本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
web sniper's book review
マンガの“歩く百科事典”だった著者が
急逝直前まで連載していた遺作を単行本化
「性は古来より、芸術、大衆娯楽の大きなテーマであり続けてきた。(中略)支持を受けながらも、時に糾弾され、圧殺され、また甦ってくるその在りようは、時代を超えて繰り返される社会と個の戦いではないのか。表現におけるエロチシズムを探りつつ、マンガの中で描かれた「性」についての歴史を整理してみたいと考えたのは、マンガが、表面的に言われるような要因のみでヒットしたのではないのではないかという思いがあったからだ」(本書より)
 | 
2006年10月に亡くなった漫画評論家・米沢嘉博の未完の連載が一冊にまとまった。有名な『戦後少女マンガ史』『戦後SFマンガ史』『戦後ギャグマンガ史』のマンガ史3部作をはじめ、マンガに関する歴史資料をいくつも残している米沢の、裏ライフワークと言える「エロ」に絞って紡がれたマンガ史である。何年も前から発売が予告されていたが、今年4月にようやく発売された。朝日新聞の書評欄で取り上げられるなど、良い動きを見せているようだ。

本書が対象にしている時代は、戦後すぐのカストリ誌の流行から、90年代初頭の有害コミック問題まで。この後に人気が出る「みこすり半劇場」や、「セーラームーン」を契機とする男性向けエロ同人誌のさらなる拡大、『快楽天』の影響などは残念ながら取り上げられていない。しかし以降の歴史は永山薫『エロマンガ・スタディーズ』を、同人誌については阿島俊『漫画同人誌エトセトラ'82-'98』(阿島は米沢の変名)などの別資料もあるので、近年の動向に触れていないことが、即座に本書の価値を下げるものだとは言えないだろう(むしろ索引がないことのほうが残念である)。

この本を読み解けばエロマンガ史について詳しくなれることは間違いない。しかし詰め込まれた膨大な資料的記述を前に、どう読めばいいのか分からない読者がいるのではないかとも思う。基本フォーマットは、いくつかの雑誌名を並べ、そこに見られる特徴や傾向を考察し、掲載作品のタイトル/作者名/物語メモを羅列。もしくは雑誌単体の歴史・変遷の解説。この二つの軸が織り交ぜられながらずっと続き、読みやすさはそれほど考慮されていない。これは元が連載原稿であるためで、終了後に書籍用にまとめなおす予定だったと思われる記述があり、そこが悔しい(大量に収録された図版資料を眺めるだけでも愉しいが)。

これから本書を手に取ろうと思っている人は、ここでいうエロマンガ史とは何の歴史なのかをまず考えたほうがいいだろう。エロマンガとは、基本はエロマンガ雑誌のことである。なぜ個別の作家・作品単位でないのかといえば、単行本というのは全作品が出るとは限らないメディアだからだ。これは一般マンガ史でも同様で、単行本が一般化する前は連載作品は雑誌の増刊・別冊の形でまとめるのが通例であり(児童マンガなら付録)、しかもそれは人気作家に限られていた。新書版サイズの単行本が広がるのは1966年のサンコミックス以降、A5サイズの単行本は70年代末以降。人気作品史でなく、時代のうねりや潮流を見極めようとするなら、雑誌に目を向けるしかないのだ。「少年マンガ=ジャンプ・マガジン・サンデー」のように固定されていない、移ろい往く雑誌を舞台としたメディア/ジャンル観は、21世紀にはもはや生まれ得ない感覚ではないだろうか。本書の特異性はおそらくこの部分である。

これだけ細かい仕事をしておきながら「ディティールにこだわるのは私には向いてないし、そういう見方をしていないと思う」(『Quick Japan』Vol.34掲載インタビューより)と言えてしまうのが米沢だった。米沢がこだわらなかったディティールとは、今後も誰にも見えない部分ではないか。本書を読んでそう思う。

文=ばるぼら

『戦後エロマンガ史(青林工藝舎)』


著者=米沢嘉博

発行:2010年4月22日初版第一刷発行
定価:1890円
ISBN-10:4883792587
出版社:青林工藝舎

発行元サイトにて詳細を確認する>>

関連記事

『トゥー・エスプレッソ(太田出版)』著=高浜寛

man.gif
ばるぼら  ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)『NYLON 100%』(アスペクト)など。『アイデア』不定期連載中。
「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/
 | 
10.06.13更新 | レビュー  > 
文=ばるぼら |