ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
アクセスアップ
新刊情報
恥辱に悶える露出美女(大洋図書)
疼きを止められない母(ミリオン出版)
トワイライト・アンダーグラウンド+(大洋図書)
トワイライト・アンダーグラウンド(大洋図書)
HALA-TION(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_48_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第10回 「春風るな」 【3】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=春風るな

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」第10回春風るなさん、掲載中です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

女の人のカラダが綺麗に見えるデザインが好きなんですよ
表に着て歩けないような服ばかり好きで
春風るなのポリシー

ヤンキーの制服を脱ぎ捨て、進学した高校は服飾のデザイン科。さらに卒業後、ボストンへ渡り服飾の専門学校へ入学した。早くから進路を定めるのは勇気のいることだが、彼女が話すと、なぜか「意志」とか「決断」という言葉から遠のいていくから不思議だ。

「なんとなく。田舎だからそんなに選択肢がなくて、いろいろ知らないし。興味のある分野っていったら洋服ぐらいしかなかったんですよね」

ボストンへは5年間。うち最初の一年は語学の勉強もしている。

「語学学校のときは、サボってどっかに遊びに行ったり、テストもいつも適当。服飾の学校へ入るときも、英語喋れないのに『喋れます』とかいって嘘ついて入ったんです。実際に入ったら、出された宿題も読めなくて、何やっていいかわからなくて。何もできない人が入ってきたから先生も困ってて。でも、読めないと困る事態が起きたから辞書引きながら頑張りました。それで、通ってくうちに慣れました」




羨ましいほどの大胆さ。その度胸はいつからあるのか聞いてみたかったが、

「度胸はないですね」

キッパリと言われてしまった。知らない世界に一人で飛び込むのは怖いことだと思うが。

「楽しいです。ウフフ」

それを普通は「度胸」という。

「不安とかはない。それより面白くなかったらどうしようとか、そういう心配はありますけど」

面白くなかったらやらない。それが春風るなのポリシーだ。

「卒業して洋服の店員をやったけど面白くなくて。アクセサリーのデザインもしたけど面倒臭くなって辞めて。商品のラベルのデザインをやったときも面白くなくて。なんか自分の着たい服を作ってただけだから、デザイナーになるっていうのは違うなあと思って」




洋服は作るより、着るほうが好き。ボストンにいたときは、学校そっちのけでドレスコードのあるゴシックのクラブへ出かけていた。毎日、お洒落することが楽しかった。東京へ移った春風るなは、ある日フラリとストリップの世界へいってしまった。

「女の人のカラダが綺麗に見えるデザインが好きなんですよ。ゴシックとかフェティッシュの人たちが好んで着るようなコスチュームとか、表に着て歩けないような服ばかり好きで。だから最初にストリップのステージ写真を見て、興味あるなあって思ったんです。衣装もそうだけど、写ってる人の感じも面白そうだった」

ステージを観にいってストリッパーになることを決めた。そこにもやはり春風るな特有の柔軟さがあった。

「決断とかはなにもないです。面白いなあと、ただそれだけ。見つつ思い、やりつつ思い。ダンスができるようになるのも面白かったし。色んな人に出会って、この職業をやる人には色んな人がいて、そこがまた面白い。ステージも本っ当に色んなものがあるし」

そして現在、デビュー5年目になる。

(続く)




harukaze_runa.jpg
Harukaze Runa x Inbe Kawori★

春風るな
渋谷道頓堀劇場所属。2003年11月21日、渋谷道頓堀劇場にてデビュー。挑発的でありながらどこか妖しげ、そして少しだけ“毒”を入れるというステージは扇情的。まるで昔懐かしいストリップのようでいて、巧みに現在のスタイルを取り入れたショー。観劇のベテランはもちろん、初心者まで楽しめる。

香盤情報
渋谷道頓堀劇場
10月1日-10日
シアター上野
10月21日-31日
撮影=インベカヲリ★
モデル=春風るな
取材協力=渋谷道頓堀劇場若松劇場

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
川中理紗子  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.10.04更新 | WEBスナイパー  >  咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫