本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年4月号
特選AVレビュー 『2人だけでとろけ合う 激情絶頂スロ~セックス ACT.01 鈴村あいり 痙攣絶頂!ハメ潮!涙腺崩壊!スロ~なセックスでイキ狂う見たことのない新次元絶頂!!』(PRESTIGE)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
ぱっと本書を開く。「障害者とは何か、チンポやまんこをいじりながらよく考えていただきたい」という一文が目に飛び込んでくる。『裸のアンダーグラウンド』(三交社) 著者=東良美季 文=ターHELL穴トミヤ
特選AVレビュー『かわいすぎるから...ぜんぶきみのせいなんだ2』(ファーストスター)
特選AVレビュー『パンストかぶせてみました ~20歳の妹系から49歳の熟女まで~』(内緒倶楽部)
読者代表 腹パン野郎がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」レオナさん【3】
読者代表 腹パン野郎がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」レオナさん【2】
読者代表 腹パン野郎がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」レオナさん【1】
特選AVレビュー『「ねぇねぇ...エッチしようよ」絶対に「うん」とは言えない関係の男をあえて挑発... 誘惑おねだり痴女娘 一条みお』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『神凪×神楽 10周年特別企画 地獄変』(バミューダ)
完全無欠の非日常体験240分 ゴージャス美女3名の必見映像を網羅収録!! BONDAGE LIFE Series BEST 『BONDAGE PARADISE』発売!!
2ページまんが 酒場の女【29】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年3月号
特選AVレビュー『ずっと好きだった2 柚木N'』(メディアバンク)
特選AVレビュー『面接ドキュメント 通りすがりのAV女優12 ワケあり奥さん編』(HMJM)
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【1】
ディープ&ラグジュアリーな本格Fetish空間 SMバー「赤坂Dominatrix」特別フォトレポート
アクセスアップ
新刊情報
金のEX NEO Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリー 陽春特別号(大洋図書)
俺の旅 2019年5月号(大洋図書)
よろめき 2019年5月号(大洋図書)
昭和の謎99 2019年初夏の号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年5月号(ワイレア出版)
花と蜜 2019年5月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.29(大洋図書)
働くレディ お貸しします Vol.46(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年5月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
裸の映像作家16人へのインタビュー・ノンフィクション
カンパニー松尾・高槻彰・日比野正明・ヘンリー塚本・中野貴雄・清水大敬・斉藤修・平野勝之・シンプルSANO・バクシーシ山下・溜池ゴロー・神野龍太郎・平口広美・松本和彦・二村ヒトシ・豊田薫――。80~90年代を疾走した、裸の映像作家16人へのインタビュー・ノンフィクション。
 | 
『トレインスポッティング』という映画は、ジェネレーションギャップの映画だった。主人公のユアン・マクレガーとその仲間たちはロック世代で、時代とずれ始めている。ユアン・マクレガーがクラブに行って出会う女の子は、違う音楽を聴く、新世代だった。本書は、現在絶版となっているAV女優、男優、監督へのインタビュー集『アダルトビデオジェネレーション』(著・東良美季)から、監督のインタビューのみを16人分抜粋し、さらに新たなインタビューを加えたもの。いずれも90年代から、2000年代の前半にかけて行なわれたインタビューで、登場するAV監督は全員男性だ。この本を読んでいると、『トレインスポッティング』のユアン・マクレガーを思い出す。

私は、AVを早送りせずに最初から最後まで観たことがない。新たな世界へのガイドブックを期待して本書を開いたが、しかし最初に気づかされたのは、ここに掲載されている大半のAVを観る方法が、ないということだった。一部の監督の作品はDUGA(デュガ)を始めとしたネット動画配信サービスで見ることができるが、出てくるタイトルに興味をおぼえ、よし!これを見よう!と思った時に、そうする術が中々ない。レンタルショップに行けばいつでも借りられ、また定期的に回顧上映も行なわれている日活ロマンポルノなどと異なり、古いAVは基本的にオークションでビデオやDVDを購入しないかぎり観られない。それはAVを「作品ではなく、実用品」としか捉えてこなかった人間のつくりだした状況でもある。
家庭用ビデオが誕生し、やがて空前のAVブームが到来し、去って行った。本書はその歴史を、渦中にあった(そしてなおその中にいる)人間による証言でまとめている。なんと多様な男たちがAVをつくっていたのだろうかと思う。

「婦人服のデザインをしておりました」から経歴の始まる監督がいる、ヘンリー塚本だ。やがて家出してデンマークへ渡り皿洗いをしながら、現地で結婚の約束をするがうまくいかず、帰国して文房具のデザインで成功する。非常にソフトかつ上品な語り口で語られる、波乱万丈な人生遍歴を読みながら、しかしそこからどうAVにつながって行くのか見当もつかない。ところが、商売の単価を上げるべく、当時まだ高価だったカメラとデッキを購入したところから、風向きが変わり始める。結婚式や運動会の撮影を想定し、「家族のビデオ撮影します」という広告を出した彼のもとに来たのは、「愛人とのセックスを撮ってくれないか」という注文だったのだ。上品な初老の男性が、「オマンコ、オマンコ」と叫び続ける女性を目にした時の衝撃。その後に続く、さらに数奇な運命がおもしろい。

ディスコのボーイを経て、ホストになり、客で来ていたAV女優に「ビジネスパートナーを探してる人がいる」と紹介されて監督になった松本和彦の話は印象的だった。
会いにいくとめちゃくちゃ胡散臭い人が出て来て、めちゃくちゃな肩書きと名前の名刺を渡してくる。その「な~んも考えてない」ように見える42歳のサエないオヤジが、しかしナンパの天才だった。彼は元ナンバーワンホストである自分に、道玄坂でナンパ競争をしよう、と申し込んでくる。するとまったく歯がたたないのだ。才能もありイケイケの若者が、冴えないオヤジの強さを目の当たりにし、師弟関係になる。こういう展開、剣豪ものとかでよくあります!!! そんな出会いを経て、たった2人の会社で「ブルセラビデオ」を撮りまくる、そこでオヤジから言われる助言がまた染みる。ブルセラビデオを撮りながら、しかしそこには間違いなく、「ビデオ道」があった......。そして逮捕。全国ニュースになり、当然別れ別れになり、ところがある日、護送車でオヤジと乗りあわせる。そこで交わす会話。その出会い・成長・別れの流れは、鮮烈な青春物語として響いてくる。

日比野正明は自分がアシスタントとして勤めていた村西とおるが、いかに女の子を騙して、AVに出していたかを語る。村西とおるのやり方、それダメでは?と思う。そこには、「時代が変わって今ではダメになった」ではないダメさを感じる。それでも金は儲かりまくり、ハワイロケではFBIに突入され、衛星放送局をぶち上げ、バブルの波に乗った一大帝国の話を聞くのは『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を見るような楽しさがある。やがて資金繰りの悪化とともに、「騙してはいたが、高額のギャラは女の子に払っていた」という最後の良心が消えるのをみた日比野正明は、村西とおるの元をさっていく。

本書の読後感はどうしたって「やがて淋しき......」になる。バブルが崩壊し、ネットが登場し、AVブームはさる。最近では、女性のAV監督も活躍している。Oculusで観たVRのエロビデオはすごかった。ポルノ映像は滅びないが、その中身はどんどん変わっていく。そしてもし、AVが実用品であるならば、古くなったポルノは消えるしかない。本書はそこに立ちはだかる試みだ。AVを実用品ではなく、作品であると宣言し、監督へのインタビューだけで、AVを作品であると感じさせる。それは成功していただろうか? それは読んで確認してもらうとして、私は『竜介・トオル&ミミの特出し劇場』(高槻彰監督)いちど観てみたくなりました。

文=ターHELL穴トミヤ

『裸のアンダーグラウンド』(三交社)
著者:東良美季
価格:2,400円(税込)
ISBN:9784815540074
発売:2018年9月29日
出版社:三交社

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

パッションと運動のDIYメディアの歴史『日本のZINEについて知ってることすべて』編著者=ばるぼら、野中モモ 文=三木学

anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。
http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 | 
19.04.13更新 | レビュー  > 
文=ターHELL穴トミヤ |