女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
心。身体、悲しみ、全部を ただ優しく包みたい......
家の近くの「蛇崩交差点」でいつもすれ違う、片思いの彼。いつも俯いている彼に片思いし続けてきた僕は、ある日、やっと言葉を交わすことができたのだが――。同性間で育まれた好意。その繊細な揺れを切なく描いた注目のBLコミック!!
 | 
この本の帯のコピーには、「心。身体、悲しみ、全部をただ優しく包みたい――」とあるのですが、それが見事に空振りしちゃったので猛烈に反省した、一言でいうならこれはそういうお話です。

抒情的で独特の透明感のある作風でファンの多いBL漫画家・藤たまきさんによる作品で、ジャンルでいえば「思春期の友情もの」といえるでしょうか。

何不自由ない、だけどどこか空虚な生活を送っていた、お金持ちの息子で高校生の龍一。彼は近所の蛇崩交差点で見かけるだけだった10年来の片思いの相手・円(まどか)とふとしたことから親密な関係になります。円は龍一が最初、女の子と見間違えてしまったぐらい線が細くてはかなげな少年。「家が厳しい」が口癖で、常に寂しげな陰を纏っている。距離が近づいていくうちに龍一は、それが円がみずからの家庭に対して抱える秘密によるものだと気が付きます。

お金持ちの息子なのにというべきか、お金持ちの息子だからというべきか、理屈っぽいところはあるものの屈託のない龍一は、円とは反対の、いうなれば「陽」の存在。円にメロメロになった彼は、素直に円を何とか幸せにしたいと願い、その心情が冒頭の帯コピーとして作品内で表現されるわけなんですが、龍一のその気持ちと行動を、円も最初は受け入れます。いえ、最初どころではなくて、途中ですれ違いはあったものの中盤まで受け入れて、ずっと「蜜月」が続きます。

ただ、円の秘密が何なのか、円はずっと明かそうとしません。龍一もあえて強く追及しようとはしません。二人とも目を逸らしているわけではないのですが、円は「傷が深すぎてそう簡単に打ち明けられない」、龍一は「傷ついているのがわかるから、聞きたくても聞けない」。根本的な問題が何も解決していないから、どう考えても破綻する予感しかしない。

やがて、そんな「終わりの気配」を漂わせながらも、二人は龍一の葉山の別荘で夏を過ごすことになり、龍一にとっては長年一方的にではあるけれど思い続けてきた相手と過ごす非現実めいた日々が、円にとってはそれまでの鬱屈した日常からかけ離れたあまりにも明るい日々が、始まります。ですが、ある嵐の日に今まで目を背け続けてきた円の秘密に関する事件が起こり、そこから逃れることはできないと悟った円は別荘を飛び出していきます。

つまり龍一の「優しく包みたい」はうまく機能せず、肝心な問題に肉薄できなかったわけですが、何がいけなかったかというと、優しく包む=自分の都合のいいやり方で円が喜ぶのを見たいということでしかないんですね。しかもそれを自覚していない。円が求めているかどうかは考えず、悪気なく高級レストランに誘ったり、スーツを仕立てたり(これが嫌味にならないところが彼のすごいところなんですが)。でも円も、それは自分を一時的にではあれ解放してくれるものなので、受け入れてしまった。

方向性が極端で半分は自己満足だったにせよ、龍一は自分にできることをその時々で考えて彼なりにもがいたし、だからこそ円も揺らいだのでしょう。そんな一方通行とは必ずしも言えない、重なり合うことがありながらもすれ違っていく心情の描写は、円の秘密が明らかになるにつれて一層痛々しいものとして迫ってきます。また、それらを台詞やモノローグだけでなく、ちょっとした風景描写などでも感じさせるシーンもいくつもあって、あぁこの作者さんはそういう表現がうまいなぁと。そういった積み重ねがあって、ひとつの到達点である葉山でキャキャウフしているシーンは余計に切なく見えました。切ないBL好きにはホントおすすめです、この作品。

あと、龍一と円は恋愛に発展しても常に友情っぽい雰囲気があって、そこも強く推したい。攻めと受けの違いはあっても基本的にはどちらも男というか、少年としての目線でお互いと接している。セックスも主導権的なものは龍一にあっても、お互いイカせあってますし。

よく、「それって受けは女でいいじゃないですか、男にする必要ないじゃないですか」と言いたくなるBLを目にしますが、この話は円が男じゃなかったら成り立たなかったと思います。少年だからこそ持ったハネッ返り具合と傷つきやすさと神経質さ(このあたりは円の秘密に関わってくる要素なのですが)、そういったもの全部で龍一と向き合うのでなければ。私はBLはやっぱり男と男......というよりも、男性的要素と男性的要素の絡み合いであってほしいんです。それを本人たちが悩むにしても、さらっと受け入れるにしても。

切なくて、でもエロいシーンもキッチリあって、ちゃんと男的な男同士で、と私的にはツボをかっちり押さえていただいた気がした作品でした。エロシーンがキッチリとはいっても、さらりとしたタッチの絵でそれほどくどくないので、BL初心者にもおすすめです。

文=早川舞

『蛇崩、交差点で』(大洋図書)
著者=藤たまき
価格:690円(税込)
ISBN:978-4813030072
発売:2012年9月1日
出版社:大洋図書

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

『パパ'sアサシン。~龍之介は飛んでゆく。~』(大洋図書)  著者=SHOOWA

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLESS!!」
 | 
13.06.03更新 | レビュー  > 
早川舞 |