本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1 worldcryptobinary 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
あゆ/郊外/ケータイ依存

『ケータイ小説的。
“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)

著者=速水健朗


文=さやわか


コミュニケーションという地獄を生きる少女たちの文化と生態をケータイ小説から読み解いてみると……。浜崎あゆみ、NANA、郊外型ショッピングモール、携帯メール依存といったケータイ小説の「元ネタ」を探究すると、現代の若者たちの文化と生態が明らかに! 
 | 

「日本人の血からヤンキーとファンシーは絶対に消えない」と言ったのは故・ナンシー関だが、実際のところ「ヤンキー」は90年代以降、我々の目の前から次々に消えていった。都市部の高校制服の多くは清潔感漂うブレザーに移行し、そもそも学ランを着た典型的なヤンキースタイル自体がほとんど絶滅寸前となっている。日常的な中高生の姿としてのヤンキーはリアリティを喪失し、メディアにおいても登場しないようになる。最も顕著なのは漫画やアニメなどのフィクションで、ここ数年は週刊漫画誌などに定型的な「番長」キャラなどが登場する作品があっても、その存在はほぼ非日常的なファンタジーとしてしか捉えられることがない。ヤンキーは日常から切り離され、今や現実からほとんど完全に駆逐されてしまったかのようにすら見える。

しかしもちろん、ナンシー関の言うように、日本人の血からヤンキーが全く取り除かれた訳ではない。単に80年代までに支配的だったヤンキーのスタイルが失効しただけで、ヤンキー自体は形を変えてゼロ年代に生き続けているのだ。速水健朗は『ケータイ小説的。――“再ヤンキー化”時代の少女たち』の中で、現在に「ヤンキー文化」を継承したものとしての「ケータイ小説」を提示する。速水はケータイ小説が不幸な過去(トラウマ)を回顧するモノローグという形式を多く用いることに着目し、ヤンキー向け雑誌『ティーンズロード』の読者投稿欄に同じような不幸な恋愛や自分語りの構図を見出す。同時に、藤圭子や山口百恵、中森明菜、安室奈美恵など自身の不幸な生い立ちを隠さずに歌う「笑わない歌姫」の系譜の最新世代に位置する浜崎あゆみを取り上げ、彼女の歌詞がケータイ小説からしばしば参照され、内容的に多く類似する作品があることを指摘する。

つまり速水の主張に従えば、ヤンキーは絶滅したのではなく、ティーンズロードの投稿欄からケータイ小説へ、中森明菜から浜崎あゆみへ、形を変えて継承されたということだ。同時にこの主張は、80年代の尾崎豊的な外部への反抗から、90年代以降は自己の内面への対峙というモードにヤンキー文化自体が変質していったということも示唆する。この議論の展開には非常に納得できるものがある。

我々はケータイ小説を読もうとするとき、従来の文学からあまりにも離れた形式と内容のせいで、どんな読者層があるのか、なぜこれらが消費されるのかを考えるまでもなく、全く文学として扱わず取るに足らないものとして捨て去ってきた。しかし速水は、これだけ盛況を極め、消費されている一群の作品を無視することこそが批評の停滞に他ならないという強い意志を持って、ケータイ小説の分析を進める。ケータイ小説は、いわば単に従来の批評が語れないからというだけで文学ではないという烙印を押されてきたのだ。速水は、これまでの文学とは全く違った場所と読者層によってケータイ小説が受容されているのだということを熱心に主張し、そこに批評のスポットを当てる。それらが文化的背景として持っているものは、従来の文学とは全く違う、浜崎あゆみなどのJポップや『NANA』のような少女漫画、そして「ファスト風土」と揶揄されるような大型ショッピングモールが建ち並び地域固有の伝統的な風景を剥奪され均質化された地方郊外の姿だ。速水はケータイ小説とはそうした文化的背景でこそ消費される「新しい文学」であるとする。そして、均質化された郊外と、そこに息づく新しいヤンキー文化に実直で誠実な目を向けられない我々に対しては、「現代人の生活を映し出すケータイ小説を良識ある大人たちが嫌悪する様も、まさに自己嫌悪のようなものである」(本書160ページ)と厳しく指摘するのだ。

速水はケータイ小説について誠実で真摯な姿勢を採ることで新たな文学を見出すことに成功すると同時に、現在に息づくヤンキー文化の実像を、そしてファスト風土化された後の郊外を生きる人間の姿を鋭く抉り出すことに成功している。ケータイ小説自体の売り上げは以前に比べれば落ちているという話も聞くが、本書は単にケータイ小説に対する評価だけでない、現代社会を読み解くための批評的達成があるのだ。

文=さやわか


『ケータイ小説的。“再ヤンキー化”時代の少女たち(原書房)
keitaishousetuteki_s.jpg

著者=速水健朗
価格:1,575円
ISBN:4-562-04163-3
初版年月日:2008年6月10日
発行:原書房

出版社サイトで作品の詳細を確認・購入する


関連記事

NYLON100%“伝説”の全貌を探る
『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』 著者=ばるぼら 監修=100%Project



時代を切り拓くサブ・カルチャー批評
『ゼロ年代の想像力』 著者=宇野常寛 【前編】>>>【後編】


sayawaka_prof.jpg さやわか ライター/編集。『ユリイカ』(青土社)、『Quick Japan』(太田出版)等に寄稿。10月発売の『パンドラ Vol.2』(講談社BOX)に「東浩紀のゼロアカ道場」のレポート記事を掲載予定。

「Hang Reviewers High」
http://someru.blog74.fc2.com/

 | 
08.08.31更新 | レビュー  >