本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
大衆を挑発するお茶の間襲撃マガジン

『PLANETS vol.5(第二次惑星開発委員会)


文=井上文



宇野常寛主催の企画ユニット「第二次惑星開発委員会」が贈る、全国津々浦々のboys&girlsにcoolでpopなカルチャー情報を紹介するサブ・カルチャー総合誌『PLANETS』最新刊!
 | 

政治、文芸、テレビ、漫画、アニメetc.、多ジャンルをボーダーレスに横断して批評する雑誌『PLANETS』を読んだことがありますか? ミニコミ誌でありながら「評論総合誌としては、商業誌の実売数に匹敵する発行部数」を誇る、昨今稀有な媒体です。

編集長の宇野常寛氏は、もともとはインターネットで表現活動を展開していた人ですが、なぜ今、雑誌というメディアに着目したかというと、「誤配の可能性」に賭けたのだと言っています(『CINRA MAGAZINE vol.17』のインタビューより)。

「誤配」というのは、こんな意味だそうです。インターネットでは、キーワード検索一発で読みたい記事に辿り着ける分、同じサイト内でも他の記事は読まれないことが多い。けれど雑誌というパッケージならば、たとえ興味のない記事でも間違えて読んでしまう場合があるだろうと。

読み手のニーズを窺うことで確実な売上を狙う商業誌にはない発想です。

批評でさえも各ジャンル内に閉じこもり、「タコツボ」化している状況を打破したいという氏は、自著や記事の中で常々、異文化交流の中から普遍的なものを見出したいと語っています。ですので「誤配」という発想は希望を超えて必然性のある着眼ですし、結果、『PLANETS』において多数の読者を獲得したことは、雑誌そのものの「可能性」すら示唆することになりました。2005年12月に第1号、今年の8月に第5号が発売されたのですが、今、同誌において「誤配」はすでに、当然期待される一貫した編集方針として受け取られていると思います。

扱われている話題のすべてに詳しい読者はそういないでしょう。言葉も時に難しいですし、書かれている主張が正しいかどうかも別の話です。が、『PLANETS』においては、時々ムカッとさせるくらいに挑発的な書き手の姿勢が最低限の面白さを支えています。しかも扱われているのが「普遍的な」問題だとすれば、誰も無関係ではいられないのですから興味が縦横に走ります。

言葉の意味なんかよく分からなくても面白い、そういう読書、子どもの頃に経験したきりだったんじゃないかと胸が躍りました。「タコツボ」と言えばSMの世界もそうですが(こう言われると、言われたジャンルの愛好家はムカッときますよね)、賛否が巻き起こるのは当然にしても、いずれは俎上にのる日がくるかも知れません。

ちなみに、第5号の中でWEBスナイパー読者にオススメなのは、山本寛と更科修一郎の対談。武梨りえの漫画『かんなぎ』のアニメ化にあたり、山本氏がこだわっているのが「ふともも」だというくだりで、フェティシズムと萌えの中間を狙うという話があります。

「ボール1個分外す」匙加減や、女性作家が描きだした「女の脚萌え」を最前線のクリエイターがどう処理するかなんて、興味ありませんか? たとえ貴方がアニメファンじゃなくとも、分かるところからアニメ制作の世界を知り、さらにそこから……というこの雑誌独特の面白さを味わってもらえるんじゃないかと思います。

一見、敷居の高そうな雑誌ですが、あらゆる先端は自分の身の周りにあって、いつも触れているものだと気付かせてくれる本です。どんな入口からでも「誤配」によってアクティブな思考のスイッチが入る、入ってしまう、その楽しさは、激しいぶつかり合いを含むコミュニケーションのストレスを超えて新鮮です。

文=井上文


『PLANETS vol.5(第二次惑星開発委員会)

発行人:宇野常寛
編集人:宇野常寛
印刷:株式会社コムフレックス
企画・編集:第二次惑星開発委員会 wakusei2nd@yahoo.co.jp
A5版:308P/1,500円(税抜き)

発行元サイトで作品の詳細を確認する>>>こちら


関連記事

『不可能性の時代(岩波書店)』著者=大澤真幸


inouebun.jpg

井上文 1971年生まれ。SM雑誌編集部に勤務後、フリー編集・ライターに。猥褻物を専門に、書籍・雑誌の裏方を務める。発明団体『BENRI編集室』顧問。

 | 
08.09.30更新 | レビュー  >