本家三行広告 2 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『人気女子アナ無限痴獄 極上雌犬暴辱TV局』(シネマジック)
未成年に出会おうとするカメラおじさんの細かい手口がいま明かされる! 映画『はらはらなのか。』公開中!!
特選AVレビュー『これが本場のMajor Lady's BOIN!! 大統領もびっくり!日米棒液摩擦(Mellow Moon)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】後編
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第54回
2ページまんが 酒場の女【6】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年4月号
特選AVレビュー『接吻ヨダレ飲まされ調教/通野未帆 (光夜蝶)』
純粋培養されたカルト家族出身の青年の唇にゴスガールの唇が触れた瞬間いままで積み重ねられてきた全ての書物・訓練・芸術が爆散するのがいい 映画『はじまりへの旅』公開中!!
特選AVレビュー『人間羞恥博覧会 奴隷パドック』(シネマジック)
特選AVレビュー 『Aカップ未満 -従順いいなりいもうと- つるつるぺったん娘 宮沢ゆかり(18)』(K-Tribe)
特選AVレビュー『縄奴隷を望んだ親友の娘 吉川あいみ』(大洋図書)
特選AVレビュー『制服美少女と性交 あまねめぐり(ドリームチケット)』
真魚八重子とターHELL穴トミヤの映画の話にかこつけて!【4】前編
特選AVレビュー『キスで理性が崩壊!(ラハイナ東海)』
特選AVレビュー 『経験人数たったの1人! 某有名大学でミスコン準グランプリに輝いた現役女子大生AVデビュー!!/橋口りおな (ワープエンタテインメント)』
とりあたまちゃんシーズン3 わたしのすきなこと【10】「冬には不倫女が自殺する」
特選AVレビュー『AVアイドルどすけべ研究所 file.01 皆野あい(HMJM)』
絵を描く人々 第12回 日本・お絵描き・女の子
イラストレーション・シリーズ「レイヤー百景2.0」第4話/祇園祥子~偽りの仮面~
アクセスアップ
新刊情報
五十路密会 Vol.10(ワイレア出版)
お絵かきパークminiDX Vol.10(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2017年6月号(ミリオン出版)
蜜濡れ女ざかり Vol.4(大洋図書)
着衣巨乳のお姉さん(大洋図書)
淫らにまぐわう夜這い(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2017年6月号(大洋図書)
BITTER 2017年6月号(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.28(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.8(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_30_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第6回 「七雪ニコ」 【4】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=七雪ニコ

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」第6回七雪ニコさん、いよいよ最終回です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

私、すごい自分の顔とか好きなんだけど、なんかブスとか言われる顔してんじゃん
なんで生きてるだけで文句つけられてんの?みたいな

絶望を片手にストリップ


「なんでストリッパーだったんですかねえ?」

素朴な疑問を投げかけてみる。どちらかというとステージは豪快で、七雪ニコ自身は、男に囲まれてセクシーさをアピールするような、女っぽいタイプではない。 ウ〜ンと考え、自分の頭の中を探るように話し始めた。

「なんかストリップってすごいナチュラルなことだと思う。『こんなに大公表していいんだあ』みたいな感じ。ダイレクトに『アタシってこうなんです』みたいな。表現のものすごい頂点だと思う。それはストリップの持ってる要素すべてに感じますよね。どの部分って聞かれると難しいなあ。まず、人前に立つことでしょ、踊ることでしょ、脱ぐことでしょ、そこからワタクシの世界に入るってことがあると思う。これはストリップ劇場ってことに関してだけど、大多数のお客さんっていうのは男性で、イヤラシイ気分になりたくて来てるわけだから、自分をアピールして誰かを挑発するっていうのが、表現っていうことで頂点だと思う。自己表現ってわかりやすく言うと『ワタクシはあ』だと思うんだけどさ、漫画とか映像とかより、『ワタクシはあ』なんだよね。服を選ぶ、音楽を選ぶ、全部がそうだと思うし。さらに可能性のある表現の仕方だと思う。夢を持たせることができるっていうか。夢っていうのはワクワク、ドキドキさせる、何かをやりたいと思ったり、もっと何かを見たいと思ったり、自分にも何かできると思ったり、そういうことを人に思わせることのできる表現手段の一つ」

しかしストリップのステージは、男が持つ「可愛い女の子」のイメージを一方的に求められる場でもある。女の考えるセクシーさと、男が感じるエロさは、必ずしも一致しない。特に自己表現が前面に出ると、そのギャップも広くなる。七雪ニコは、男が苦手だと言った。



「私、すごい自分の顔とか好きなんだけど、なんかすごいブスとか言われる顔してんじゃん。だから苦手なのかな。なんで生きてるだけで文句つけられてんの?みたいな。外見のコンプレックスって、押し付けられたものなんじゃないかと思ってて。私は小さい頃からお母さんに可愛い可愛いって育てられて、生きてるだけで100点満点だったのにさ。男の子は私のこと女の子って見るじゃん。初対面で女として認めるか認めないか、って見てるっぽいなーとか、そういう感じが、特に思春期は嫌でしたね」

自分がいいと思ってるものを、男の一方的な価値基準で否定されるのは辛い。 そのことにステージ上でも振り回されることになったら、もっと大変だ。

「だってもう死ぬしかないみたいな感じ。観客が私のこと悪く思ってるーって思いながら踊ってたら、いじめ、いじめられの関係でしかなくなるよね。私が深刻な状況になれば観客にも伝わるし、『あれ、これは楽しんでいいのか悪いのか? どんな目でみればいいんだ』とか。そんな状況で踊ってても、私が追い詰められるだけだから。誤解だよね。殺し合いなわけじゃないのに、私は死んでしまいたくなる」

七雪ニコは、心の動きに敏感だ。ステージという特殊な他者との関係性の中でも自分を正しく出し切るために、必死で頭を使う。

「絶望とかよくするんだよね。性格が暗いから、ステージがドロドロしがちなところがある。集中してその先に絶望がある。何かに集中すると気が狂いそうになるんだよね。だからステージはあらかじめ楽しいものを用意しておくわけよ。私自身が絶望の塊でも、音楽とか衣装とか構成というものが明るければ、なんかトントンみたいになるじゃん」

dancing_girls_30_04.jpg
dancing_girls_30_05.jpg ステージでの七雪ニコは、人を巻き込んでいくパワーがある。七雪ニコが全世界、という空気が会場を覆う。だからこそそこへ到達するまでに、たくさんの思考を巡らしているのだ。

「理想を言えば、フラットな感覚ってよく言うんだけど、平べったい、こっから何かを始めたいっていうのがあって、それは気にしてない状態なんだよね。何を言われても『ふーん、そうか』っていう。それがステージに立ちたい状態」

複雑な感情の持ち主だった。あらゆる方向に屈折していて、ひとつひとつを理解することはとても難しい。七雪ニコはそんな難解な自分と向き合って、それを世界に知らしめるようにして生きているのかもしれない。踊りだったり、言葉だったりを使って。

「なんかあんまりわかんないよね。でもどうでもいいんじゃない私、みたいな。でもやれることはやりたいねえ。世界の終わる日には踊りたいと思うね(笑)」

最後は放り投げるようにそう言った。七雪ニコはやはり表現者だった。


前回に戻る 目次に戻る

nanayuki_nico.jpg
Nanayuki Nico x Inbe Kawori★

七雪ニコ
新宿TSミュージック所属。2004年2月21日シアター上野にてデビュー。新潟出身、B型、双子座。好きな言葉は「楽しんでくれよ、さもきゃくたばっちまえ!」。ステージ上ではピアニカを用いるなどPOPな演目を披露、また積極的にタッチショーも行なっている。劇場以外でもパフォーマンスを観ることができる数少ないストリッパーのひとり。

香盤情報

福井・芦原ミュージック劇場
6月11日-20日
撮影=インベカヲリ★
モデル=七雪ニコ
取材協力=シアター上野

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」 番外編
船橋ストリップシアター若松劇場 【1】>>>【2】>>>【3】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.05.31更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー