女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
女性アイドル専門のディスクガイド
2010年から始まった「アイドル戦国時代」ブームを鑑みて、女性アイドルの歴史をディスクガイド本という形式で振り返るために制作されたの本書『アイドル楽曲ディスクガイド』。女性アイドルという概念が成立したとされる1971年の南沙織デビューから、本書出版の直近年である2013年まで、43年間の歴史を主要シングル850枚+アルバム100枚=計950タイトル、ジャケット付きで全てレビュー!!
 | 
オレはそこそこジャンルを問わず音楽全般が好きだが、それ以上にディスクレビュー記事が大好きだ。音楽専門誌はもちろん一般紙から個人のブログまで、レビューと名の付くものがあればどんなに仕事がテンパっていてもつい読みふけってしまう。音楽ファンを音源派と現場(ライブ)派に分類することがあるが、レビューだけ読んで音源聞かずに満足してしまうことも多いオレはテキスト派と言えるかもしれない。
というわけで、今まさに旬の音楽ジャンルである「アイドル」に絞ったディスクガイド本である本書も速攻購入、まる1日かけて950タイトルのディスクレビューを付箋バシバシ貼りながら今まさに全文読み切ったところだ。


↑付箋で大変なことになった本書

本書は「山口百恵」、「ピンクレディー」から「AKB48」、「ももいろクローバーZ」まで、時代を代表するアイドル達の主にシングル曲が、基本5年区切り(ただしプレアイドル時代の「~1969」と、リリースの多い「2010~2012」と「2013」は別項)の経年別に分類され取り上げられている。

レビューの物量についてはまったく文句ない。とにかく1枚でも多くのディスクレビューを読みたいとは思っているものの、950タイトルはなかなかにボリューミーだった。ハロヲタ界隈では知らぬ人はいない主筆のピロスエ氏はもちろん、筋金入りの現場派ライター宗像明将氏、アニソン界の権威でもある坂本寛氏、80年代アイドルに造詣の深い栗原裕一郎氏、本サイトでも活躍中のさやわか氏など、音楽はもちろん周辺カルチャーも含め膨大な知見を持つライター陣によるレビュー群は、1枚ごとの文字量はそれほど多くないが、あまり主観を混じえず情報をシンプルに伝えることに重きを置いた文章(もちろん例外はあるが)が多く、読んでいるだけで濃厚な知識がバンバン増えていく快感が味わえる。

盤のセレクトもいい。こういった企画は作り手の意識が暴走し、ともすれば「これはさすがに知らないでしょ」的な知識ひけらかし大会になり読者が置いてきぼりになることも多いのだが、本書は誰もが知っている有名曲はほとんど漏らさずに押さえているので、「あ、この曲は知ってる」、「なるほど、こういう聞き方もあるのか」という発見もでき、さらに「これ曲名は知ってるけど聞いたことないなあ、今更だけど聞いてみようかな」というパターンも多くなる。もちろん海千山千のライター陣なので「え? そう来るか」という隠し球を探すのも楽しい。

そうは言っても以前だとレビューを読んで気になった曲をメモしてCD屋(もしくは中古盤屋)に買いに行かなければならなかったのだが、今はYouTubeで検索すればたいていの曲はその場で聞くことができる。是非は別としてまったくすごい時代になったもんだよ。

リリース量から言っても、ここ数年の「アイドル戦国時代」に絞るという選択肢もあったのだろうが、ピロスエ氏は徹底的に「網羅」にこだわったようだ。そのおかげで有名曲のレビューを読みながら「キャンディーズ解散は小3か......」、「おニャン子は富川だった!」、「Cha-DANCE Party 行ったなあ」など、自分のアイドル遍歴を俯瞰しノスタルジーに浸りつつ、「BELLRING少女ハート」、「Cheeky Parade」、「lyrical school」など未チェックだった最近のアイドルの重要盤情報も入手できとても有意義な読書体験になった。

ディスクレビュー以外にもAKB48関連楽曲を多作する井上ヨシマサ、ハロプロに愛情を注ぐエレクトロ系クリエイターtofubeatsのインタビューや、アイドル戦国時代のトピックスを俯瞰できる年表など周辺コンテンツも充実。
「昔好きだった思い出の曲をもう一度聞いてみたい」、「最近のアイドルに興味はあるがなにから聞いていいのかわからない」といった人におすすめしたい良書だ。

なお、本書のライター陣によるトークショーが今週末新宿で開催されるという。オレも行ってみるつもりだ。
文=田口こくまろ

『アイドル楽曲ディスクガイド』出版記念トークイベント情報
開催日時=2014年3月15日(土)
11:30開場/12:00開演/16:00終演
司会=ピロスエ、岡島紳士
ゲスト=栗原裕一郎、坂本寛、さやわか、鈴木妄想、田口俊輔、DJフクタケ、原田和典、宗像明将 他(予定)
会場・問い合わせ先=新宿ロフトプラスワン 
『アイドル楽曲ディスクガイド』(アスペクト)

編者:ピロスエ
価格:2,625円(税込)
判型:A5判(オールカラー256ページ) ISBN-13:978-4757221550
発売:2014年2月26日
出版社:アスペクト

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

マンガが消される理由の移り変わりも面白いが、消す人の移り変わりも面白い。日本のタブーを漫画出版史から読み解く/『消されたマンガ』著者=赤田祐一・ばるぼら (鉄人社) 文=ターHELL穴トミヤ

KOKUMARO-prof.jpg
田口こくまろ モテたい一心で大好きだったラムちゃんに別れを告げアングラ・サブカル方面に耽溺するも結局失敗、40歳を前にして完全にオタ方面に転向を果たす。現在はブランクを取り戻さんとアニメとエロゲとラノベに全財力と精力を注入中。
 | 
14.03.14更新 | レビュー  > 
文=田口こくまろ |