女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1980年7月号 読者投稿小説
「女学生エネマ地獄」
作= 原一生

スキャンダルを飯の種にするルポライター・山本和彦が味わう、悪徳にまみれた蜜の味。罠に落ちた女学生を脅迫して行なう、濃厚且つ執拗な加虐の数々とは……。『S&Mスナイパー』1980年7月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全7回に分けてお届けしています。
 | 
【4】地獄の苦しみ

由美は呻いた。

グルグルーッ。グルーッ。

早くも、下腹部が鳴り始めている。

「ううーん。いたいわ。お腹が痛い。たすけて。出ちゃう。トイレに行かせて。あああっ、いや!!」

悲鳴であった。由美の顔面が蒼白になった。全身に悪寒のような、震えが起きはじめた。

由美のピンクのかわいい菊の形をした蕾は、汚物を出すために、花開こうとしていた。それを必死で耐える由美である。カメラのシャッターの音が、一段と高くなったようだ。

「ああっ、だめ。もう、出ろう。ああ、いやいやいやーっ」

シャーツと茶色の水が飛び散った。花火のようである。そしてすぐ菊の蕾が大きく開かれた。やわらかくなった固形物が、ポタリポタリと、尻の割れ目にそって、流れ出した。止めようもなく、次々と流れ出て来るのだった。

由美は顔をしかめ、唇を噛みしめて、涙を流していた。誰にも見せたことのない一番恥ずかしい排泄を、大勢の男たちに見られたことは、由美にとってこの上もなく辛い地獄の苦しみであった。

固形物が一通り出てしまってからも、まだ蕾は開きたがっている。グリセリン液の量が多いので、それらがまだ腸の中に残っているのだろう。ピュッ、ピュッとそのたびに蕾から茶色の水が、時折小さな固形物と一緒に飛び出してきた。

「ああーっ、お腹がいたいっ」

由美は顔をしかめている。男たちはどの顔も紅潮して額に汗をかいていた。そして、満足げであった。

縄をほどかれた由美は、なおもその場を動けなかった。腰が抜けたように、下半身がいうことを利かなかった。痺れていた。

アキラは由美のぐったりした脚を高々と上げ、赤ちゃんのおむつを取り換える恰好にした。尻の割れ目にそって、ティッシュペーパーを当てがった。きれいに汚物を拭き取った。舞台の上の汚物にまみれたビニールを片付け、再び由美をその上に横たえた。由美はぐったりしていた。

自宅に帰ったのは7時過ぎであった。両親にはクラブで遅くなる、といってあるので別に何も言わなかった。しかし顔を合わせたくなかった。部屋にとじ込もって、泣いた。思い出すたびに涙が溢れてきた。まだ腸の中がへんであった。トイレにいっても何も出なかった。出そうな感じがするだけである。


「あっ、あなたは……」

翌日、由美は校門の前で立っていた一人の男性をみて、ハッとした。見覚えのある顔だったのである。

「やあ、こんにちわ」

男は気軽に声をかけてきた。そして名刺を渡した。簡単に用件を説明した。山本和彦、27歳。ルポライターであること。1週間ほど前の秘密クラブについて取材したいこと、などを。

「ちょっとお茶でも飲みながら、話をしたいんですがね」

由美はとにかく山木の後に付いていった。校門の前で、できる話ではなかった。由美は内心怯えた。

200メートルほどいったところに、音楽喫茶があった。2人はそこに入った。店内は人もまばらで、話を聞かれる心配はなさそうである。ウェイトレスが去るのを待って、山本は喋り始めた。 

「いやあ、探しましたよ。まさかほんとうに高校生とは思いませんでしたよ」
「……」

由美は何を言っていいのか、わからなかった。

山本が1週間前の秘密ショーに参加したのは、実はある雑誌社からたのまれて、潜入ルポをするためだったと打ちあけた。きょうはモデルの生活を取材にきた、と言った。

「え、あれを記事にするんですか」

由美は最初のほうしか、聞いていなかった。後は耳に入らなかったのである。

「それが仕事ですからね。だからきょうはあなた個人の、あの時の心境を取材にきたんですよ。あなたが何のためにああいう仕事を、いやアルバイトかな。それを引き受けているのか。いやあ、あれはとても演技とは思えませんでしたがねえ」

山本の質問に由美は顔を紅く染めた。

「演技だなんて……あれは……とにかく記事にするのはやめてください。そういうの、わたし困るんです」

由美はうろたえた。思っても見なかったことだった。

「もちろん匿名にしますが、話してくれませんか。動機とか、その時……つまりあれを出す時の気持ちとかを」
「いやです、お願いだから、記事にしないでください」

由美は泣きそうになって、山本に懇願した。

「それじゃあ、僕の仕事になりませんよ」

山本はたばこを取り出した。灰皿には早くも4本の吸殻が置いてあった。

「そのかわり……私の処女を差し上げます。それで許して」

由美は小さな声で、下を向いて言った。

「え、何だって。あなたまさか。そうですか。ほんとうに処女だとは思わなかったなあ。そういえば……」

山本はショウでの由美の秘部を思い浮かべているようであった。由美は恥ずかしそうに下を向いたますである。

「でも僕は……」
「いえ、どんなことでもします」
「どんなことでも?」

山木は興味ありげに、体をのり出した。

「一晩だけなら……あなたの自由になります」
「一晩……僕の自由に?」

山本は聞き返した。

「そう、何でもします。でも約束して。記事にしないって」
「わかった、約束しよう」

由美はまた、地獄の苦しみを味わうのだろうかと思った。一瞬悪寒がした。しかし、この前のに比較すれば、どんなことでも耐えられそうに思えた。 
(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.03.30更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |