ミストレスランド 1 本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第7回 「金城ちさと」 【3】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=金城ちさと

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第7回金城ちさとさん、掲載中です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

dancing_girls_33_01.jpg
なんか人生、上手くいかないようないってるような
なにげに楽しかったんですけどね、たぶん

人生は難しい


「あなたは踊りが下手です」

それはアミューズメントパークでキャラクターショーの仕事をしていたときのこと。一年ごとに行なわれるレベルチェックの面接で、金城ちさとはいつも落ち込んでいた。キャラクターの中に入り、課題を出されてジェスチャーや踊りをしてみせるが、なかなか合格ラインに届かない。面接官から言われる言葉はいつも同じだった。

「キャラクターの仕事はすごい楽しいのに、三年続けても、踊りが下手でレギュラーになれないんです。土日祝日の忙しい日だけねっていつも言われてて。自分の居場所はここじゃないのかなって、すごいヘコんでましたよ」

平日はティッシュ配りのアルバイトをしつつ、なにか新しいことを始めようと考えていた。金城ちさとは、好きだった劇団に電話をかけ、裏方のお手伝いをさせて欲しいと頼み込んだ。芝居は昔から好きで、中学の三年間は演劇部に所属していたのだ。

「稽古のときに代役やったりとか、道具作りとか折込の手伝いをしてましたね。そのうち役者としても出してもらえるようになって、2回ほど出演したんです」

逃げ場を探すようにして飛び込んだ芝居の世界。しかし、そこで言われた言葉も酷いものだった。

「アンタは歌が下手だねえ(笑)。ここは歌の集団だよ。なんで来たの?」

その劇団は、芝居の中で歌うことが多かったのだ。

声優もダメで、踊りもダメ、歌もダメ。ダメだということをハッキリ言われる世界に身を置くのは、きっと打たれ強いからだろう。金城ちさとはいつまでも落ち込んではいなかった。



「私、児童演劇がすごい好きでよく観にいってたんですよ。キャラクターショーもそうだけど、子供向けがすごい好きなんですね。夏に渋谷で『児童演劇フェスティバル』っていうのが行なわれるんですけど、それを毎年観に行ってたんですよ。そしたら私が小学生のときに観た『ベッカンコおに』っていう芝居がまだやってたりして、嬉しくなっちゃって。その劇団を追っかけて、千葉、埼玉ぐらいまでは足を運びましたねえ」

ある日、意を決して劇団に問い合わせて、役者志望であることを伝えた。タイミングよく代替わりの時期と重なり、金城ちさとは再び舞台に出るチャンスを掴んだ。

「ところが、そこも歌の多い芝居だったんですよ(笑)。せっかく舞台に立てたのに、ちゃんと歌やってきてないから、声をつぶしちゃったんです。上手い下手じゃなくて声が出なくなっちゃって、三カ月くらいで降板。あのときは本当にもう悔しかった!!」

要はクビである。金城ちさとは見事なまでに挫折ばかりしていた。話を聞いていて、いたたまれなくなったが、 当の本人は、いたって普通のことのように話しているのが不思議だった。

「あはははは!! なんか人生、上手くいかないようないってるような。なんだかんだで、あっち行ってこっち行ってしながら、なにげに楽しかったんですけどね、たぶん」

これが鈍感力というやつか。それとも単にポジティブなのか。もしくは気にしないフリをしているのか。金城ちさとがよくわからなかった。

(続く)


前回に戻る 目次に戻る

kinjochisato.jpg
Kinjo Chisato x Inbe Kawori★

金城ちさと
新宿TSミュージック所属。2003年08月21日デビュー。小麦色に焼けた肌と親しみやすい笑顔で、タッチショーも行なっている。自身のルーツが沖縄にあることもあり、沖縄地方でお盆の時期に踊られる「エイサー」を演目に取り入れ、ステージ上で大きな太鼓を用いることもある。

香盤情報

諏訪フランス座
7月11日-20日
新宿TSミュージック
8月1日-10日
撮影=インベカヲリ★
モデル=金城ちさと
取材協力=新宿TSミュージック

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
七雪ニコ  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.06.21更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー