worldcryptobinary 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
1980年9月号 読者プレイ報告「デカ尻調教記」
告白=久留島幸造
たっぷりとした滑らかなヒップとはかくも豊穣で味わい深いものだったのか……。「デカ尻」の魅力に憑かれた男が語る、その美味しい責め方・食し方とは。『S&Mスナイパー』1980年9月号に掲載された読者告白手記を再編集の上で紹介。アブノーマルな感性を駆使して試される生々しい羞恥調教の実体験報告、今夜が最終回です。
 | 
【4】 三毛猪の舌

「やさしくして……」

冴子はシャンプーの匂いの残るロングヘアーを、肩先で雅に左右へ揺すっていった。

「わかっているよ」

私は彼女からタオルをすこしずつ剥ぎとり答える。キメのこまかな匂うような若肌が、少しずつ肩先からあらわとなり、それはウエストのところで引っかかる。前後左右、みごとに張った巨大な臀丘が、夕オルを支えているのだった。

「きょうはひときわデカいぞ」

私は冴子の両手首をしっかと縛ってから、ぱっとタオルをめくってやる。

「乱暴しないで……」

やはり、思ったとおりデカ尻をピッカピカに磨いていた。下着をつけない臀丘は、ワレ目の部分に翳りをつくり、初々しく呼吸していた。ポトポトと湯の玉が臀丘のスロープにたまっている。私は唇をつけてちゅうちゅう吸う。甘酸っぱい味に私の舌先は、とろけていくようだ。

「横になるんだ!」

私は縄尻を引いて命ずる。

「電気を消して……」

冴子は双眸をつむり訴える。

「ここにいるのはきみと私だけだよ。恥ずかしがることはないだろう」
「でも……」
「でももなにもないよ。さあ、たっぷり痛めつけてやるよ」

どたっと横になった冴子のデカ尻を撫でながら私は言う。

「きゃ……」

冴子は小さく叫ぶ。私の手の指が双臀の肉を割ると、彼女はやや体をうつむき加減にした。真横では菊花がまともに見えない。体位を変えることで、まともに私に見てもらおうとの媚態が感じられた。

「うん、いい子だ、いい子だ」

私は膝の上に冴子のデカ尻を横たえて、じっくりと検分する。一見、母親が子供の耳掃除するポーズであるが、違うのは膝の上の彼女のデカ尻である。それは私には小山のように見えた。しかも相当な重量で私は押し潰されそうなのだ。

「見ちゃいや……」

冴子は私に菊花を覗かれることに、はげしいマゾ的興奮をおぼえ、呼吸はいよいよ乱れてくる。

「ばっちいな。きょうはお通じがあったのかな」

わずかに秘毛の叢生する菊花を指でこじあけながら、私はじっと見つめて嗅いだ。

「あーっ」

冴子が叫ぶ。

私はそこにマタタビの粉をいっぱいこすりつけた。湿気の多い部分だけに粉はまんべんなく吸着した。

ニャー……。

三毛猫が匂いを嗅ぎつけてそばへ寄ってきた。

「ふふ……いま、舐めさせてやるからな……」

私は興奮しながら猫の首を押さえつける。

「きゃっ……」

冴子が悲鳴をあげた。

「静かにしなさい……ばっちいところをお掃除させてやるんだ」

私は猫をはなす。彼は大好物のマタタビを長い舌を這わせてしゃぶりだした。

「あっ……」

冴子はたちまち、あばれだした。

「しずかに……」
「やめて……」

私の実験はみごとに成功した。三毛猫のざらざらした長い舌が、彼女の菊花に割り込んであたりを掃除しはじめたのだ。

おなじ舌といっても人間のものと、猫のそれとはだいぶ違う。舐めるだけでも触覚が段違いなのだった。たとえば私が冴子の臀丘にマタタビの粉をまくと、そこを猫が舐める。舐めたあとはまるでナメクジが通った痕みたいに、紫色に変色していやらしく銀光りしていた。きっとなんともいえぬ淫靡な感触なのだろう。

「やめて……やめて……」

冴子は七転八倒する。私は上から押さえつける。こんなに抵抗されると人間なら、どんなサディストでも手を弛めるはずだ。しかし動物のあさましさ、三毛猫は一粒のマタタビも残すまいと舌を割り込ませるのだ。しかも猫の爪が双臀に引っかかり、赤い血の痕が点々と彩った。

「うっ……」

私は冴子が泣きわめくさまを見て、はげしく興奮した。私の下着はにじみでる体液で、じっとりと濡れて汚れる。インポ特有の“性反応”であるが、それだけに陰湿な快感となって私の全身はおののくのだ。

「やめて……」

冴子の大粒の涙を拭いてやりながら、私はもう身のおきどころなく興奮した。三毛猫を使ってのプレイは約三十分つづいた。それ以上はとても正視できなく、さすがの私もこの異常プレイにピリオドを打ったのだ。

それでも冴子のデカ尻は猫の唾液と、掻き傷と、そして毛でごてごてになっていた。

「あ……怖かった……」

プレイが終わったあとの彼女は、私を怨みがましく見つめて嘆息した。

「少しやりすぎたかな」

私がつぶやくと、

「怖い……もう猫はやめて。ほかのプレイならなんでも我慢しますから……」

また大粒の涙を頬に流して冴子はいう。

「なにいってるんだ……ばっちいところがきれいになったんだからいいじゃないか。きっと明日にはお通じがよくなるよ」

私はそういって笑い、デカ尻にキスしてやった。

この夏休み、私はたっぷり時間をかけて冴子のデカ尻を調教するつもりでいる。東京へ帰ったらこれほど大胆なプレイは、そうできないのだから。じつはいま、私が考えている次のアイデアはもっと大型の動物に冴子のデカ尻を責めさせることである。

たとえばグレートデンなんかはどうであろうか。あの大型犬の舌は三毛猫よりずっと大きいからいちだんと迫力が増すはずだ。だがひとつ困ったことがある。

万一、その大型犬が冴子に「惚れて」しまったら……。「欲情」してしまったら……。気違いめいた発想だが、それを思うと私は嫉妬で胸を潰されそうだ。

私は冴子を愛している。彼女の巨臀は私の独占物にしたい。しかし大型犬を使って、こってりと責めてみたい。“二律背反”というか、そんなジレンマにおちいっている私なのだ。いまも私は彼女のデカ尻を前に、どうしてよいか思い悩んでいるのだ。

文=久留島幸造

関連記事

スナイパーアーカイブ・ギャラリー 1981年9月号 読者告白「エネマ・レイプ 隣室の受浣者」
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

「あぶらいふ」新着投稿作品展示室>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
09.12.09更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |