本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『美少年』(新潮文庫)
著者=団鬼六
発売日:1999年01月
出版社:新潮社

追悼 団鬼六
グチグチいってる男が思い切り女に捨てられる話が読みたい! グチグチした男は思い切り不幸になればいい! そんな話をグチグチした本人が書いている 団鬼六レビュー『鹿の園』
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第3弾は切れ味鋭い映画レビューでお馴染みのターHELL穴トミヤ氏が、新潮文庫『美少年』に収録された短編「鹿の園」を紹介。団鬼六作品の隠されたツボにスポットライトを当てていきます。
 | 
団鬼六はなんかいつも「嫉妬にくるった」とか言って、「その夜、私はまんじりともせず、冴えた目で天井の木目を追いながら過ごした」とか言って、性の享楽者っていうか、実は性の享楽者になりたいワナビーの、とほほ話みたいのが多いのが意外です。
この『鹿の園』しかり、他には同じ『美少年』収録の「不貞の季節」や、又は新潮文庫の『檸檬婦人』収録の「卑怯者」なんかでも、変態セックスで盛り上がりまくり!というよりは、そうしようとして、ところが脇から出て来た肉食系の男に油揚げをかっさらわれ、本人はというと「今、こんなことされてるに違いない!」と暴走する自分の妄想にもだえ苦しんでいる。根が臆病なくせにいつも欲望だけは一人前の団先生なのですが、それって人ごとではない訳です。

『鹿の園』は、私こと団鬼六が会員制のSM社交会を作ろうとするところから始まる短編で、表題になっている会の名称は、フランス王ルイ15世のために作られた娼館が由来。そんなインテリ趣味な名前をつけていても、会自体はそもそも、「知り合いの古美術商の愛人『綾子』があまりに妖艶な美人であるのみならず、『実はマゾなんです』という告白におよぶにつれ我慢できなくなった『私』が、密かに半ば彼女の加入を期待して立ち上げた」という経緯からして、言ってみればもうムッツリ助平、奥手の文科系男の大作戦になっている訳です。
そしてこのインテリ趣味のもくろみは、実際には童貞ホイホイでしかなかった!というのが導入で、トホホな展開に内心忸怩たる思いを抱えながら、パッと見は悠然と構えている大作家。そんな「私」が、自らのインテリを解さない変態たちを内心密かに見下しつつ、肝心な時には一線を軽々と越える彼らを前にして、毎回一人ビビっている。これが前半のスタイルです。
その場で一人だけビビっている「私」を冷静に書く下りはとにかく可笑しい。読んでいくと、実は「私」は変態になりきれない、かなり小市民的な人間なのだと分かります。スワッピングマニアの夫婦の妻とよろしくやった後、「ね、団さんの奥さんも交えて今度どうですか」と頼まれれば、「それはちょっと」と腰が引けてしまうし、自ら立ち上げた会の会員には「谷ナオミの元にオシッコを貰いに行く」ミッションを課せられて、板挟みになって両方から怒られたりしてしまう。まったく小物なんだけど、しかし毎回、変態たちに引っ張り回され驚いてばかりの「私」だからこそ、同じく書き手が驚くことによって進んでいくジャンルの「旅行記」よろしく、これも変態という未知の国に分け入っていく、探検記になっている訳です。

さてその「私」がついに行き着く場所が、大阪の大実業家「山崎」という男の家で、ここから話は一気に佳境へ入っていきます。「山崎」は酒の次にSMが好きと豪語し、実業にすぐれ、教養などはまるでない全身湿った亀頭みたいな男なのですが、「私」はひょんなことから、彼の私設SM劇団を見せられることになります。するとそこでは仕事上の仲間から、近所のSM愛好家、それにこの「山崎」の実の息子である2人までもが参加する、恥も外聞もない破廉恥ショーが繰り広げられていたのでした。
実の息子さえ巻き込むあまりの反道徳性にクラクラしつつ、これぞ本物の「鹿の園」ではないかと「私」は思います。真の快楽教団を作るには、道徳から完全に自由になる、この男のような馬力が必要だったのです。

やがて、勝手に自分の女だと思っていた他人の愛人「綾子」が、案の定この俗物にまるでブラックホールのように吸い込まれてしまいます。血走った知人から「実はもう5日も、『綾子』が大阪に行って戻ってこない」という話を聞いた瞬間の「私」の「ああ、こらあかんわ」という台詞。これぞこの話の肝ではないでしょうか。この一言に、行動はできないが、理解は出来るインテリ・ワナビーの悲哀と諦め、そして爆発する妄想と嫉妬の全てが詰まっているのです。

この話のテーマは所有や嫉妬との葛藤です。道徳というものは、所有欲の体のいいごまかしなんじゃないか、いやでもその道徳のない世界に耐えられるのか。でもそんなことはどうでもよくて、やっぱり「ああ、こらあかんわ」これが最高なのです。その瞬間、心の中では自分が一番だと思っていて、所有欲が強く、その実臆病だった「私」が爆砕する。アメリカンニューシネマのような爽快感がそこにはあります。

ところが話はそれで終わりません。その後、「私」もまたそのブラックホールへと、自己崩壊へと吸い込まれていってしまうのです。「爆砕するだけで終わりなんて許されへん! さあ、分かったら男になるやんでえ!」という、団先生の草食系である自分へのダメだしが聞えてきます。その先に地獄があるのか極楽があるの分かりませんが、それがひいては妄想童貞男子への叱咤にもなる、そんな温かい一品なのでした。

文=ターHELL穴トミヤ

関連記事

追悼 団鬼六
harrehare_index.jpg
団鬼六と『花と蛇』〜永遠の桃源郷へ 文=安田理央
harrehare_index.jpg
小野塚カホリが描く団鬼六の『美少年』〜底知れぬ私小説と漫画の深み 文=永山薫
harrehare_index.jpg
グチグチいってる男が思い切り女に捨てられる話が読みたい! グチグチした男は思い切り不幸になればいい! そんな話をグチグチした本人が書いている 団鬼六レビュー「鹿の園」 文=ターHELL穴トミヤ
harrehare_index.jpg
証言「私と団鬼六」〜谷ナオミの時代へ
anahell.jpg
ターHELL 穴トミヤ  ライター。マイノリティー・リポーター。ヒーマニスト。PARTYでPARTY中に新聞を出してしまう「フロアー新聞」編集部を主催(1人)。他にミニコミ「気刊 ソーサー」を制作しつつヒーマニティー溢れる毎日を送っている。 http://sites.google.com/site/tahellanatomiya/
 |