Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
ゲーム音楽から転生した音質と音楽の魅力/『チップチューンのすべて All About Chiptune: ゲーム機から生まれた新しい音楽』著者=田中治久(hally) 文=三木学
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第10回 「春風るな」 【5】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=春風るな

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第10回春風るなさん、いよいよ最終回!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

朝は同じメニューじゃないとダメで
味噌汁と目玉焼きとご飯、あとホウレン草と梅干
「感覚」で生きる

春風るなの演目は変な名前が多い。例えば「変態貴婦人」、これは一体なんだろう?

「イメージで名前つけてるんです。このときは貴婦人っぽい衣装だし、曲は変態だし、春につくったから。春はなんか露出狂のおじさんみたいな。だけど貴婦人だからちょっと上品にみたいな」

さらに「インド人」というのもある。

「ああ、それは『インド人』ってすごい大雑把に言ってるだけで、普通にアラビアンみたいな。エキゾチックな雰囲気のショーだったんで、それを『インド人』って」



そこだけ聞くと、なんだか適当な人に見えるが、それだけではない。

「私、朝は同じメニューじゃないとダメで。味噌汁と目玉焼きとご飯、あとホウレン草と梅干。地方の劇場に行くときは、キッチンのあるところだと作れるんだけど、ないともうダメなんです。その朝食が食べれない自分は、どっか欠けた人間なんです」

春風るな特有のバランスの取り方。行動様式の縮図が、朝食に表われているのかもしれない。

dancing_girls_50_06.jpg


「だからこの仕事してても、家から通える劇場でやってたほうがいいのかなと思ったり。あんまりウロチョロしないほうがいいんですよ私。なんでかっていうと、家から通ってるときは、いつも同じ時間に目が覚めて、同じ時間に家を出て、同じ時間の電車に乗って、同じタイミングで青になる横断歩道を渡って。同じ時間に劇場へついたら、香盤中の人の同じ曲が流れていてみたいな。この人が終わる前に、下地を塗って、この人が終わるまでにアイシャドウを塗り終えてないとみたいな。なんかそういう、目安で生活したほうがラクなんです」

もしかすると春風るなは、時間というものさえ時計を使わず感覚で認識しているのかもしれない。右脳人間であることは察していたが、ここまでくると筋金入りだ。

「で、終わったら必ずビール一本飲まないと絶対に帰らない。ある程度ルールが決まってるほうがやりやすい。そういうほうが私にはラクなんです」



ラクというのがポイントで、きっと感覚で面白いもの、やりやすいほうへと向かっているのだろう。その特徴はステージにも表われていた。

「物語のあるものは作らないですね。面倒なんですよ、私には。いつも感覚で、この辺で終わりにしようとか、この辺で脱ごうとか(笑)」

dancing_girls_50_11.jpg

どんな演目が多いのか聞いてみると、彼女の口からはイメージだけが言葉になって流れ出る。

「あんまり可愛らしいとか綺麗過ぎるショーでもなく、怪しいのが好きだけど、すごい激しい曲を使う怪しいではなくて。ベッドのときはエロくないのは好きじゃないけど、露骨なのは好きじゃないみたいです。垣間見える踊り方というか。ちょっと変なオカシイみたいな。プラス、ショーとしてまとまってて、中に濃いものを入れるとか、そういうのが好きです。最初は必ず華やかなので始まって、でも終わるときは壮大な感じ、派手な感じ、パっと終わるのが好き。それで見てる人にわからないように、ちょっと毒を入れるのが好き。面白おかしく楽しげに作っておいて、なんかちょこっと変なところを入れるとか」

これが春風るなの持つ「感覚」なのだろう。右脳人間春風るなは、自由に楽しいほう、過ごしやすいほうへと、クラゲのように泳いでいく。

文=インベカヲリ★




harukaze_runa.jpg
Harukaze Runa x Inbe Kawori★

春風るな
渋谷道頓堀劇場所属。2003年11月21日、渋谷道頓堀劇場にてデビュー。挑発的でありながらどこか妖しげ、そして少しだけ“毒”を入れるというステージは扇情的。まるで昔懐かしいストリップのようでいて、巧みに現在のスタイルを取り入れたショー。観劇のベテランはもちろん、初心者まで楽しめる。

香盤情報
シアター上野
10月21日-31日
A級小倉劇場
11月1日-10日

撮影=インベカヲリ★
モデル=春風るな
取材協力=渋谷道頓堀劇場若松劇場

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
川中理紗子  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.10.18更新 | WEBスナイパー  >  咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫