本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
WEB SNIPER's book review
細いうなじ、隠れたホクロ、繊細な手指の所作
高校生の津田は、ある日、席替えで無口で無表情な遠藤と席が前後になった。ささいなきっかけから交流が生まれ、今までまったく知らなかった遠藤が見えてくる。ほくろ、首、髪、ちょっとした表情の変化。けれど、もともと他人への関心が薄かった津田は、徐々に近づく遠藤との距離に焦燥感を覚え......。フェティッシュな視点が悩ましいBLコミック!!
 | 
BLのためのBLが苦手です。苦手というだけで嫌いではないし、読めばそれなりに楽しめるのですが、友情をこじらせた結果、自然発火してBLしてしまう設定のほうが圧倒的に好みです。

のっけから突っ走った自己主張をしてしまいました。すいません、ちょっとずつ説明します。

まずBLというのは、今さら説明するまでもないかもしれませんが、男性同士で恋愛することです。ボーイズ・ラブです。恋愛だけでなく肉体関係にまで発展してしまうこともありますが、というか最近はそっちのほうがメインになっているようですが、とにかくイチャイチャすることだと思っていただければ大体合ってます。

あまり「昔はよかった」みたいなことは言いたくないのですが、最近はBL人気が出すぎたためなのか(といってもごく一部でですが)、とっとといちゃいちゃさせるためにキャラを設定している作品が多すぎる! これが行き過ぎるとどうなるかというと、性別は男でも「これ、女じゃん」というキャラが乱立するんですね。そりゃあ目的が恋愛させることだったら、男女のほうが合理的かつ迅速に達成できますからね。

でも私は、それじゃせっかく「ボーイズ」の名を冠している意味がないと思うんですよ。たとえ受け(ヤラレる側)だったとしても、男とか少年の要素は残しておいてほしいし、それゆえに物語が進行する、あるいはしない作品が好きです。BLに関してはオリジナルからすでにBLの作品よりも、アニメなどの二次創作のほうがどちらかというと好みなのですが、それはこういう理由からです。

前置きが長くなりましたが、今回ご紹介する『えんどうくんの観察日記』は、少年独特(と、私は思っている)の繊細な依怙地さとでもいうものが進行の核となっているところが、じつによろしい。身長191センチ、強面で喧嘩ばかりしているわりには他人への関心が薄いせいか日常生活では比較的大人しく、そう問題児扱いされているわけでもない主人公の津田は、席替えで、無口で無表情な遠藤と前後の席になります。自分同様、周囲への興味が皆無に見えた遠藤ですが、やはり席が前後ともなると些細ではあるにしろ交流が生まれてきまして、少しずつ近づく距離に葛藤と焦燥を覚えるようになります。

これは程度の差こそあれ、どちらか一方がひたすら押せ押せで、もう一方が「いやよいやよでも好き」でなし崩し的に受け入れるパターンが多いBLの中では珍しい設定といえましょう。でも両者のこの精神的ひきこもり具合はすごくリアルだし、感情移入できる。

思春期の頃、とにかく何でも拒絶したり、無関心になることでしか日々を乗り切れない一時期ってありませんでしたか? 拒絶することが、自分が何者かである証みたいにぼんやり思っていた時期が。これって多分、女の子より男の子のほうが強く感じていたことなんじゃないかと私は勝手に推測しているので、そこを以てして少年らしいと主張しておるのですが、まぁとにかく、今振り返ると何をそんなに依怙地になっていたのかと甘じょっぱい気分になるソレが恋愛、それも「同性のクラスメイトへのトキメキという、まったく未知の領域」と結合すると、もう、こんなにも切なくなるのかと。しかもトキメキのきっかけには細い首筋だとか、髪の生え際のほくろだとかいうフェティシズムが満載なところがまたすばらしい。フェティシズムで切なくなった漫画を読んだのは、喜国雅彦さんの『月光の囁き』以来です。あっ、『えんどうくん〜』はフェティシズムがメインではありませんが。

それとこの漫画にはBLには珍しく、サブキャラではありますがわりと重要な立ち位置で女の子が出てきます。「女は基本、空気」みたいな、変な男尊女卑傾向のあるBL界ですが、女の子の恋愛感情もちゃんと描くことで、男同士の恋愛の繊細さ、あやうさがより浮き彫りになっています。

レビューを書くときにはあまり褒めすぎないようにしようと心がけている私ですが、この作品に関してはもうぶっちぎりで褒めたいです。あと個人的に、神崎くんは狂言回しで終わらせるには勿体ない役だと思ったので、次回作で幸せになってほしいです。でも好きなのは千葉ちゃんです。

文=早川舞

『えんどうくんの観察日記』(大洋図書)

著者=ハヤカワノジコ

価格:650円(税込)
ISBN:978-4-8130-5329-3
発売:2011年10月1日
出版社:大洋図書

Amazon.co.jpにて詳細を確認する>>

関連記事

『全米No.1ファッションアドバイザーが教える 誰でも美しくなれる10の法則 』 (宝島社) 著者=ティム・ガン/ケイト・モロニー

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLESS!!」
 | 
11.11.12更新 | レビュー  > 
早川舞 |