worldcryptobinary 2 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1979年10月号 読者告白手記
「下町銭湯で結ばれた痔持ちの愛」
投稿者=匿名希望
銭湯の番台に座っていた主(あるじ)はふと、一人の女性客が痔持ちであること気づく。自分も痔持ちであることから哀れに思って彼女を観察するようになった彼は、次第にその女性に惹かれていく。痔持ち同士が運命に導かれるように出会い、たどり着いた場所とは……。『S&Mスナイパー』1979年10月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全2回に分けてお届けしています。
 | 
【2】痔が取り持った変態の縁

湯気の中に老いさらばえた体を晒すと、すぐ目の前にある文子さんの裸体が、神々しいほど美しく見えました。しかも文子さんは、もう薬を塗ってもらう態勢を整えて、四つん這いになって私のほうへお尻を突き出していたのです。

「角田さん、そこにあるお薬を、お尻にたっぷり塗って下さいますか」

そう言って、文子さんは片手を使って自分で肉を開いてきます。

私は「あっ」と洩れそうになる声をどうにか抑えて、自分の息を整えました。文子さんのお尻は、確かに痔でした。が、その下でパックリと口を開けている女性の部分は、あからさまに濡れそぼち、ヒクヒクと物欲しげに蠢いていたのです。

「さ、角田さん、早くぅ」

私はどうしたものかと頭を悩ませながら、まずは言われたとおりに薬を指の先にとると、それを文子さんの痔の部分に優しく塗り込んでいきました。

「そこっ……あぁ……そこを拡げて、キズ口に丹念に塗りつけて下さい。ゆっくりと、穴のほうまで……」

私は無言で塗り続けました。文子さんが悩ましい声を出してもあえて聞かないふりをしました。見ると、文子さんの女性の部分から、一滴の雫が垂れて糸を引きながら濡れた床へと落ちていきました。

いけない……妙な気を起こしてはいけない……。

懸命にそう自分に言い聞かせました。しかしながら、思えば妻とはもう10年以上も交わっていません。いえ、もうそういうことが自分の人生に起きるとは思わなくなってすらいたのです。久しぶりに嗅ぐ女性の香りは、容赦なく私の理性を侵していきました。

その時、ふいに文子さんが姿勢を変えて、私のほうを振り向きました。

「次は、角田さんの番ですよ」
「えっ、私は……」
「ダメです、早く治さなきゃいけないのは一緒ですから」

ピシピシと言いながら私を四つん這いにさせようとする文子さんの目が、私のあさましく膨らんだものをじっと見ていました。私はそれを隠したい一心で四つん這いになりました。

「まあカワイソウ。ずいぶん重症ですわね。さあ、塗っていきますよ」
「うぅ……」

男として生きてきて、こんな経験をしたことは過去に一度もありません。自分の子供と言っていいほど年の離れた美しい女性の指で、肛門を丹念にこね回されるのです。

妖しい感触に思わず声が漏れました。

「角田さん、ご苦労なさってるんですね」

肛門を指先で撫で回しながら、文子さんが私の脚の間に手を入れてきました。そして私のものをギュッと掴んでくるなり、腹から搾り出すような声でこう言ったのです。

「か、角田さん……あたし……あたしもう……」
「奥さん……」

痔という病気は、シゲキのある物もいけないのですが、男女の睦み事も下腹部の筋肉を使うためよくありません。しかし、それ以前に相手は銭湯のお客様でご主人もいる方なのですから、ここに至っても私は自分を信じていました。

「文子、文子って呼んで……」

しかし文子さんは夢中の表情で上体を起こすと、しゃにむに私にしがみついてくるのです。そして「欲しい、欲しい、これが欲しい。下の口に欲しい」と、涙を流しながら私のものを頬張ってくるのでした。

「ふ、文子!」

私もここまで来て期待を持たせてしまった以上、してやれることはしてやろう、そう思って、彼女を優しく抱いてやりました。いいえ、最後までするのではありません。ただどうにかして彼女をなだめてやらなければいけないと思ったのです。

乞われるままに白い乳房を手で揉み回すと、乳首がピンと固く尖って震えています。その様があまりにも切なげで、私は舌を遣って入念に愛撫してやりました。

「あうっ……あうっ……」

文子さんは全身の肌を薄桃色に染めて戦慄いていました。私が下の若草を指でかきわけ、そこへ舌を差し入れた頃には、熱く火照ったその部分は強い女の匂いを発し、私を今か今かと待ちかまえていました。

色つやといい形といい、未だに生娘のようです。ご主人ともうまくいっていない様子がありありと分かりました。

私は目の前の柔らかな襞を指先でそっとくつろげ、裂け目上部の突端を舌先で優しくいたわってやることにしました。

「ひぃんっ!」

すでに感じ昂ぶった文子さんは、何をしても打てば響くような反応を返してきます。私も気分が高揚して、つい深追いをしそうになってしまいます。しかし、ここから先はもう絶対に許されない領域です。

「あぁ、ちょうだい、ちょうだい!」
「いけない、文子、それだけは! それだけは!」

自分でも劣情に押し流されそうになっていた私は、思わず平手で彼女の尻たぶを引っ叩いていました。

「あぁーッ!」

その途端、思わぬ出来事が起きました。文子さんが絶叫を迸らせて失神してしまったのです。



「ちがうの、痛くて気を失ったんじゃないの、よかったのよ、すごく……こんな感じ、主人との時もなかったわ……」

数分が経って気がついてから、彼女はそう言って私に満足そうな笑みを向けました。

当然のことではありますが、私にとってもこんなことは初めてです。よほど私と文子さんの相性がよかったのだろう、そう思う以外にありませんでした。

それからというもの、私たちは手をかえ品をかえ、いろいろな実験を楽しむようになりました。お尻の他に胸を叩いてみたり、ワキ毛を伸ばしておいて1本1本抜いてみたり。その度に文子さんは心の底からの感動の声を聞かせてくれました。

もちろん、最後の一線だけは絶対に越えないようにと気をつけておりますが、今の私は、文子さんのことをご主人以上に知っているつもりです。痔のほうはあいかわらず……しかし、忘れかけていた男としての喜びが返ってきた以上、大した苦にはならなくなったというのが実情です。

文=匿名希望

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.10.25更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |