ミストレスランド 1 本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
S&Msniper special archives gallery.
『S&Mスナイパー』1982年12月号 読者投稿小説
「H感覚な午後」
作= 大沼正
好奇心旺盛でちょっとHな19歳の女の子・真理にふりかかる、かなりアブない凌辱体験。年頃の乙女はショックの中で何を思い、何を感じたのか……。『S&Mスナイパー』1982年12月号に掲載された読者投稿小説を、再編集の上で全6回に分けてお届けしています。
 | 
【3】怪しい3人組

気怠い空気を吸いながら、真理はボンヤリ横たわっていた。目の前にコーラの壜があった。飲み口を少し下りて急に太さを増した壜の半分ほどまで、ヌメヌメとした液にまみれてツヤを失っていた。

「うっそお……」

真理は信じられなかった。こんな壜が、こんなにも深く自分の中に納まっていったのだとは……。小さな呟きの中には驚きと、まだまだ幾つもの可能性を秘めている自分の体への、期待のようなものが込められていた。

物憂い顔を上げる。時計は1時を指していた。真理はゆっくり体を起こすと浴室に入って体を拭った。それから新しいパンティをつけ、コーラの壜も綺麗に拭い、畳に落ちている染みのついたパンティを丸めた。

ケースに納まったコーラの空壜が、卑猥なもののようにキラリと光る。

店の戸を一杯に開けた。雨は、いつの間にか上がっている。新鮮な空気が店の中に吹き込んできた。爽やかな風が渡っていく。

――あっ、そうだ、淫靡な匂いが部屋に籠っていたのでは大変だ。女は特に匂いには鋭い。もう母が帰ってくるかも知れない。その前に……。

真理は急いで部屋に戻ると窓を開けた。何かの饐えたような甘酸っぱい匂いが、窓からの風と店先からの風に舞って吹き抜けていった。

「おばさん。おばさーん」

子供たちの大きな声に、真理は、まだほんのりと赤らんだ顔を覗かせた。

「おばさん。コーラの壜、1本いくらで取ってくれるの?」

コーラと言われて真理はビクッとした。その壜と言えば今しも逞しい妄想の裡に、己の体の奥深くに呑んだばかりのものだ。真理は慌てて喉を詰まらせ、ようやく掠れた声を上げた。

「お……おばさんじゃないでしょう」
「あっ、ごめん。お姉さんだ」

店の中には流れ出した熱気のある匂いが、まだ微かに残っているようだ。真理は急いで、店の中を覗き込もうとしてくる子供たちのほうへ出た。

圭介と新治に正彦の3人。近所で評判の悪たれどもだ。3人とも真理はよく知っている。小さい頃から見ているので今だに子供のように思っているが、考えて見れば、もう中学生だ。男の匂いが感じられないでもない。真理は幾分ドギマギした。

――そう言えば、こないだプールでからかってやった男の子もこれくらいの年恰好。なんだか新治に似てなくもない……。もう立派に勃起させて射精するんだから。

改めて眺める3人に、先日の確かな手応えが蘇って、真理はゴクンと喉を鳴らした。

「これなんだけどさあー」

圭介がホームサイズの壜を見せた。信じられないくらいの大きさ。コーラの壜も、このサイズになると滑稽だ。

「えーと、それは1本、30円ね」

3人がそれぞれに自転車の荷台に大きなダンボール箱をくくりつけて、12本づつ、36本。

「1本30円だから1080円ね」

お金を渡してから真理は不審そうに尋ねた。

「でも、こんなに沢山、どうしたの?」
「う……うん。まだいっぱいあるんだ。すぐ持ってくるからね」

多くは喋らない。3人は顔を見合せてニッと笑うと、自転車に飛び乗った。

その後ろ姿を訝しげに見ていると、母が帰ってきた。出掛ける時とは違った重い足取りだ。

「あああ、疲れちゃった」

プーンとアルコールの匂いがする。

「いやあね。昼日中から酔っ払っちゃって……」
「いいじゃないの。何年に一度の同窓会なんだもの。それにしても折角の同窓会なんだから夜にすればいいのにね。ゆっくりもできやしない」
「まあ、おっしゃいますわね。夜だなんて、みなさん、危ないお年頃でしょうに」
「馬鹿な想像はしないの。みんな立派な大人の集まりなんですからね」
「それが怖いのよ。大人の付合いっていう奴がね」
「馬鹿! ませたこと言わないの……」

母の顔が少々狼狽の色を表わしている。

「ははは……。みなさん適当に楽しんでいらっしゃいますものね」

別段、母はそれ以上、怒る風もない。刺を含んた真理の言葉も的を外れていたようだ。女は兎角、特に母の場合は、隠さなければならないことがある時には怒る。激しい感情が噴き出しで矢鱈と怒り出す。狼狽の後、はにかんだような母は、どうやら今日は期待外れであったようだ。それでも少しはいいことがあったのかも知れない。目が落着かず、いやにキョロキョロして真理の視線と目が合わない。

「それはそうと、今日は廃品回収の日だったわね。忘れてたわ。雨に降られて大変だったでしょうに」
「えっ……」

真理は即座にピーンとくるものがあった。

「母さん、店番しててね。私……ちょっと見てくる」

慌てて駆け出した真理の後ろ姿を、母の呆気にとられたような顔が覗いていた。

息を切らせて走りつくと、真理は怒鳴り声を上げた。

「こらっ……あんたたち。何してんのよ」

案に違わず廃品回収の集積場に先程の3人の姿があった。濡れて駄目になるような物は何処かに仕舞われたのか、壜の類ばかりが残されている。3人は、その中からコーラの壜を選っている。悪辣なやり方を問い詰める真理に、3人は憎たらしいことを言う。最後には悪態だ。

「いいじゃねえかよ。空壜くらい。なんなら姉ちゃんのあそこに、こいつをぶち込んでいい気持ちにさせてやつからよ。見逃してくれよ」

正彦がコーラの壜を股間に立てて、野卑な笑いに顔を歪めた。

「こんなフットイものなら、姉ちゃんだって感激だろうが……」

ついカッとなった真理は、形相を変えて掴みかかった。

「この、悪たれどもめ……。警察に突き出してやる」

3人は巧みに三方へ逃げる。

「へヘヘ……。刺して欲しいくせによ。欲求不満のヒステリー」

正彦が真っ先に自転車で逃げた。逃げ遅れた新治の腕を捩上げると、近くの交番に突き出してやった。

夜になっても、その話にまだ昂奮気味の真理と違って、両親は心配そうだ。特に愚痴っぽく言う。

「御得意さんの子供にそんなことをして……。ねえ、お父さん。どうしようかね」
「うーむ」

父は苦りきった顔付きで腕を組んでいる。正彦の家は土建屋をしている。近くに飯場もある。酒屋の家にしてみれば、一番の得意先だ。

「御得意さんの子だろうが何だろうが、あんな不良どもはビシビシ叱ってやらなければ駄目よ。あんなのを放っておくから、大人になっても悪いことをする奴が跡を絶たたないのよ」

激しい口調のうちに、真理にも幾分、心配があった。逃げ遅れた新治の腕を掴んだ時、新治は別に抵抗することもなく顔を俯けて頻りと「ごめん、ごめんよ」と繰り返していた。

ハッとした。プールで真理が悪さをした子だった。プールでは真理も幾分昂奮気味でよく分からなかったが、今でははっきりと思い出すことができる。

――まずかったかな。あんなことがバレたら……。

両親とは違った真理の心配をよそに、何事もなく日が過ぎていった。その間に、例の3人組がそれぞれ母親に連れられて、真理のところにも謝りに来た。交番では始末書を書かされて、こっぴどく叱られたそうである。正彦と圭介は謝りながらも、どこか不貞腐れた態度を見せていたが、新治は真理の顔も見られぬくらいに真赤になって俯いていた。

新治と正彦と圭介の3人が、公園の樹陰の芝に額を寄せて、何やらヒソヒソと声を交わしながら、1冊の雑誌を覗き込んでいた。
(続く)

関連記事

パンティ三兄弟秘話
【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

mobile_qr.jpg
S&Mスナイパー ‐mobile‐

好評いただいた法廷ドキュメントや読者告白手記など、スナイパーモバイルでは読み物も毎日更新しております。これからも新しいコンテンツを随時アップ予定です♪ もちろん画像も毎日更新中!
http://sniper.jp/i/
 | 
12.04.03更新 | WEBスナイパー  >  スナイパーアーカイヴス
WEB SNIPER編集部 |