女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1980年7月号 読者投稿小説
「女学生エネマ地獄」
作= 原一生

スキャンダルを飯の種にするルポライター・山本和彦が味わう、悪徳にまみれた蜜の味。罠に落ちた女学生を脅迫して行なう、濃厚且つ執拗な加虐の数々とは……。『S&Mスナイパー』1980年7月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全7回に分けてお届けします。
 | 
【1】曖昧な言葉

山本和彦はフリーのルポライターである。しかし、今の世の中、山本のような新人はまじめなルポルタージュでは生活するだけの仕事の依頼がない。

大学を卒業した山本は、二流どころの出版社である春冬社に就職した。そしてそこのドル箱的大衆雑誌『週刊スキャンダル』の記者として、芸能界、スポーツ界の裏の記事、つまりスキャンダルを担当した。3年ほどそこで仕事をした山本和彦は、その経験を生かし、フリーのルポライターになった。

名もないルポライターは、フリーになるととたんに仕事がなくなるものだが、山本の場合、陰の仕事が生活を支えていた。名声を高める意志のない山本は、世の中の陰にこもった部分を、遠慮なく記事にする。露骨な表現も敢えて拒まない。そんな記事に世間は興味を示すのだろう、フリーになって2年経つが、次から次と依頼がくる。

記者仲間の中には、山本を批判する者も多い。だが彼は恥部に潜入し、書きまくる。

時々、山木の追求を受けた者が、金で女で記事を買い取ろとする。そんな時は記者にあるまじき取り引きを、条件如何によってする。

そういうことが、山本和彦のいい暮らしを保障しているのである。

芸能関係という仕事柄、取引きの条件は金と女の両方が多い。新人の歌手に金を持たせて処女をどうぞ、と電話で連絡してくるプロダクションもある。また、今をときめく流行歌手のスキャンダルともなると、本人が取り引きにくることもある。

そういう場合、山木和彦は、相手が性体験豊富な歌手なので普通のセックスでは取り引きに応じない。弱みを握られたプロダクション側は、社長自ら山本の要求を女たちに説明して、結局山本の意のままになるのである。

去年新人賞を取った、19歳の歌手M子の場合もそうである。彼女の高校生時代の不良行為を記事にすると、暗にプロダクション側に伝えたところ、さっそく山本のマンションにM子がきた。仕事の依頼者には悪いが、山本和彦は生活を豊かにするために取り引きに応じたのである。

M子は1人の無名の男性を連れてきた。それが取り引きの条件である。

山本は彼らに自分の眼の前でセックスをするように命じた。途中で山本は、M子のアヌスにイチヂク浣腸を注入した。30ccの浣腸を2個注入されて、M子は男とセックスするわけである。

便意をがまんしてM子は一所懸命にセックスする。早く男をいかせないと、自分が排泄しなければならない。トイレ以外の場所で、しかも2人の男性の眼の前で排泄をするなど、耐えられない。

結局、M子は山本の見ている前で、男とセックスをしながら、泣きわめき、汚物を出してしまった。こんなことは、それこそいいスキャンダルの種である。

“新入賞歌手「M子」、ルポライターのマンションで無名歌手とセックス中、たれ流し”

そんな「M子」は山本にとって懐かしい女だった――。


「ねえ、この前のこと記事にしない約束、ちゃんと守ってくれるわネ」

浜木由美は、山本和彦の首に両腕をまわして、甘ったるい声でそう言った。

「ああ、約束するさ。しかしこれから俺のすることに、君は耐えられるかな」

やや皮肉っぽく由美の眼をみながら、山本は彼女の湯上がりの悩ましい裸の腰に手を差しのべて言った。

まだ乳房は未発達だった。

「それどういう意味」

由美は一瞬ハッとした表情になり、山本の顔を凝視した。

「俺の部屋に来て、一晩俺のなすがままになる。それが条件のはずだったと思うがね」
「それは……そうだけど」
「じゃあ約束どおり、そうさせてもらうよ」

腰から手を離してそう言うと、由美も首にまわしていた両腕を山本から外して、恥ずかしそうに両方の乳房を隠した。

陰毛もかなり薄いほうである。真ん中の亀裂がよくわかった。

「ちょっとそこで待ってな。何も身に付けちゃだめだ。ま、棚の中にブランデーが入ってるから、飲めるんだったら、それでも飲んでなよ」
「……いただくわ」

由美は豊かな尻を山本のほうに向けると、棚からブランデーとグラスを出した。振り返った時、山本を睨んだような恰好になったが、すぐ傍らのソファに腰を下ろし、グラスにブランデーを注ぐ。

それを見届けると、山本和彦は隣の寝室に入った。そしてシングルのベッドが置いてあるだけの8畳の部屋の押し入れを開けて、中に入っているダンボール箱を取り出した。

みかん箱ぐらいのダンボール箱の中には、大人のおもちゃ類がいっぱい入っている。その中から山本は、これから使用するものを数種類選んだ。

山本和彦にとって、一番の楽しみが、これから始められるのである。

浜木由美は、池袋にある私立T女子高校の3年生である。まわりの友だちはもうみんな性体験をしたという者ばかりであった。遅い者でも、今年の夏休みにキャンプ地や、海水浴場で男性と関係を持ち、ほとんどが「女」になっていた。

相手の男性も高校生から35歳ぐらいのサラリーマンまで、様々である。ほとんどが、その時だけの交際であった。

9月に入ってから、由美の友だちは彼女に早く「女」になりなさいよ、とたびたび言うようになった。何としても高校時代に一人前にならなければ……と恥ずかしい気持ちになった由美は、その機会を待ちこがれていた。

そんな毎日がつづいた10月の下旬のことである。由美の友だちの1人の裕子が、ある男子校の生徒を彼女に紹介した。アキラと名のった男子生徒は、裕子の最初の男であるらしい。

ハンサムな好感の持てそうなその男は、由美の好みのタイプでもあった。

「今度の土曜日に、パーティをやるんだ。君も参加しなよ」

とアキラは由美と2人になった時、言った。

「パーティって何の」

由美は好奇心を押さえて、アキラに一応訊ねてみた。

「みんなが集まるだけだよ。そこの仲間に君を紹介して……君がパーティの中心になるんだ。モデルみたいにみんなの中心になって……わかるだろう」

アキラは何となく言葉を曖昧にした。

「モデルって、何の?」
「ただ単なる中心人物ってことさ。そこで君はじっとしていればいいさ。行くだろう?」

浜木由美はそれ以上深く追求せずに、「じっとしてればいいのね、行くわ」

と承諾した。
(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.03.08更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |