ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
ママ38歳、愛よりも、性。
母なのに、子宮を喪ったのに、「まだ女なのか」私は肉体で確かめたい――。セックスレス、子宮頸癌、離婚、銀行勤務、出会い系、緊縛モデル、AV出演......渇望に突き動かされ、もがきながら性を追いかけた神田つばき、人生の記録。
 | 
神田つばきという人を知っているだろうか。
熟女AVモデルにして希代のM女。マニア系AVレーベルのプロデューサーやエロ系ライターという顔も持つ57歳。私は実際にお会いしたことはないが、エロ業界で生きる女性なら絶対に存在を知っているような人だ(詳しい作品や活動については、私よりもWEBスナイパー読者のほうが詳しいと思う)。
本作はそんな彼女が2人の娘を持ちながら38歳で離婚し、性を追いかけるべくアダルト業界(しかもかなりコアなSM)に入っていった、これまでの人生を描いた自伝である。

本当のことを言うと、私は最初この本を読むのが少し怖かった。
目次にずらりと並ぶ「存在しない子宮の痙攣」「脳への侵入」「乳首を、食べて。」なんていうショッキングなタイトルにヤラれたのではない。38歳という女としては盛りを過ぎた年齢でそれまでの生活を捨て"性"を追い求めた彼女のことが眩しかったのだ。
めくるめくセックスやものすごい快楽に憧れない女はいない。でも、多くの人は自分の欲望と日々の幸せや責任を秤にかけて諦める。
たとえ性生活に不満がなくても、周囲の目やリスクを気にして自分が本当にやりたいことに目をつむって生きているとしたら同じことだ。
もちろん今45歳の私もその一人であり、だからこそ自分に正直な彼女の姿を見たら落ち込みそうな気がして怖かったのである。

物語の冒頭では、まず彼女の家族と幼少期が語られる。
両親は早くに離婚し、賢く社交的な祖母と仕事ができて美しい母の3人家族。男はこりごりだと思っている大人たちの中で「女系家族団」のメンバーとして育てられた彼女は、その反動もあってか「なんとしても普通のまっとうな家庭を築いてやる」と決心する。そして20代前半で結婚し2人の娘を儲けるのだが、夫とはセックスレスに陥ってしまう。まあ、女の人生にはありがちなことだろう。
寂しさからその頃流行っていたテレクラにハマり何人かの男性と会ううちに、彼女は「結婚では得られなかったものを与えてくれる人に出会えるかもしれない」と、真剣かつ過剰な期待を抱くようになる。やがてその思いは、38歳でがんを患い子宮を全摘出したことで爆発する。

「こんなところで寝てられない。喪った子宮をこのまま葬るのか取り戻すのか、自分の手で明らかにしなくては――」

2人の娘を連れて夫と離婚し、派遣社員として銀行で働き始めるつばき。
ツーショットダイヤルのSM回線でアレクセイという年下の恋人と出会ったり、濡木痴夢男の緊縛美研究会で縄の快感に目覚めたり......。感情的じゃなく読みやすい文章なのだが、このへんのくだりは新しい人生に踏み出した女のワクワクキラキラが滲み出ていて、グッとひきこまれてしまう。
やがて、ライターやモデルとしての仕事が増えてきた彼女は派遣を辞め、完全にエロ業界の人になっていく。
しかし、当たり前だがセックスというのはワクワクキラキラばかりじゃない。
会えない寂しさから他の男とのプレイをブログに書き愛する人に見せつける。そんな自分の「ゲスさ」に落ち込んで運命の人だと思ったアレクセイと別れてしまう。
その後も彼女の前には、人間的に尊敬できて「もしかしたら結婚までいったかもしれない」鳶の親分、殴打プレイマニアでAVメーカーを始めるきっかけとなったフリーAV監督、フィストファックの快楽を教えてくれた年下の坊やなど何人かのパートナーが登場する。興味深いのは、そこまで深い快楽を共有した相手なのにもかかわらず、いつも終わりはあっけないことだ。
心から欲しているのに甘えられない。心を開くことができない。たった一度プレイがうまくいかなかったり、相手の健やかさに尻込みしたり、そんなことでフッと手を離してしまう。

終盤、年をとって性のパワーが落ちたのか、冒険をやり尽くしたのか、憑きものが落ちたのか。突然の離婚から十数年を経て、つばきは唐突に性のオデッセイに終止符を打つ。
最後のパートナーは20歳年下の学芸員だ。
このエピソードはビビりな私にとってはちょっと痛すぎるので割愛するが(いわゆる「イタい」ではなく本当に肉体的に痛い!)、男と暮らす部屋に次女も住まうようになり、彼女は結果的に家族をとる。ほのぼのムードの大団円とは言い難いけれど、彼女が性を追い求めたことによってバラけていた家族がもう一度一つの部屋に集うシーンは、まるで冒険を終えて港に帰ってきたかのようでホッとする。

「ゲスママ」というショッキングなタイトルは、彼女自身が自分の行動を「ゲス」だと感じてつけたのか、それとも出版社がパンチを利かせるためにつけたものなのだろうか。どちらかはわからないが、私は本書に一度もゲスな印象は受けなかったし、最初に心配したように落ち込んだりすることもなかった。
それは、神田つばきという女性が、自分の「業」を誰のせいにもしていないからだと思う。
ゲスな自分を省みることはあっても、「女だから生きづらい」とか「こんな家庭環境だから」という被害者意識は微塵も感じられない。だからこんな魂をさらけ出すようなヘビーな話でも冒険譚として読めるし、さわやかだ。

そういえば、彼女が本書を書いたのは、すでに成人していた長女に「昔ママとお風呂に入ったときにあった傷は、お金のためにやったの? それともママが好きでやったことなの?」と質問されたのが大きな理由だったそうだ。
「ごめんね、ママが好きでしたことなの」と答えると、照れ臭そうに「そうなんだ、よかった」と答えたという。
男性不在の女系家族団で育ち、父親の愛情に憧れていた神田つばき。それを追い求めるあまり性の冒険に旅だった彼女は、生きづらい自分を変えることはできたけれど、愛をうまく紡げない母系家族の因縁を断ち切ることには失敗してしまった。
私も身に覚えがあるが、母子の問題というのは本当に複雑だ。母親も一人の人間であり一人の女だと納得することでしかきっと解決しない。
母親ではなく、一人の女として全てをさらけだした神田つばき。
その勇気と真摯な思いは、けして「ゲス」ではないと思う。

文=遠藤遊佐

『ゲスママ』(コアマガジン)

著者:神田つばき
価格:1200円+税
ISBN:978-4864369459
発売:2016年9月10日
出版社:コアマガジン

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

BOOKレビュー『fetish』(光文社) 著者=益若つばさ

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
16.10.26更新 | レビュー  > 
文=遠藤遊佐 |