女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
fetishistic meister
フェティシストが愛する名匠を訪ねて 第3回 【3】

オリジナルフィギュア「T&M」
フィギュア造形師 TETSU氏



私たちの性の営みとその周辺に存在する様々なグッズやアイテム。そうしたモノとヒトにスポットをあて、普段顧みられることのない彼らの素顔と職人の技に迫る連載の第3回。今回お話を伺ったのはフィギュア造形師のTETSU氏。熟女の肉感的なボディを見事に再現した、リアルな造形美の秘密に迫る第3弾です!

インタビュー・文=安田理央

前回の記事を読む>>

 | 

1/6
スケール
レジン
キット


真田悦子


全高
/約25.7cm


そりゃ、作っていれば自分の好みは出ちゃうよね
キツイ顔は好きじゃないから、できるだけ優しい表情になるようにしてる

TETSU氏の作るフィギュアは、極めて肉感的で生々しい。現実離れしたプロポーションの無機質なラインを追求する他のアニメ的なフィギュアとは、全く逆だ。成熟した女性ならではの、ふくよかなラインをリアルに再現している。

T:「若い女の子はね、綺麗すぎちゃって面白くないんです。脚なんかすごく細くて。でも、そこに性的な欲求を感じるかなって思うんですよ。やっぱりムチムチっとしてた方がいいんじゃないかな、と。あたしが作る時に一番気をつけているのは肉付きですね。特にお尻。少し大きめで、ちょっと垂れるくらいにして。引き締まってるとミスなんとかみたいになっちゃう(笑)。あと、下腹の肉とか、振り向いた時の背中の皺とか、そういうのもキチンと作る。仰向けだったら、おっぱいも肉が流れて平たくなるとかね。そういうところに艶かしさがあると思うんですよ」

健康的な引き締まった若い肉体もいいかもしれないが、本当にいやらしいのは、成熟した肉体。確かにTETSU氏のフィギュアから放たれる何ともいえない色気は、完璧なプロポーションで造形される他のフィギュアからは感じられないものだ。

T:「特にモデルというのはいないんですよ。全部思いつきで、作りながら考えてたんです。途中で、まぁ、あんまりいい加減じゃまずいかなと思ってデッサン用の裸婦のポーズ写真集とか買ってきて参考にしましたけどね。ヌードグラビアだとダメなんです。グラビアって、一方向から見て絵になるポーズで撮るじゃないですか。それを立体にすると、他の角度から見るとよくなかったりするんです。デッサン用のポーズ集だと、色々な角度から写してますから参考になりますよ。あと、参考にしているのはケン月影さんのマンガとか。肉付きがいいんですよね。写真を見るよりも、マンガの方がイメージが沸いてくるんです。それから小妻容子さんの絵はいいですね。あの肉質感を再現してみたいです。3次元でやろうとすると難しいんだけど」

もちろん作品には、TETSU氏の理想も強く投影されている。

T:「そりゃ、作っていれば自分の好みは出ちゃうよね。キツイ顔は好きじゃないから、できるだけ優しい表情になるようにしてる」

TETSU氏のフィギュアの大きな魅力のひとつに、自然で繊細なポージングがある。ちょっと首をかしげていたり、太腿をすりあわせていたり、日本的な色気がにじみ出てくるような、その仕草がフィギュアを生々しいものにしている。

T:「子供の頃から日本舞踊をよく見てたんですよ。だからそうした動きが体に染みついているのかもしれないね。女性らしい動きとかね。何にしろ、大事なのは羞恥心ですよ。恥じらいが感じられないような裸じゃ、色気もありゃしない」

TETSU氏は、今の日本の男性は甲斐性がないと嘆く。

T:「みんなあまりにもオープンになりすぎてるよね。もともと男と女は違うんだから、忘れちゃいけないものもあるでしょう。こういうことを言うと怒られちゃうかもしれないけどさ、今は女性の働きやすい社会にしようとしてるじゃない? なるべく子供を預けて働こうって。でもそれって男に甲斐性がないからそんな話になってるんだよ。そりゃね、お母さんが働かないといけない家庭だってあるでしょう。でもお父さんが頑張って働いて、お母さんは内助の功というか、陰から家庭を支えてね。そしたら子供だって母親の愛情の中で育っていけると思うんですよ。父親だって安心して頑張れる。あたしが作ってるのは、エロフィギュアだけどさ、今の日本の家庭からなくなりかけているものが作品の中に込められてると思うんだ。なくなりそうなものを再現したいと言う点では、架空の理想のキャラクターを再現しようとしているオタク系のフィギュアと一緒かもしれないね」

かつてはキワモノ扱いされていた「熟女」というジャンルは、ここ10年でAVでも、エロ本でも、風俗でも、完全に市民権を得て定着した。現在では最も人気の高いジャンルのひとつとなっている。フィギュアにおいても、同じことが起きる可能性は高い。TETSU氏のフィギュアから放たれる妖艶なフェロモンを感じていると、それは確信へと変わるのだ。

(おわり)


フィギュアの制作工程、前回の続きです。

こちらは皆さんご存知彫刻刀です。

足の部分です。大まかな形を作っていくときには彫刻刀が使われます。

パーツを繋げていきましょう。接点の部分に粘土をつけて……。

胴体部分に付けて造形をチェック。まだ仮組みです。時には針金を使うこともあります。



仮組みの後は実際に合体。繋ぎ目を修正していきます。

実際に製作中の新作です。股間には蛸が。北斎から着想を得たのだとか。

こちらが原型。粘土を最終的にはここまで仕上げるわけです。



流し込み成型の工程も教えていただきました。まずはブロックで枠を作ります。中の白いのが原型と考えてください。この枠の中にシリコンを半分だけ流し込みます。

はいこの通り。シリコン型ができました。ここに空気穴などを細工して、もう半分も同じように作業。

そして原型を取るとシリコンの型ができるわけですね。この型に樹脂を流し込んで、商品が量産されるわけです。



両方の型を併せるとこのように。左の大きな穴から樹脂を流し込むわけです。小さいほうの穴は空気穴。

実際に流し込むのはこちら。ウレタン樹脂だとか。

以上がキャスティングと呼ばれる流し込み成型です。上記は製作中の新作。取材に伺ってからほぼ一カ月、随分ディティールが作りこまれてきました。


TETSU氏顔写真.jpg TETSU フィギュア造形師。家業の材木屋をはじめ、サラリーマンや運送屋、看板屋など様々な職を経験し、2005年に新聞広告を見てフィギュア原型師の通信教育を受講。2006年4月「T&M」のサイトを開設、第一号作品である「吉川涼子」の通信販売を開始する。その後「ワンダーフェスティバル」や「ワールドホビーフェスティバル」などフィギュアイベントへ積極的に参加、着実にファン層を獲得しつつある。年末の12月23日(祝)、「ワールドホビーフェスティバル有明17」にて新作発表の予定!

関連リンク

取材協力=オリジナルフィギュア「T&M」

関連記事

フェティシストが愛する名匠を訪ねて 第2回 コルセットデザイナー Pure One 【1】 【2】 【3】

yasuda_face.jpg 安田理央 エロ系ライター、アダルトメディア研究家、パンク歌手、ほか色々。この夏、ついに四十代に突入ですよ。もう人生の折り返し地点かと思うと感慨深い。主な著作に「エロの敵」「日本縦断フーゾクの旅」「デジハメ娘。」など。趣味は物産展めぐり。でも旅行は苦手。

安田理央の恥ずかしいblog

「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)

 | 
07.09.30更新 | WEBスナイパー  >  フェティシストが愛する名匠を訪ねて