女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
WEBスナイアーカイブスセレクション  特選AVレビュー『おぼこ娘に手を出す前の覚悟と昂ぶり(バルタン)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【6】矢と愛
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第5講 浣腸器製作法【1】
イキたい盛りのボディが痙攣エビ反りトルネード!『チャレンジ!タイマー電マ あや』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【6】『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『再婚相手の連れ子』(思春期.com)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【8】どうか笑わないで
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『スペルマ妖精20 美女の精飲 川崎亜里沙』(S.P.C)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【6】
リアルな「エロ拷問」で連続マジイキする敏感度MAXボディ『チャレンジ!タイマー電マ まい りこ いぶ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【5】飛田新地
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ネトカノ-柊るい-』(TMA)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第4講 尻穴覗き製作の極意【3】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『食べられる女 養女・宮原愛子 星奈あい』(FAプロ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【5】「さくらだくん」著者=れゐぢ(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー 『ひとつ屋根の下...目があうとサルのように無言で求め始める性欲悪魔な姉と弟の不埒な日常。枢木あおい』(クリスタル映像)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【7】ひろげてくれない太腿
ベロが口から飛び出して白目剥いちゃってガチンコ感情崩壊『チャレンジ!タイマー電マ くるみ うい さな』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ヒロイン討伐Vol.81 ~カイザーイエロー 打ち砕かれたプライド~』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
腸内環境を自力で整える方法(大洋図書)
giri giri SP Vol.10(大洋図書)
よろめきSP Vol.18(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2021年3月号(大洋図書)
君の隣で眠る理由(大洋図書)
千夜に咲え(大洋図書)
いろいろつれづれ(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年3月号(大洋図書)
花と蜜SP Vol.17(ワイレア出版)
28日間で「上品な大人の女性」に生まれ変われる(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1981年12月号 読者体験手記
「山寺での緊縛」
作= 峠一秋

マニア男性が体験したスリリングな野外撮影。女性を口説いて実現にこぎつけるまでの繊細な心の動き、撮影現場での緊張とハプニング……。『S&Mスナイパー』1981年12月号に掲載されたリアルな体験談を、再編集の上で全4回に分けてお届けしています。
 | 
哀れな姿

彦根駅前のプロムナードで車を止めて待っているが、約束よりも10分過ぎているのに来ない。一夜考えてみて、昨夜は酔ってもいたし、考えが変わったのだろうか。

といって昨夜のスナックへ、どうなったか聞きに行くわけにもいかない。そんなことを考えていると、エミが横断歩道を小走りに渡ってくるのが見えた。

名神高速道路を一路西へ走らせる車中で、私はエミに言った。

「エミちゃん、無理を聞いてくれてありがとう。写真撮らせてもらったら何かお礼をしたいけど、ほしいものがあれば言ってごらん」
「お礼なんか、いらないわ。でも写真ができたら頂戴ね」

エミは言った。 陽も斜めに傾き、涼しい風も吹いてきた。ロケ予定の山寺まではもう少しの距離であるから、エミにその旨言って車を走らせた。

ロケ現場に着くと、私は、さっそくトランクから緊縛用のロープと、カメラの入ったケースを出してきて、一緒に来るように、エミをうながして歩き出した。

林の中のゆるい登りの石段は、下草とこけなどで濡れているような感じであった。

まだ暗くなってくる時刻でもないと思っていたのに、茂み深い森の中でもあり、山門のあたりはすでに写真撮影の限界を通りこした暗さになりつつあった。

お堂の前の、地面の乾いたところを選んでシートを広げ、この場所でエミに洋服を脱ぐように命して、縄の準備にかかった。

エミは、スリップの紐に手をかけて、ためらいながら私のほうを振りかえって、「全部脱ぐの……」と、上目遣いに聞く。

「お堂や石灯籠の前でのスリッフ姿は、あまりマッチしないと思うけれどな」
「でも裸はいやよ」
「だからこれを湯文字のかわりに腰に巻いて、ムードを作るんだよ」

そう言いながら白い半透明のビニールシーツを手渡してやると、少しはにかみながら、スリップの上から巻いてみて、またも私の顔を見ながら、ためらっている。

早くしないと人が来ても困るし、暗くなってくるから、私としては急ぎたかった。言葉も少し荒々しくなってきながら、スリップを脱がせ、後手に皮手錠を取り付けてやる。と、エミは急におとなしくなり、いわれる通りに膝をついて、縄のかけやすい姿勢をとった。

工ミの身体は、もうどうにでもして下さい、と言っているようにも思えてきたりした。 

胸の上下と二の腕にロープをかけてから、縄尻を首の両側を通して後ろ側へ渡し、その端を後手首にかけて吊り上げたから、両方の後手は見事に高手小手となってしまった。

ごく薄い黒い色のゴム布を、口にかけて締め上げ、二回巻いたあと、鼻にもかけて顔半分に猿轡をかけ終わった。

エミは大変苦しいらしく、両肩で大きな息をくりかえしながら、「ムム……」と呻いて、首を左右に振って助けを求めてきた。

「そうだよエミ、猿轡は苦しいものなんだ」

苦しいわけである。ゴムは通気性がないのだから、これで鼻も口も閉じられたのでは、呼吸ができないわけである。

鼻の両側に指をさし入れて、ゴム布を前へ伸ばしてやり、その間に息をさせてやるのであるが、手を放すとまたゴムは締まって息ができず、苦しくなるのである。

つまり後手に縛り上げられて自由を奪われたエミは、もう今は呼吸の自由もないのである。それは完全に私の思い通りになるということであり、どんな要求にも従うしかないということだ。

一寸でも抵抗をしようとすると、もう息をさせてもらえないかも知れないのである。

時々、猿轡のすき間から呼吸をさせてやりながら、お堂の濡れ縁に座らせて、正座した足にもロープをかけ、私は何枚かのシャッターを切って緊縛写真を撮りつづけた。

エミは何度も呻きながら、首を激しく左右に振り、猿轡をとってくれと言っている様子であった。苦しいに違いない。濡れ縁と段柱の撮影を終わってから、私はゴム布の猿轡だけ下へずらせてやった。が、まだ口は閉じられているので、言葉は話せない。

夕暮れが、迫ってきたのであろう、撮影のほうも大分、やりにくい状態になってきていた。

森の中は静かである。私たち二人の他には、誰も居ない。時々、鳥の鳴き声が遠く近く聞こえてくるだけである。夜中ならとてもうす気味悪いであろう、古寺のたたずまいである。

夜間撮影の緊縛写真なら、これまでたくさんの機会があっていろいろなポーズのものも実際モノにしている私だったが、背景の写っているものを、どうしても撮りたかったのである。

私はエミに命じて本堂下の石灯籠を背景にして、地面へ正座するポーズをとらせようとしたが、これまた、なかなか座らない。おそらくエミにしても、裸の姿で地面へ正座するのは生まれて初めてに違いない。

先程、鼻の部分だけ許してやった生ゴムの猿轡を、もう一度呼吸のできない位置に掛けなおしてやってから、さらに残っているロープを鞭がわりにして、尻を打ってやった。

するとエミは、とうとう正座して、ゆっくりと首を振り、猿轡を外してほしいようなジェスチャーを示し始めた。

私はそれでも鼻の部分のゴムをすこし持ち上げ、しばらく息を吸わせてやってから、また呼吸のできない状態にもどし、手早く何枚かのシャッターを切ったのである。

「さぁ立て」

もう私の言葉は、荒々しくなっている。

「ムム……」

どうやら、もう許して下さい、と言っている様子であるが、私のほうは山門のところにある仁王さまの前で二、三枚撮りたいので、場所を移動することにした。

「立て、さぁ歩け」
「ムム……」

いくら薄暗くなっている山寺の森のなかとはいえ、エミは全裸のうえに半透明の小さなビニールの薄い布を一枚、腰に巻きつけているだけの姿なのである。ぬるぬるした山土と、苔の生えた本堂前の石段を、裸足でしかも後手猿轡の見るもあわれな姿で、歩かされているのである。

加えてごくわずかに洩れてくる空気以外には呼吸も自由にならないのだ。

エミは緊縛写真のモデルを引きうける気持ちになった昨夜、このような哀れな姿の自分を、しかも息すらも自由にならない、この自分の今の姿と苦しさを想像しただろうか。

私はエミを山門の太い柱に縛りつけて何枚かのシャッターを切り、さらに山土のベトベトした地面へ正座させて、写真を撮りつづけた。

(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室
【1月】>>>【2月】>>>【3月】>>>【4月】>>>【5月】>>>【6月】>>>【7月】>>>【8月】>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
11.02.22更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |