女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
視点がユニークでパワフルな
アニメ&特撮徹底開設ガイドブック!!
50年代における懐かしの名曲からゼロ年代の最新作まで、 アニメ&特撮の主題歌・挿入歌を作品トリビアや映像ネタを交えて解説。1958年から2010年まで48年分のアニメ・特撮ソングを1年間365日におけるアニメ界の出来事にちなんで掲載するなど、アニソンの歴史やジャンル的変遷の紹介にとどまらない、アニソンファンによるアニソンファンのためのディープな1冊。
 | 
初の国産テレビアニメ『鉄腕アトム』の放送開始から50年弱。テレビアニメの年間放送本数は100本を優に超える。それら膨大なアニメの主題歌のみならず派生するラジオ番組やキャラクターソングやゲーム主題歌、現在ではニコニコ動画や同人市場まで含めてアニソンの懐に収まってしまう。音楽のカテゴリであるにも拘わらず音楽主導の括りではなく、90年代のタイアップや00年代のクラブミュージックからの影響もあり、その音楽ジャンルは縦横無尽に多種多様。そのあまりに大きな枠組みにアニソンって一体何なのさ、という問いへの回答は未だ難しい。この本はそんな掴みどころのないアニソンという共通認識に対してアニソンを愛するものからの回答を試みようとしている。

『アニソンバカ一代』では「1年365日にちなんだアニメ&特撮ソングを徹底紹介!」という煽りの通り、1年365日をアニメソングに関わる出来事と共に紹介している。1963年1月1日の「鉄腕アトム放送開始」という日本アニメ史の出発点とも言える出来事から始まり、声優や作曲家、漫画家やアニメ監督の誕生日など三次元の出来事にとどまらずアニメキャラクターの誕生日や命日などアニメに関わる記念日をあげながら、最終日12月31日は「機動戦士ガンダム」の一年戦争終戦記念日に完結する。楽曲について云々よりも、アニメ作品の概要と、作品への思い入れと共に紹介される楽曲レヴューから想起される著者の姿はまさに「アニソンバカ」である。2月27日が田村ゆかり姫の誕生日でなくポケモンに割り当てられているのは極めて遺憾と言わざるを得ないが。

本文中でも触れられているが、著者の趣味傾向がヒーローや特撮の主題歌である「燃え」に偏っているため現在のアニメ主流である「萌え」を補完するために「萌える vs 燃える」と称して五十音順に楽曲を紹介する「あいうえお対談」も用意されている。アニソンを享受する側でなく、作り、歌ってきた小林亜星、串田アキラ、山本正之という三大大御所のインタビューは当時のアニソンという仕事がどのようなものであったかを知ることができる。あとなにげに表紙が水玉螢之丞である。

アニソンの紹介が、時間軸でもジャンル別でもなく365日の記念日や五十音というランダムな構成で選ばれているのは、この本が語ろうとしているのがアニソンの歴史でもアニソンのジャンル的変遷でもなく、アニソンがどれだけ拡散してもなぜアニソンという括りの中にいられるのか、という疑問に対して「カラオケ」という回答を立てているためだろう。楽曲におけるジャンル付けとして「燃え」と「萌え」、「女性が歌うと目立てる」「一般ウケも狙える」「合唱推奨」などのタグ付けが施されていたり、ナレーションは歌の一部と称して音源には収録されていない、テレビ放送のみのナレーションを紹介し続けるコラムなど、本全体がカラオケで楽しむことを推奨した作りになっている。ディスクガイドとは言うものの、楽曲の収録された音源についての情報が記載されていないことを疑問に思ったが、カラオケを前提にしているのなら納得がいく。カラオケボックスの最低単位はディスクではなく楽曲だ。

ニコニコ動画で流行した楽曲や、「初音ミク」の楽曲。「東方Project」のアレンジ曲がカラオケで配信されていることを、オタクの輪の外にいる人はあまり知らないかもしれない。盆と正月、コミケ終了後のパセラはいつでも満員でどの部屋からもアニメソングが漏れ聞こえてくる。「アニソン」とは歌い継がれるものである、そして歌え、さあ歌え!とこの本は激しく歌い上げている。

文=四日市

『アニソンバカ一代〜アニメ&特撮ソング史上最多555曲濃縮読本 (K&Bパブリッシャーズ)

著者=キムラケイサク

価格:1890円
ISBN10:4902800160
発売:2010年4月5日
出版社:K&Bパブリッシャーズ

発行元サイトにて詳細を確認する>>

関連記事

『劇画家畜人ヤプー【復刻版】(ポット出版)』著者=石ノ森章太郎 原作=沼正三

ykic-p.gif
四日市エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
10.04.18更新 | レビュー  > 
文=四日市 |