worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
生きづらい女の道をいかにポジティブに乗り切るか
AV監督であり、劇団「ブス会*」を主宰するペヤンヌマキが、エロの現場で働く自らの経験をもとにコンプレックス活用法を探る、半自伝的エッセイ。装画は元AV女優の漫画家・峰なゆか、帯コメントを寄せるのは、AVライター業にとどまらずさまざまな分野で活躍中のフリーライター・雨宮まみ! コンプレックスを武器に変えてポジティブに乗り越えていく、その生きざまに勇気づけられる一冊です。
 | 
2011年に映画『監督失格』で話題となったドキュメンタリーAVの鬼才・平野勝之に弟子入りし、現在は自らもフリーのAV監督として活動しているペヤンヌマキ。
しかし彼女の活動範囲はAVのみにとどまらず、「女」をテーマにした演劇ユニット「ブス会*」を立ち上げ、全作品の脚本・演出を手がけるなど、幅広い分野で活躍中。

そういう人生を歩んできた女性の半自伝的エッセイということで、帯コメントを寄せている雨宮まみの半生記『女子をこじらせて』と似たような雰囲気になるのかな?と予想して読んだのですが、その予想は大ハズレでした。

自らのナマナマしいコンプレックスをとことんさらけ出し、それを最後の最後に昇華してみせる雨宮まみの文章に比べて、ペヤンヌマキの筆致はとても軽やか。
過去に抱いていたコンプレックスを羅列しつつも、即座にそれがどのように解消されていったかをひとつひとつ丁寧に語ってくれるので、サクサク読めてしまうんですよね。
たとえば彼女のコンプレックスのひとつに「存在感が薄い」ということがあったのですが、そのことが「素人ナンパもののAV撮影でカメラマンをやるうえでは、被写体の女の子にカメラの存在を意識されることなく自然な画を撮れるので、逆に強みになった」というように、解消事例が非常に具体的でわかりやすい。

また彼女がAV業界に入った理由も、「AVが好きだから」「性欲をもて余して」とかではなく、「当時交際していた彼氏がこっそり風俗に通っていることが辛くて、AV業界に飛び込めばそういうことも平気になれるのでは」というもので、結果としての行動はちょっとぶっ飛んでるけど、動機はふつうの健気な女の子なんですよねぇ。
その彼氏との関係も、「大学1年生で出会って両想いになり4年以上交際したけれど、男女の恋愛から家族愛的なものに移り変わっていくうちに、だんだんセックスレスになる」というもので、幸せとも言い切れないけど不幸とも言い切れない。
というか恋愛弱者の私からすると、たかだか20代前半で好きな人とそんなに深い段階まで恋愛を進められたっていうのは、正直羨ましいです。

このあたりが、性欲をこじらせ、処女をこじらせ、恋愛をこじらせた半生を描いた『女子をこじらせて』とは決定的に違う点で、共感できる度合いで言うと私は『女子をこじらせて』のほうが断然上なのですが、あちらは共感しすぎるあまりに読むたびに心をえぐられるというか、古傷をかきむしられるような気持ちになるんですよね。
それに比べて『たたかえ!ブス魂』には悲壮感は全然なくて、どちらかというと「女の生きづらさ」に対するグチ、というかんじ。
散々グチってスッキリしたから、明日からまた元気にやっていこう!という、軽快で前向きなパワーがあるんですよ。

そしてそんな彼女のパワーの原点は「ブス会」にあるんだと思います。
彼女が立ち上げた劇団名にもなっている「ブス会」は、元々はAV業界の女性だけで集まって散々グチを言ってストレスを発散させる女子会を、周りの男性から揶揄された言葉だったのですが、それを言われた本人たちが面白がって自称するようになったのでした。
昔は「ブス」がコンプレックスで、その言葉を言われることを心底恐れていたペヤンヌマキが、むしろ「ブス」という言葉を面白がって自ら名乗るという、軽やかさ、力強さ。
ネガティブな気持ちを乗り越えて、それを強みに変えていく軽やかでポジティブなエネルギーが、この本には一貫して感じられます。
本作を読んで私も、自分の中のブスを断罪し封じ込めるのではなく、前向きに考え直して解放してあげよう、と思えるようになりました。

文=まな

『たたかえ!ブス魂 ~コンプレックスとかエロとか三十路とか~』(ベストセラーズ)
著者=ペヤンヌマキ
価格:1.344円(税込)
ISBN13:978-4584135198
発売:2013年8月21日
出版社:ベストセラーズ

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

BOOKレビュー『【復刻版】谷ナオミ引退記念写真集 さよならナオミ 』(マガジンランド)

まな 一般女性とガールズ・オナニートークを繰り広げるUstream番組「女子オナニー会談」主催。その実態は、ニートすれすれのフリーター生活を送る、花も恥じらうアラサー女子です。26歳まで処女だったという暗黒の高齢処女時代のコンプレックスをばねに、図太く生きております。好きなAVのジャンルは、痴女と友情レズビアン。女性が楽しそうな作品が大好物! 将来の夢は、女友達と居酒屋で楽しくオナニー話をすることです。
Ustream番組「女子オナニー会談」
まなのAVレビューブログ=「痴女好き女子」
 | 
13.09.15更新 | レビュー  > 
まな |