ミストレスランド 2 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1981年12月号 読者体験手記
「山寺での緊縛」
告白= 峠一秋
マニア男性が体験したスリリングな野外撮影。女性を口説いて実現にこぎつけるまでの繊細な心の動き、撮影現場での緊張とハプニング……。『S&Mスナイパー』1981年12月号に掲載されたリアルな体験談を、再編集の上で全4回に分けてお届けしています。今回が最終回です。
 | 
無言の意味

仁王さまの恐ろしい顔を背景にシャッターを切りつづけていると、何となく後ろに人の気配を感じた。急いで振りかえってみると、ゆるい長い石段をアベックが登ってくるではないか。

私はうろたえた。

カメラを地面に置いてエミのところへかけ寄り、それを告げた。

このときエミは仁王さまのほうに向かって、後手の手首をカメラ側にむけたポーズで立たされていたのである。

いつも準備してあるマントはいま、本堂の前で着がえたところに置いてあって、取りに行くわけにもいかない。

猿轡だけを鼻から下へずらせてやって、背中の後手の部分が見えないように、エミの後ろからかい抱くようにして、小走りに本堂への石段を急いだ。

このときには、もうアベックは、すく背後まで来ていたのである。

見られたに違いない。エミは後手のままであるから、急いでもバランスが悪くて歩きづらいので、つい抱いて走ったような有り様であった。

ここでマントをエミに巻きつけてやり、さらに本堂の裏まで走った。途中、くもの巣が顔にくっついて、とても気持ちが悪かったのだけれど仕方がなかった。

人目のないところでロープを解いてやって、エミの洋服をとって来てやろうと、お堂の濡れ縁ぞいに歩いて出た。 ところが突然、アベックの男が、「忘れものですよ」と、私のカメラを差し出してくれたのだ。

礼を言って受け取ったものの、明らかに、事情を知ったような顔つきであった。

エミの下着や洋服をひとまとめにしてからシートに包みこみ、カメラのケースを脇にかかえて通りすぎようとしたが、アベックの女性のほうは、恥ずかしい様子をして、とても私のほうを見るどころではない雰囲気であった。

ただ、男のほうは、じっと見送りながら、にんまりとしているようにも受けとれた。

それもそのはず、エミのブラジャーの紐とか使い残しのロープの端などが、抱えているシートの周囲から、たれ下がっていて、だれが見てもそれとわかる有り様であったから、にんまりも無理のないところであったろう。

本堂の裏側の縁側では、エミが小さくなってうずくまりながら、ふるえて待っていた。

「見られたようだよ、すっかり」
「恥ずかしいわ……わたし……」
「悪かったよ、よく気をつけていればよかったのに、ついポーズにばかり気を取られていたから」
「いいのよ。気にしないで」

エミはこう言いながら下着を順につけてゆき、足についた土をはらい落として、ストッキングを穿いたやっと安心したのか、一寸だけにっこりとして、私の顔をのぞくように見上げた。

近江八幡の町はずれを少し入った空地でしばらく待たされたあと、エミは大きなバッグを二つ持って、小走りに出てきた。

山寺を出た時からずっと無言で、行き先を言う以外には、ほとんど一言も口をきかないままここまで来ている。

名神高速に入って、快調に走りだしてから、少しだけ話をした。

「エミ、痛かったかい」
「……」
「エミ、気分でも悪いのか」
「いえ、なんでもないの」
「どうしてそんなに黙ってるの」
「どうしてって、あんまり、いろんなことがあったから、今一寸気持ちが整理できないみたい。ごめんね……」

それでも二、三の会話から、エミは決して今日のプレイにこりている様子ではないし、上手にリードすればM女として育てられるのではないかとも私には考えられた。

文=峠一秋

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室
【1月】>>>【2月】>>>【3月】>>>【4月】>>>【5月】>>>【6月】>>>【7月】>>>【8月】>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.03.01更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |