦争」)、ああ気を使ってくれているなというのが伝わってくる。
台湾に渡った理由はそれぞれ違うけれど、大元は全部一緒で、戦争だ。その戦争は70年前に終わり、今では自分の物語を取り戻そうとする人たちが、双方の地を行き来している。そんな現在が嬉しい。台湾行きたい。LCCで今すぐ、台湾行きたい!!九份で小籠包食べたいです!!!!

(C)田澤文化有限公司

文=ターHELL穴トミヤ

わが故郷、わが台湾――
敗戦後、この日本に戻っても、いつも心は台湾にあった......


『湾生回家』
岩波ホールにて絶賛公開中

(C)田澤文化有限公司
原題=『湾生回家(Wansei Back Home)』
監督=ホァン・ミンチェン(黄銘正)
出演= 富永勝、家倉多恵子、清水一也、松本洽盛、竹中信子、片山清子 他
配給=太秦

2015年│台湾│DCP│ドキュメンタリー│111分

関連リンク

映画『湾生回家』公式サイト

関連記事

首狩り族の襲撃により、日本人の首が飛びまくり! 台湾で大ヒットした対日本軍アクション巨編の主人公の論理はよく観たら日本軍と一緒だった 映画『セデック・バレ』公開中!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |