本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『レズビッチ・ライジング 恥辱の蜜汁が飛び交う羊たちの淫虐』(レズれ!)
特選AVレビュー『女教師in...(脅迫スイートルーム) 涼川絢音 』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『脱がされかけたデニムで足がもつれ逃げられず半尻のままハメられた巨乳女 ~逃げきれる寸前だった無念の玄関潮吹きSEX~』(NATURALHIGH)
特選AVレビュー『世界弾丸ハメドラー ラスト 早川瀬里奈』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第2回
パッションと運動のDIYメディアの歴史『日本のZINEについて知ってることすべて』編著者=ばるぼら、野中モモ 文=三木学
特選AVレビュー『男壊世代/君色花音』(光夜蝶)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【39】『やさしくおかして』 著者=あまゆみ(富士美出版)
特選AVレビュー 『エクセレント ビューティー』(素人onlyプラム)
特選AVレビュー『そう、その目でその喉で...涙ながらに尺りなさい/栄川乃亜 』(ワープエンタテインメント)
2ページまんが 酒場の女【13】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年11月号
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・新宿「ロボットデリヘル」チナツさん編
争えぬ淫獣の血に縛られて......禁断相姦の魔縄が紡ぐ愛と情痴の寓話『~緊縛~ 9 蓬莱かすみ×原美織』(大洋図書)発売!!
村上裕一のゴーストテラス 第61回
乙女趣味のドウェイン・ジョンソン、携帯の留守電はスパイスガールズだ! 映画『セントラル・インテリジェンス』公開中!!
特選AVレビュー『女装娘アナル倒錯 陵辱テアトル痴態拡散、危険な発情期』(シネマジック)
ヤリヤリでキラキラな青春なんて妄想だ! でもできるなら一回くらい経験しといたほうがいい。映画「青春夜話」公開中!!
特選AVレビュー『AV女優あい変貌』(PINKARK)
シリーズ第3弾! 至高の被虐女優「神納 花」が今、満を持して登場!! 『女囚幻想 神納花』(大洋図書)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 Vol.44(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.38(ミリオン出版)
LOVE LADY 2018年1月号(大洋図書)
人妻密会生撮り人(ミリオン出版)
まちがいさがしパークmini 2018年1月号(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年1月号(ミリオン出版)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2018年1月号(大洋図書)
いんらん三十路妻四十路妻(ワイレア出版)
まちがいさがしファミリー 2018年1月号(ミリオン出版)
悶え泣く四畳半妻(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
(C)2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC

WEB SNIPER Cinema Review!!
実際に起こった〈ユーバーリンゲン空中衝突事故〉を映像化
建設現場の現場監督として働くローマン(アーノルド・シュワルツェネッガー)は妻と娘が帰宅するのを心待ちにしていた。しかし彼女たちが乗った飛行機AX112便は誰一人として空港へ運んでこなかった。なぜなら空中で2機の飛行機が激突する事故が起きたからだ。鳴り響く警告音、重なったミス、口を閉ざす航空管制会社。ローマンは真相を追及せずにはいられなかった――。

9月16日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開
 | 
(C)2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC

航空会社との面談に臨むシュワちゃんの、正装しているんだけど、安物なんだろうなと一目で分かる、ダサいネクタイがいい。組み合わせ自由!2本で$19.99みたいなやつよりは奮発したんだろうけど、でも近所で買ったんだろうなという感じのダサいネクタイ。鎮魂碑の集まりでも、シュワちゃんはダサいネクタイをしている。そして演説が終わってみんなが拍手するとき、ひときわ生真面目に、力を込めて拍手しているシュワちゃんがいい。本作のシュワルツェネッガーを見ていると、その弱さに肩入れしていきたくなる。シュワちゃんを無言で抱きしめてあげたくなるその弱さは、力の弱さじゃなくて、世知の弱さなのだ。『ハドソン川の奇跡』(クリント・イーストウッド監督)とも、『フライト』(ロバート・ゼメキス監督)とも違う、しかし実話を基にした航空機事故映画である本作には、奇跡もなく、ヒーローもいない。ただ普通の人間ばかりが登場して、大きな喪失を前に苦悶する。

本作のシュワルツェネッガーは現場監督をしている。彼は妻と一緒に戻ってくる娘を出迎えに、いつもより早く仕事を上がり空港に向かう。ところが到着するはずの便がdelayになっている。受付に向かうと、彼はなぜかビルの奥へと案内され、その便が他の航空機と空中衝突した、という衝撃的な事実を知らされる。
事故のあと、シュワちゃんは心を閉ざす。それは、「遺族ではない」と偽って、機体墜落現場に向かい、遺品や遺体回収のボランティアをするところから始まる。全てが終わってからも、シュワちゃんは遺族の中で一人だけ、航空会社からの賠償金の支払いを拒み続ける。社会が用意したシステムを信用せず、自分だけで解決すべしと思う。それは組織からはみ出た一匹オオカミのヒーロー、解決法を一人だけ知っている自信満々な男、不屈の精神を持って諦めない最強のパパ、シュワちゃんがいままで演じて来た役に通じる行動様式だ。
全ところが彼は家にこもりきりになってしまう。心配して訪ねてきた同僚が「大丈夫か?」と声をかけると、「大丈夫じゃない......」と返す、フラミンゴ柄セーターのシュワちゃん。自身がプロデューサーを務め、父親役として出演したゾンビ映画『マギー/MAGGIE』(ヘンリー・ホブソン監督)に続く、「事態を解決できない男」としての新生シュワちゃんがそこにいる。他人といても、一人でいても落ち着けない。彼は妻と娘がいる場所を見つけるまで自分のミッションは終わらないと考えていて、ところがそれはもうこの世のどこにも存在しないのだ。心を閉ざし、いつまでも社会との繋がりを取り戻せないシュワちゃんを見ていると、大規模災害で生き残った人や、家族を失った人がしばしば陥る、魂を死者の側へと引き寄せられていく感覚(いわゆるサバイバーズ・ギルト)が、わかるような気がする。

(C)2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC

本作がユニークなのは、その事故を引き起こした張本人である管制官が、もう一人の主人公として登場してくるところだ。演じるのはスクート・マクネイリー(『FRANK-フランク-』『ゴーン・ガール』)。彼が管制室で一人になった時、いつもとは少しだけ違う状況がさりげなく積み重なっていく、その事故の罠感がすごい。彼は酒も飲んでいないし、居眠りしていたわけでもない。ところが静かな部屋の中で何となく事態は進み、怒鳴り声も、爆発も、けたたましいサイレンもなく、ただ控えめなブザー音がなって、すっと取り返しのつかないことが起こってしまう。
彼は世間から事故の当事者として責められる。また自身もその結果の重大さに耐えられず、抜け殻のようになっていく。シュワちゃんとマクネイリーが交互に登場しながら描かれていくのは、不条理を消化するために社会が用意するベルトコンベヤーと、そこで掬い取れない個人の苦しみだ。シュワちゃんはそれを拒否して閉じこもり、マクネイリーはそれに乗って運ばれていく。解決できない男シュワちゃんが、その先でなんとか掴もうとした「解決」、その結果はどうなるのか。

さて、新生シュワちゃんの演技はどうなのかというところだが、呆然と過ごしている時、近所の手伝いみたいな仕事として、塀を作っているシーン。相当適当に1回づつ下から上に3箇所叩いてるだけだったけど、それで板付くの!?それでいいの!?もしやシュワちゃんDIYしたことないの?!疑惑が一瞬湧き上がった。なにか朴訥としたシュワちゃん。衣装のチョイス始め、そんな彼を活かす、本作エリオット・レスター監督の演出こそが光っていたといえるかもしれない。登場人物の誰もが、車を降りるときに鍵をかけないのも気になったが、それはジェイソン・ステイサムのバディもの(『ブリッツ』)などを撮ってきた、レスター監督のアクションマナーなのだろうか......。 
観ていて辛い話ではあるが、それほど重苦しくならなかったのは、舞台となるオハイオ州コロンバスの寒そうな景色に、頭が冴えざえとするからに違いない。「今年も、ビーチでギャルとのエッチなハプニング起きなかったな......」。例えばあなたがこの夏に盛大な未練を持っているなら(これを読んでいる全員がそうだと私は信じている)、冷房がうんと効いた映画館で凍えながら本作を観て、シュワちゃんと一緒に悲しみの秋へと一人歩き出してみてはいかがだろうか。

(C)2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC

文=ターHELL穴トミヤ

シュワルツェネッガーが追い詰める! 飛行機衝突事故の衝撃の結末とは。


『アフターマス』
9月16日(土)より、シネマート新宿ほか全国順次公開

(C)2016 GEORGIA FILM FUND 43, LLC

原題=『Aftermath』
監督=エリオット・レスター
脚本=ハビエル・グヨン
出演=アーノルド・シュワルツェネッガー、スクート・マクネイリー、マギー・グレイス、グレン・モーシャワー、マーティン・ドノバン
配給=ファインフィルムズ

2016│アメリカ│カラー│英語│94分

関連リンク

映画『アフターマス』公式サイト

関連記事

ドキュメンタリー映画を観に行ったはずなのに、受け身では済まされず参加させられてしまう! 映画『オラファー・エリアソン 視覚と知覚』公開!!

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |