本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
1980年9月号「読者プレイ報告 デカ尻調教記」
告白=久留島幸造
たっぷりとした滑らかなヒップとはかくも豊穣で味わい深いものだったのか……。「デカ尻」の魅力に憑かれた男が語る、その美味しい責め方・食し方とは。『S&Mスナイパー』1980年9月号に掲載された読者告白手記を再編集の上で紹介。アブノーマルな感性を駆使して試される生々しい羞恥調教の実体験報告を全4回に分けて掲載しています。
 | 
【2】 臀肉の魅力

もっともこの煙草責めは私のプレイの、ほんの序ノ口である。夏休みは長く、私の冴子のデカ尻責めは毎日、いろいろと趣向を変えておこなうのだ。私はそれがたのしみで軽井沢まで冴子をつれてきた。

こういうのもおこがましいが、私はサディストといっても暴力団でもなく、やくざ者でもない。昔もいまもそうである。四十三歳、私はこれでも東京に会社を持つ貿易商である。

主に東南アジアと魚介類の貿易をやっているが、社員も十数人いてまあまあの中小企業である。私は若いときのガリ勉が崇ってか、身体の発育がわるく、160センチ、50キロしかない。また顔も美男とは縁遠く、女性にモテなかった。私がたとえ中小企業でも社長になれたのはそんな劣等感が奮起をさせてくれたせいだ。

小男で醜男の私がさらに困っているのは、この二、三年来、突然、インポになってしまったことだ。それまでもセックスが弱く、だから私は独身でいたのだが、まったく出来なくなってしまった。エレクトはするがインサートできないのだ。そのエレクトもまともな手段では駄目なのである。たったひとつ、私を興奮させるのは乳房でも、性器でもなく、女性の臀部を責めることだった。それもまともな大きさではいけない。デカ尻でないと私は燃えず、エレクトしない。私はそのために千葉栄町や、西川口のトルコへでかけてはデカ尻の女たちを責め、辛うじて欲望を満足させていたのだ。

しかしトルコ嬢というのは諸君もご存知のように肥満体の女は少ない。まるで美人の条件は痩せてることだというように、浅丘ルリ子型が多いのだ。したがって尻もどうしても小さく、私の欲情を満たす相手はいないのだった。

やむなく私はトルコ遊びをやめ、素人を相手にすることにした。そして素人女の中にびっくりするほどのデカ尻がいることを発見した。つけ加えておくが、いくら私がデカ尻女を好むといっても、ぶよぶよとした肉質の女は好まない。

肥満体の女はたいていそうで私の好みではない。私の理想とするのは相当な美人であって、痩せていても臀部だけ大きい女なのだ。臀肉はしこしことキメこまかく、また臀型もまろやかな果実型がよく、出っ尻や、垂れ尻では興奮しないのだ。我侭なようだが、相当、相手に対する条件はきびしい。

ではこんな女は現実にいないかというと結構いるのだ。服をつけているときは小さいが、脱ぐと意外なほどデカ尻の女はかなりいる。着痩せするタイプの女は、みんなそうだった。着ているときはナヨナヨと上品でも裸になるとルノワールの裸婦のようになるデカ尻女はいっぱいいる。

どうしてわかるかというと、たとえば夏の湘南海岸や、大洗海岸をあるいてみればいい。水着姿の豊満な女たちは、着ているときはそれほどの肉体に見えない。たとえば最近、ハダカになった松坂慶子や佐久間良子など、よく見るとかなりデカ尻なのだ。

ただ女優は体をよく動かすので、肉質はぶよぶよではなく、しこしこと硬肉である。よく締まっていて出っ尻でないから、そう大きくは見えぬが相当なサイズである。ウエスト60センチ、ヒップ90センチという女性タレントはいっぱいいる。

こういうデカ尻の女たちを見ると、私はいつも責めてやるか、痛めつけてやるかというあらぬ空想に胸がときめくのであった。私の経営している会社でも、毎年、新しい女事務員を採用するが、私は面接試験では頭よりも何よりも臀型をポイントとした。デカ尻の女を採用し、そばにおく。そんな女たちを並べておいて、鑑賞しながら仕事をするのはまことに楽しい限りだった。

そしてときどき打診する。鑑賞するだけで私は物足らなくなり、ぜひ責めてみたくなるからだ。

「私とつきあわないか」

ずばりと私はアプローチする。その点、私は独身なので有利である。小男で美男子でなくても、現代のOLは割り切ってモノを考える。“社長夫人”もまた、彼女たちにとってひとつの打算かも知れない。

「まじめにつきあって貰えるんですか」

三人に二人は私の言葉に対して、そう返事をした。

「そういわれると困るが、私としてはまじめなつもりだ」

私は言って食事に誘い、飲ましてから告げたものだ。

「きみのお尻を責めたいんだ」

こういう時は余計な表現はいけない。単刀直入がいいのである。

「えっ……」

誰もが顔色を変える。まっ赤になる女も、まっ青になる女もいる。けらけらと笑いとばす娘も、悲鳴をあげて拒否する娘もいる。しかし三人に一人は「社長さんが言うのなら……」となんとなく了解した。

そこで私は喜び勇み、ホテルへつれていってプレイの序奏にはいる。もちろん、セックスはできない。セックスが目的でなく、彼女たちのまろやかなデカ尻をアノ手コノ手で責めまくるのが目的なのだった。

私の責めはしつこく、ねちねちと、くどかった。たいていの女は悲鳴をあげた。そして何回かのプレイの果て、会社を辞めていくのだった。

私に対してのあらぬ風評がおきないのは、私が相当、慎重に行動したことと、彼女らに相応のギャラを支払ったからだった。

「社長さんって変なひと……」

彼女たちはギャラを受けとり、私から去っていった。私はもっと長くつづけたがったのだが、むこうが私を避けるのでやむを得なかったのだ。だが世の中はひろい。私の臀部責めに興奮するマゾ女性も何人かいた。

中には浣腸を待つ女もいた。

断わっておくが私は浣腸は苦手なのだ。なぜかというとよくわからないが、性に合わない。臀丘そのものを責める私にとって、アヌスはその象徴としての存在なのであった。

「浣腸はやらないんだ」

私はそう言って断わったこともある。

こういう性癖をよく知ってくれる女ほどありがたいものはない。たとえばいま、私のプレイの相手になっている鳴沢冴子はそのひとりであった。

彼女は昨年春に人社した。K短大卒で英語が達者、スチュワーデスを志望したこともある美人である。いまの女優でいえばちょっとバタ臭い感じの、梶芽衣子に似ている。もっとも彼女より十歳以上若く、今年二十歳、いまが女の匂う盛りと言えようか。

私は冴子のデカ尻に惚れ込んだ。採用すると私は彼女を「海外資料室担当」とした。この仕事は海外貿易の情報資料をセレクトする閑職で、時間の余裕が多い。私は彼女のデカ尻をたっぷり責める作戦を、こうして昨年からたてた。

この春につづき、夏も私は冴子を軽井沢へ“研修”の名目で呼び寄せた。因果を含めてあり、彼女はためらいながらも私の別荘で起居することになる。その豊満なデカ尻を私に責められてもらうために……。

(続く)

関連記事

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1981年9月号 読者告白「エネマ・レイプ 隣室の受浣者」
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
09.12.01更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |