ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 Lovely-Candle 2
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年5月号
特選AVレビュー 『調教される母 媚薬アクメ恍惚絶頂・還暦母 山本遥 』(Global Media Entertainment)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 水野朝陽』(ドリームチケット)
環境が色を作り、色が感覚を育てる/『フランスの色景 ―写真と色彩を巡る旅』編著=港千尋、三木学 (青幻舎) 文=大野左紀子
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【5】前編
骨の髄まで慈しむ女流縄の美学――羽月希が初めて本格緊縛に挑んだ永久保存版の記録映像!『~緊縛~ 8 蓬莱かすみ×羽月希』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『熟れたお尻 岐阜のどすけべ素人 羽島愛さん92センチ』(HMJM)
特選AVレビュー『女子校生の乳首健康診断2』(OFFICE K'S)
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【11】「おじいちゃんとおじいちゃん」
特選AVレビュー『ドSのKAORIをドMのセックス・モンスター初芽里奈が犯す。 』 (レズれ!)
特選AVレビュー『デカ乳輪×マゾ乳首 G乳M妻密室乳嬲り/月本愛 』(光夜蝶)
ここは種々様々な性癖に対応したマニアックな風俗店――変態快楽の殿堂『牢屋に棲む淫女 川上ゆう』(大洋図書)好評発売中!!
絵を描く人々 第13回 「欲しい絵」と「なりたい絵」
特選AVレビュー『時間を止めて、いじめっ子の母親にいたずら中出し 篠宮千明』(STAR PARADISE)
ペロッ、この味は......、フジロックフェスティバル! 映画『夜は短し歩けよ乙女』公開中!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【33】『じょりく! 1』 著者=活火秀人 (竹書房)
エルミタージュ美術館のヒドい目にあいすぎ具合がいい! 映画『エルミタージュ美術館 美を守る宮殿』公開中!!
特選AVレビュー『通りすがりのAV女優 05 新春マグロビッチ全員巨乳編』(HMJM)
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第5話/ウキウキ温泉旅行の巻 ~前編~
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
アクセスアップ
新刊情報
BITTER 2017年7月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2017年7月号(大洋図書)
ごぶさたな奥さん 2017年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2017年7月号(大洋図書)
MAZI! 2017年7月号(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.64(ワイレア出版)
おとなの点つなぎ100問 Vol.5(ミリオン出版)
よろめきSpecial 艶 2017年7月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.8(大洋図書)
人妻寝取られ(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

ついに読者がスナイパーSNSから飛び出した!
読者様の読者様による読者様のためのSM体験
絶好調の読者参加型企画、個人的にお付き合いできるM女性を大募集中!という生粋のS男性・豊田さんが、今月も熱い体験レポートをお届けします。訪ねたお店は東京・立川にあるSMクラブ「立川OROCHI」さん。お相手をしてくれたのはタレントのベッキーに激似と噂の美形M嬢「戸田はるな」さんです。プレイも大詰め、はるなさんのエッチな舌技が炸裂します!!
 | 
↑従順な子犬になりきったはるなさん。こんな可愛い子が自分のペットだったら何をさせよう......考えだすと興奮が止まりませんね。

↑豊田さんの乳首をペロペロ。甘えてくるような体重のかけ方が男心をくすぐります。

↑さて、今度は下半身。豊田さんの怒漲を目の前にしてこの表情です。期待せずにはいられませんね。

↑パクッと肉茎を咥え込み、ゆっくりとスロート。舌が忙しく動いているのが分かります。

↑顔をススッと下ろしていって肛門舐めです。豊田さんの口から快感の呻き声が漏れてきます。

↑さらには玉吸い。豊田さんの睾丸を「あむっ」と大きく咥え込んで口の中で舐め回しているようです。

↑頭を持たれてイラマチオ風にディープスロート。豊田さんの快感が頂点に近づいていきます。

↑はるなさんが逆に追い討ちをかけていきます。手で肉茎をしごき立てながらカリ首を中心にネッチリと刺激して......。

↑フィニッシュの体勢に入りました。はるなさんが口を開けてザーメンを待ち構えています。

↑一旦口に含んだザーメンをトローリ。

↑プレイ終了直後のはるなさん。もともと若いのにもっと若返ってロリロリ感が出ていますね。お疲れ様でした!

私たちはベッドに戻ります。

「恥ずかしいところを見せてくれたね」
「はい」
「綺麗になったお尻の穴を、可愛がってあげるよ」
「はい、はるなのお尻の穴を可愛がって下さい」
「じゃあ、お尻の穴がよく見える格好になってごらん」
「はい」

はるなさんはくるりと後ろを向くと、四つん這いでお尻を高く上げるポーズをとりました。さらけ出されたお尻に私はローションを塗りつけます。

「入れるよ」
「はい、入れてください」

私は、指を窄まりの中に入れます。締め付けてくる感触がたまりません。何度も出し入れします。

「ああ、あん......」

甘い声をあげるはるなさん。お尻の穴でしっかりと感じているのです。

私はさらにアナルバイブではるなさんの窄まりを嬲ります。

「お尻の穴にバイブが入ってるよ。どんな気持ち?」
「ああ......、気持ちいいです」
「お尻の穴が気持ちいいの?」
「はい......。あ、ああっ」

私はアナルをバイブで、そして膣を指で同時に責めていきます。はるなさんの声がどんどん高まっていきます。突き上げられたお尻がくねくねと揺れます。

その白いお尻に、私はバラ鞭を叩きつけます。ピシっ、ピシっと小気味い音がします。その音が私を、そしてはるなさんをさらに興奮させていくのです。


「ご主人様にご奉仕させて下さい」

はるなさんはそういって、私への奉仕を開始しました。

仰向けになった私の乳首をぺろぺろと舐めまわし、そしてトランクスを下ろします。

「ご主人様のおちんちん、舐めてもいいですか?」

はるなさんは、嬉しそうに私のいきり立ったペニスを口に含みます。ジュボジュボと音を立ててのフェラ。

さらに袋や、肛門にまで舌を伸ばしてきます。そのいやらしい舌遣いに、私はうっとりしてしまいます。

「気持ちいいですか?」
「ああ、気持ちいいよ。はるなは上手だ」

丁寧なはるなの奉仕に私はどんどん高まっていきました。

私は立ち上がって、正座したはるなさんに奉仕させます。いわゆる仁王立ちフェラ。そして、はるなさんの頭を抱え込んで、くわえさせるイラマチオ。凌辱しているというムードが出て、サディスティックな気分が盛り上がるのです。

そして私は、はるなさんの口の中に思い切り射精しました。はるなさんは、手のひらに精子を出すと、にっこりと笑って言いました。

「おちんちん、美味しかったです」

本当に嬉しそうで、可愛らしい表情でした。

ちょっと色々やりすぎて、せわしなくなってしまった感はありましたが、はるなさんのM女としてのポテンシャルを楽しめたプレイでした。今度は、ひとつひとつの責めをじっくりと楽しんでみたいですね。それだけの価値のあるM女なんです、はるなさんは。

文=豊田
動画を公開中!

美少女の口に埋まった真っ黒怒漲がビクンビクンと脈を打つ!
19歳の可憐なご奉仕がイヤラしすぎるラストスパート!!


関連リンク

取材協力東京・立川「立川OROCHI」

●TEL 042-512-9440
●エリア 立川発
●営業時間 11:00〜23:00
●料金 60分18000円

yuki10-1-prf2.jpg
モデル=「戸田はるな

19歳。T160・B85(C)・W59・H86 。性感帯は「全身」。得意なプレイは「SM全部」。
「まだまだ未開発の新人ですが極上の素材です。是非色々教えてあげて下さいませ。素直な彼女はきっとみるみるうちに立派なM嬢へと育ってくれることでしょう♪ 」(お店コメント)

関連記事

第12回 東京・錦糸町 「SM倶楽部セ・ラヴィ」はるかさん
【1】>>>【2】>>>【3】

●体験記事希望読者募集中!
このコーナーに出演したいという方は、お名前、ご住所、電話番号、お顔の確認できる写真を添付し、どんな性癖なのかを詳細に明記のうえ、下記までご連絡ください。フェティッシュな性癖をお持ちの方大歓迎です。

▼ワイレア出版株式会社 WEBスナイパー編集部
web@sniper.jp

toyoda-prof.jpg
豊田
都内在住の40代半ば。プライベートでも数人のM女を調教してきましたが、現在はパートナー募集中です。羞恥プレイに燃えるM女の方、お待ちしております。得意なプレイは言葉責めです。Mプレイにも一度挑戦してみたいと思いつつ、なかなか一歩踏み出せません(笑)。
 |