Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『やりすぎ家庭教師 本田岬』(h.m.p)
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
デカ乳房の五十路母(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.31(大洋図書)
街角美人妻コレクション(大洋図書)
CRAFT Vol.74(大洋図書)
3650 死刑囚小田島鐵男"モンスター"と呼ばれた殺人者との10年間(ミリオン出版)
少年は神の国に棲まう(大洋図書)
人妻覗き撮り(大洋図書)
悶えまぐわう中年女(ミリオン出版)
乱れ狂う絶頂妻DX(ミリオン出版)
giri giri Vol.20(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
A tribute to Dan Oniroku
追悼 団鬼六
『日活名作ロマンシリーズDVD-BOX 団鬼六×谷ナオミ選集 』
監督=小沼勝
発売日:2008年9月10日
販売元:ジェネオン エンタテインメント

追悼 団鬼六
証言「私と団鬼六」〜谷ナオミの時代へ
日本人のSM観に多大な影響を及ぼした小説家・団鬼六氏。それは団鬼六というひとつのジャンルであり、日本における官能という文化を語る時、避けては通れない歴史の分岐点でもあるでしょう。去る5月6日に永眠された氏を悼み、WEBスナイパーでは「追悼 団鬼六」と題した特集記事を掲載して参ります。第4弾では往年に団鬼六氏と交流のあった方々にお話を伺い、その頃の空気や団氏の人柄について、ささやかながら証言をいただきました。
 | 
官能小説家・団鬼六氏の公式サイトは非常に充実しており、作家の人生と題した年譜や、これまでの作品の一覧などを兼ね備え、公式サイトとはいえその充実ぶりには驚かされる。オフィシャルな形でこのように充実した資料が残されていることを鑑みるに、現在WEBスナイパーで進行中の追悼企画では氏の作品を紹介することに力点を置いているが、さらに故人の人柄とその作風の及ぶ影響を紹介するべく、以下に二人の人物からお話を伺っているので、簡単ながら紹介させていただきたい。

『緊縛写真』 制作=鬼プロ 写真=賀山茂 発売=1969年10月 発行=芳賀書店

一人は賀山茂さん。団鬼六氏と同世代の方ながら、あくまでアマチュアのSM愛好家として現在もSMを嗜まれている。芳賀書店から刊行された写真集『緊縛写真』(1969年)に参加、その際に賀山茂というペンネームを団氏が考えてくれたのだという。

団鬼六氏との出会いは、新橋駅前の旧闇市の飲み屋。1971(昭和46)年にニュー新橋ビルとして再開発されるまでは、300以上の店舗が連なる横丁であった。ある日、隣で2、3度顔を見たことのある男から「よく会いますね」と声を掛けられて意気投合、これが高校教師時代の団鬼六だった。1962(昭和37)年頃のことである。

「三崎のうまい魚で一杯やろうということになって、三崎で酒を飲み交わした。団さんは、深酒するとすぐに寝ちゃうんだ。それから急速に仲良くなって、思いつくとそのまま水戸黄門のような旅に出かけた。金も持たない、予定なし、めくらめっぽうにね。団さんは風呂が好きで温泉のあるところに出掛けることが多かったな」

当時はお米の購入に米穀配給通帳が必要だった時代。そのため旅館での宿泊には米持参が条件だった。

「団さんは自分の家に「米送れ」と電報を打って、私が「金送れ」とやったもんで、何とかムチャクチャの旅を続けることができたんだよ」

『S&Mスナイパー』2005年3月号より
1966(昭和41)年、団氏は前年に教師を辞めて上京、就職していたが会社は倒産し、真鶴に転居。英語の家庭教師をする傍らでピンク映画の脚本を多数手がけるようになる。すでに『花と蛇』の連載が好調だった時期で、この頃にも賀山氏は泊り込みで真鶴に出かけてはアブノーマルな話をしながら飲み明かしていたそうだ。そして翌年、ピンク映画会社ヤマベプロから谷ナオミがデビュー。当時の谷ナオミのスナップ写真が、賀山氏の連載『裸足で歩いたSM道』(「S&Mスナイパー」2005年3月号、100P)にて紹介されているので右に転載する。

賀山氏と団氏の親交はその後も続く。団氏は賀山氏の仲人をされており、晩年にはお互いが先に死んだ相手の葬儀委員長をする、といった約束等もされていたという。

『SEX CINE-MATRIX(セックス・シネマトリックス)』 著者=田中欣一 発売=2007年9月14日 出版社=ワイレア出版
もう一人お話を伺ったのがカメラマンの田中欣一氏。氏はWEBスナイパーの前身である雑誌「S&Mスナイパー」にて長年にわたり緊縛グラビアの撮影を手がけて下さった。氏のキャリアの源流にはピンク映画のスチールカメラマン時代があり、携わった作品の未公開カットを抜粋してまとめられた写真集『SEX CINE-MATRIX』も小社より発売されている。

氏がスチールカメラマンとして活躍されたのは1970年から86年までの16年間。キャリアをスタートさせた年の前年となる1969(昭和44)年、団鬼六はピンク映画プロダクション、鬼プロを立ち上げるが、2年後には映画制作から離れて「SMキング」を創刊する。その頃に田中氏と故人との邂逅があったという。

「目黒に凄い黒塀の自宅があったんですよ。『SMキング』の編集を杉浦則夫さんがやってるかやってないかって頃じゃないかな。私がピンクの世界に入って最初の頃、谷ナオミがデビューした頃ですね。谷ナオミを秘蔵っ子にしてたんですよ、鬼六さんが。だから谷ナオミが出る映画のセットとして自宅を貸してたんです。母屋があって、後ろに物置があって、その物置に梁があって、そこから女をぶら下げたりしたんだ。そこへお邪魔したんですよね。もちろんピンク映画のスチールカメラマンとして。だから覗き見る程度のことだったけど。ただ一度だけ卓球をやったことがあって。鬼六さんはね、負けると怒るんだよ(笑)。でね、勝つとまた怒るんだ」

団氏が目黒に居を構えたのは1971(昭和46)年。キャリア開始から数年、いくつもの現場を渡り歩きながら忙しい毎日を過ごしていた田中氏は、ピンク映画の現場でスチールカメラマンのみならず、女優を縛るようにもなっていったという。

「最初は助監督が縛っていたんです。でもそれがどうしようもない(笑)。こっちはSM雑誌の撮影にも行っていたから、色々な縛り方を分かっているんですよ。だから、それじゃダメだよって言ったら、じゃあ縛って下さいよって。カメラを頭にぶら下げながら縛った(笑)。何百本とやったなあ。縛りの撮影だっていうと呼ばれたんですよ」

田中氏が携わった現場は、主に新東宝制作のものが多かったという。渡辺護、高橋伴明といった監督たちがSM作品を撮っていた。当時のピンク映画にSM要素は当然のものとして存在していのだ。

「縛り師の話とか、縛りが趣味のお父さんとかお爺さんがいて、若い子が売られてきて、手をつけられるっていう話が多かったね。縛って悪戯されてとか、手篭めにされるとかね。そのうちに目覚めちゃうんだ。あとは女教師もの。学校で縛られちゃう。一人くらい先生とデキちゃってる生徒がいたりして、そういうのを見せしめで縛っちゃうとか。やっぱり鬼六さんの小説の世界みたいなのが、オーソドックスだったよね。女がだんだんよくなってくるという。官能というかね。暴力じゃないんだよ。暴力的なのは事件みたいなもの。それはもう、縛りがどうとかいうものじゃないから。監禁だからね。もっと、情念というか、縄によって愛情が芽生えてくるとか、男と女の縄を介した愛情表現みたいなもの。団さんが確立したようなもんだからね、そういう世界は」

日活ロマンポルノの開始は1971(昭和46)年で、日活で谷ナオミが『花と蛇』に主演するのは1974(昭和49)年。その後に原作・団鬼六というタイトルキャッチがロマンポルノ作品で並び始めるのだが、これについては安田理央氏の追悼記事を参照していただきたい。

田中氏がピンク映画に携わった時代は、団鬼六と日活ロマンポルノの蜜月時代であり、ピンク映画へ団氏は関わっていなかった。しかしながら団鬼六原作ではなかったピンク映画も彼が描いたSMの影響下にあった。

『S&Mスナイパー』1979年9月創刊号
1980年代になると、団鬼六はSM誌への連載を数多く手がけるようになる。司書房でSM誌の撮影をしていた田中氏曰く「団鬼六の小説がなかったらSM雑誌が売れない時代だった」という。1979(昭和54)年の『S&Mスナイパー』創刊号にも巻頭小説として『鬼畜の街』が掲載されている。

そして私たちの持つ多様な性的嗜好が、様々な手段によって明るみにされた現在では、団鬼六によって与えられたSMという言葉の魔力は失われ、すでに過去のものとなったように感じられる。だが作品のなかで描かれる人間たちの懊悩は変わらず、またどのような言葉で呼ばれようとも作品から与えられる官能もまた変りないものだ。此度の追悼企画が、膨大に残された氏の作品に触れる端緒となることを願う。

文=編集部

関連リンク

緊縛写真家 田中欣一の世界「KT-WORLD」

関連記事

追悼 団鬼六
harrehare_index.jpg
団鬼六と『花と蛇』〜永遠の桃源郷へ 文=安田理央
harrehare_index.jpg
小野塚カホリが描く団鬼六の『美少年』〜底知れぬ私小説と漫画の深み 文=永山薫
harrehare_index.jpg
グチグチいってる男が思い切り女に捨てられる話が読みたい! グチグチした男は思い切り不幸になればいい! そんな話をグチグチした本人が書いている 団鬼六レビュー「鹿の園」 文=ターHELL穴トミヤ
 |