本家三行広告 2 ミストレスランド 2 worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
イカれたDJどもを縛り首にしろ
連中がタレ流している音楽なんて ぼくの人生に何の関係もない


『Hang Reviewers High(ミニコミ)』


文=井上文



ワタシは今、一人一人の主観だけが美しさを語ることができると思う。ワタシにとって、この本を編集することが、ゼロ年代に対してできる爆撃だ。――ばるぼら
 | 

今もドキドキしている。

『Hang Reviewers High』はライターであるソメル(さやわか)氏のブログを書籍化したミニコミだ。編集者は批評家のばるぼら氏である。この本を作った意図について、ばるぼら氏は前書きでこう書いている。

「もう何年も前から、今この瞬間に起きている状況の変化について、今の言葉で語られない不満があった。空気や立ち位置、距離感ばかりに慎重な、相対化に汚染された他人行儀な言葉が溢れ、一つの理論で鮮やかにすべてを説明できるつもりの、強引な言い換えと断罪が横行している。(略)ここには徹底して個人的な、対象の姿について思索した言葉がある。それは我々が過去と未来の交点に生きていることを示す強力な批評である。ワタシにとって、この本を編集することが、ゼロ年代に対してできる爆撃だ」

収録されているのは主に本や音楽や映画や雑誌の評論だ。どれもめちゃくちゃ面白いし、鋭い批評であることには違いないにせよ、気を楽にして愉しめるものばかりである。それらを持ってゼロ年代への「爆撃」とするとはどういうことなのか。

全部を読むと、仕掛けは鮮やかに炸裂する。

「第一章 この瞬間について」「第二章 美しさについて」「第三章 変化について」「第四章 交点について」「第五章 再び、この瞬間について」の五章に分けられたこの本は、個別の作品について語ったものでありながら、同時に著書の“書く姿勢”を示したものなのだ。こういうものを「好きだ」という人物が、こういう美意識を持って、こういう時代で呼吸し、こんなふうに世界と交わり、こういうことを言っていると分かる。

著者は本文中で「このブログを始めるときに、連中をブッ殺すにはまず大量の弾が必要だと思った」と書き、単発のレビューでは伝わりにくい自分という基準を、スピードと量を持って、自分を直接語るのではなく、レビュアーとしての矜持を保ったまま表現しようとしてきた。ばるぼら氏が前書きで書いた「爆撃」という言葉はソメル氏の「弾」に対応しているが、ソメル氏がブログでやろうとしていることは、「連中」がやれないことを同じ土俵に立ったままやって見せるという挑戦であり、ブログにおけるその意図が、本の構成によって一層先鋭化されているのである。

もし、個別の評論が「連中」よりも面白くなかったらこの本は成り立たないと言える。逆に面白ければ面白いほど批評としての威力は増す。そしてこの仕掛けのスリルが、起爆した時の衝撃力をより高める。まったくよくできた本だと思う。

注意したいのは第一章の最初の原稿だ。ここには「連中」のことと、ソメル氏自身のスタンスが記されている。もっと言えばこの本全体が持つ射程が示されていると思う。全部を読んだ後、もう一度そこへ戻ってみて欲しい。頭の中でカチッと音がして、注意深く仕込まれた信管が作動するのが分かるだろう。さらにもし、自分自身が射程距離内にいると感じられたなら、その戦慄は中途半端なものではないはずだ。

ところどころに、ソメル氏が評論を書く上での姿勢をまっすぐに語った言葉がある。抜粋したいが、やめておく。ただ、私は折に触れて反芻すると思う。氏のそういう言葉は、まったく他人事ではないと自覚した上で、時に悲痛にも思えた。でも力強い。「弾」や「爆撃」という言葉に触れて、私は最初、怒っているのだとしか思わなかった。しかし氏のように書くことは、今、怖いことなのだ。人が銃を取り出すのは怖い時なのだ。

肌でそう感じられたから、繰り返し、熱く読んだ。ソメル氏のブログは今も更新されている。本で出来ることとインターネットで出来ることはまた違うだろう。このパワフルな本を経て、尚も日々厚みを増していく火薬から目を離すことができない。

文=井上文


『Hang Reviewers High(ミニコミ)』

著者:ソメル
デザイン:戸塚泰雄(nu)
編集:ばるぼら
サイズ:A5 x 72p
価格:500円



関連記事

special issue for happy new year 2009.
2009お正月特別企画!
2008年総括! ばるぼら x さやわか 新春人形対談!
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

連載中 毎週日曜日更新・天災編集者! 青山正明の世界

関連リンク

「Hang Reviewers High」

「www.jarchive.org」

inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
09.02.15更新 | レビュー  >