女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
「満月の夜の吊り責め」 」
投稿者= 兵庫県尼崎市 志賀妖一(仮名)

両足にかけられた足枷の皮錠に通した縄を引き締め、吊り環にかけて引き上げてゆきますと、髪の毛は乳房をはなれて、はらはらと散りながら苦しそうに噛まされた猿轡の上へ。さらに喘ぎながらうごめいているその顎の上へと、流れ落ちてゆくのです――。深夜に野外で愛妻を責める悦びを描いた、志賀妖一(仮名)による流麗な文章で彩られた力作投稿作品 。後編です。
 | 
後編 夜明け前

私のこのような吊り責めは、一年ぐらい前から始めたのでした。

吊りの初めは、ただ後手の背がけの縄を木の枝にかけて、つま先立ちからほんの少しだけ地面を離れているだけでしたし、時間もほんの数分間ぐらいのものでした。やがてだんだんと高く吊り上げ、より強烈な苦しみも充分に与えるはげしい吊り責めとなり、そうして逆さ吊りへとなってゆき、野外での吊り責めへと発展していったのです。

今夜の責めなどは、吊り上げておいて鞭打ちを与えるという、最も恐ろしいものになってきているのです。逆さ吊りでも足首だけで吊る本格的な責めと、髪の毛だけで吊る髪の毛吊り責めなど、そのすべてが厳重な、後手高小手緯りのうえで行なうのです。しかも息すらも自由にできないような、ゴムとかビニール布製の猿轡や緘口具などをかけてのものなのです。それは失神するまで、責め上げてゆくほどになってきているのです。

今夜の責めも、はや夜半をすでにまわった時間になっていますから、吊り責めがはじまってから、もう三時間以上も経過しているのです。玲子ははやくも失神したような様子なので、私は滑車の止め縄をゆるめて枝から降ろしてやり、地面にころがしてやがて正座をさせてやりました。

咽喉の音がはげしいので猿轡だけは外してやりましたところ、

「ゆるして……」
「もう許して下さい……」

と、玲子は後手縛りの姿のままの、不自由な体を揺らせて言うのでした。もう夜中の寒さも何も感じないのでしょうけれども、肩に触れてみますと氷のように冷え切っていました。

私はとりあえず前手錠の姿に直してやり、鎖をかけてゴム引き布のマントを羽織らせてやりました。

ごく薄く刷毛ではいたような雲が、月面を音もなく流れてゆきました。林の切れ目の小さな木立ちに見えかくれして、山の小径脇にある小さな地蔵さんを照らし出していました。

岩の上に正座させられた手錠姿の玲子は、にぶい月の光にゴム引き布をぶるぶると震わせて、寒さに耐えているような有様でした。

玲子は皮とかゴムやビニール、ゴム引き布のような防水性で通気性のないものが直接肌にふれる感触が、たまらなく好きなようです。このことは口に出しては言いませんけれど、この種のフェチになってきていることは間違いない事実のようです。縄や鎖での責めの味は、長い教育の期間耐えてきて、今ではかなりの強烈な責めにも何とかついて来るようになっています。

私は月に一度ぐらいは野外での責めや、責め場面の写真のロケなどに縄付きの姿のままで連れ出し、手錠姿のままで昼間歩かせたりもするのです。

月の光の下、こんな思い出に酔っていましたが、じっとしていると寒いようなので、岩室(いわむろ)にとじこめる、次の責めに場所を移動することにしました。やはり裸足のままで、全裸のまま前手錠の姿で歩かせることにします。

ちょうど玲子が座って入れるかどうかぐらいの大きさの岩室があり、以前なにかの仏さまがまつられていたと思われるところです。

ところが今では、誰かに石仏か何かが持ち去られ、単なる岩室となっているのです。その前の広いところで後手姿に縛り直してから、その体をかかえ上げて岩室の中へ入れてやりました。ちょうど正座して、頭の先端が天井に一ぱいの箱のように見えます。

前向きの姿、横向きの縄姿、つぎは後手首に縄の充分見えるように、などと順ぐりに写真を撮ってゆきますが、何しろ岩の荒れ床の上に裸のままの姿ですから、玲子は痛さに耐えられず姿勢の変更を命じられるたびに、猿轡の下から呻き声を洩らして必死に耐えているようでした。

木々の間から見えかくれしていた街の灯もめっきりとその数が減ってきて、もうほとんどの人々は深いねむりに入っているのでしょうか。静かというよりも、むしろ幽すいな感じさえするこの山の中にも、さらに一層、月が冴えてきて寒さもひとしお加わってきたようです。

白い石地蔵なども、何か不気味に見えはじめてきました。東の空がしらんでくるまでには、何時間もかからないでしょう。





岩室の中にとじこめておいた玲子も、もう許してやることにします。

やはり裸足のままですが、手錠と両足首を鎖の短いのでつないで、歩かせました。

歩くたびごとに、鎖のふれ合う金属音が聞こえ、それにはゴム引き布のマントのゆれ動く音が入りまじっているのです。私は静かな林の小径を車の止めてある山門のところまで下りながら、そのサディスティックな音を楽しんだのでした。

月は西の空に回っていました。私は車の駐車灯が見える右段の上まで来てから玲子の猿轡を外してやりましたが、鎖につながれたままの手を顔に上げて撫でまわしているだけで、なにひとつ声も出さず、静かにゆっくりと歩いて下りました。玲子はもちろん、私も言葉ひとつ出ないほどに疲れ切っていたのでしょう。

帰り道の間もなく東空のしらんでくるらしい夜明け前の国道を走りながら、玲子にきいてみました。

「苦しかったか?」
「今夜は死ぬかと思った……」
「そんなに苦しかったのか……」
「そうよ……今までのうちで、 一番くるしかったワ……」

それから、玲子はつづけてこうも言ったのです。

「でも楽しかったわ……とても苦しかっただけに、よけいに……」

月はまだ西の空に、その姿をはっきりと残しておりました。

投稿者=志賀妖一(仮名)


関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】


mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!

http://sniper.jp/i/

 | 
09.10.04更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |