ミストレスランド 1 本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年10月号
特選AVレビュー『M男クンのアパートの鍵、貸します。/緒奈もえ 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『狂叔父専用、性玩具●女 七海ゆあ』(GLORY QUEST)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第60回
川上譲治写真展 すとりっぷ小屋発・裸的群像伝「1976-2006 アングラの残影」開催!!
特選AVレビュー『ヤキ入れ錬成女子 入魂シゴキ倶楽部』(シネマジック)
特選AVレビュー『童貞たちの性処理奴隷になった猥褻おばさん 二階堂ゆり』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの奥さん2 NTR日帰り温泉 夏海あや』(HMJM)
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第2回
絵を描く人々 最終回 美しいもの、不思議なもの、不気味なもの
特選AVレビュー『パイパンむちむち豊乳尻サセコちゃんのどすけべ肉体ボランティア 』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『少女もキスをガマンできない 心花ゆら』(ドリームチケット)
2ページまんが 酒場の女【11】
インターネットラジオ番組「四日市とばるぼらのゲストを呼ぶラジオ」第1回
とりあたまちゃんシーズン4 日常【2】「死ぬ体力」
特選AVレビュー 『ショタ狩り娼婦 結衣さんの場合』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『デカパイ女子校生とちっぱい女子校生の学校こっそりレズえっち(レズれ!)』
特選AVレビュー『接吻プロレス/AIKA 』(ワープエンタテインメント)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年9月号
特選AVレビュー『巨大ヒロイン(R) ウルティマー』(GIGA)
アクセスアップ
新刊情報
giri giri Vol.20(大洋図書)
俺の旅 2017年11月号(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.12(ミリオン出版)
よろめき 2017年11月号(ミリオン出版)
花と蜜 Vol.43(ワイレア出版)
別冊投稿キングDVD 2017年11月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.37(ミリオン出版)
LOVE LADY 2017年11月号(大洋図書)
中に欲しがるドエロ妻(ミリオン出版)
兄の親友お嫁においで(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_35_top.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第7回 「金城ちさと」 【5】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=金城ちさと

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第7回金城ちさとさん、最終回です!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

ステージが好きなんですよね
踊りも苦手だし、コミュニケーションも苦手だけど、でも頑張ろうって気持ちになれる
脳腫瘍の発覚

デビューからもうすぐ1年という頃、金城ちさとは充実した日々を過ごしていた。と同時に、左目にかすかな違和感を感じはじめたのもこの頃だった。

どうも目がチラチラしてしょうがない。母親に相談すると、「それはコンタクトしてるから悪いのよ。コンタクトレンズを止めなさい」と言われた。腑に落ちないと感じながらも、しばらく放っておくことにした。

数日後、やっぱり左目がおかしい。なんだか眩しくて見えずらい。もう一度、母親に相談すると「それはパソコンやってるからでしょう。パソコン止めなさい」と言われた。納得がいかず、金城ちさとはムスっとした。

そのうち頭痛がするようになった。内科へ行くと「仕事による緊張でしょう」と診断された。確かに思い当たるふしはあった。

「普段が健康だからわからないんですよね。ネットで調べると偏頭痛と症状が似てて、偏頭痛なんてそれまでなかったから、おかしいなあとは思ってたんですけど」

原因がわからず不安定な気持ちが続いた。母親に再び相談すると「あんたはダンスで頭振ったりするからいけないのよ」と冷たく言われた。もう相談するのは止めよう、と金城ちさとはすっかり心を閉ざした。

「頭はズキンズキンと脈打つように痛くて、右目は裏側を棒でグリグリやられてるような痛さで、痛み止めは効かないし、吐き気はするしで。内科を転々としてたけど、何件行っても理由がわからなかったんですよね」

事のてん末は、金城ちさとのホームページ内にある過去ログの中に記されている。読んでみて驚いたが、行く先々の病院でおざなりの診察をされ、半年もの間、原因を解明できなかったのだ。結果は、脳腫瘍だった。


「もういろんな病院へ行ったけど、脳外科だけは辿り着かなかったんですよ。どうしようと思ってギリギリのときに仕事が入っちゃって、とりあえず20日間で2つの劇場が入ってたから、それだけは頑張ろうと思って、劇場のある名古屋に向かったんです」

最後の力を振り絞って劇場入りしたが、初日から楽屋で吐いて吐いて吐きまくった。痛み止めを飲むために食事を口にするが、薬を飲む前に全て吐いてしまう。とても踊れるような状況ではなくなり、劇場にお願いしてベッドショーからのスタートにしてもらった。ところが足が立たなくてベッドショーすらもできない。仕方なくポラロイドとタッチショーのみを行ない、ステージのそででそのまま倒れて動けなくなってしまった。

救急車で運ばれた先で、医者は驚いて叫んだ。

「このまま手術しなかったら、余命一カ月ですよ!」

半年も放っておいたことを、何度も叱られた。母親はパニックを起していたが、金城ちさとは一人安心した気持ちになっていた。

「あ、脳腫瘍だったんだ、どうりでこんなに痛かったわけだって、自分の中でストンと落ちたんですよね。じゃあ後は治すだけでしょ、原因がわかると安心するんですよ」

それは経験をした人にしかわからない気持ちなのだろう。死の淵に立たされたとき、金城ちさとが何を考えたのか気になった。

「死ぬとは思ってなかったんですよ。絶対安静になって、トイレに行くにも車椅子を使うようになったとき『なんか重病人っぽいなあ』とか思ってたくらい(笑)。それより、ステージに戻れるかな、また踊れるかなって、そればかり考えてましたね」

復帰できたのは、それから半年後のことだった。


dancing_girls_35_03.jpg
エイサーとの出会い

金城ちさとは、沖縄が好きだ。ステージで、沖縄の太鼓「エイサー」を踊ることがあるが、その存在を知ったのは大人になってからだという。

「新宿の歩行者天国で、『新宿エイサー祭り』っていうのがあるんですよ。たまたま放射線治療をしてるときに、一時退院で家に帰ってたんですね。そのときに友達と新宿で待ち合わせることになって、アルタ前にいたらお祭りが始まったんです」

口には感染予防のマスク、そして放射線治療で失った髪を隠すために帽子を被っていた。うだるような暑さの中、目の前を通り過ぎるエイサーを眺めながら、金城ちさとは涙を流した。そして泣きながら最後まで観たという。

「ああ、生きてるんだなあ私、と思って。辛かったわけじゃないですよ。生きてることを実感したんです」

運命に導かれるようにして、沖縄に興味を持ちはじめた。体力が回復すると、すぐにエイサーを習い始めた。その腕前は、ストリップのステージでも披露されている。

「ステージが好きなんですよね。踊りも苦手だし、コミュニケーションも苦手だけど、でも頑張ろうって気持ちになれる。デビューが遅かったから、肉体的な年齢もあるけど、辞めるって選択肢はないですね」

金城ちさとは、これまで好きなことを躊躇なくどんどんこなしてきた。そしてストリップのステージで、経験したことをひとつも無駄にせず表現している。彼女の人生に、挫折という言葉はないのだ。

dancing_girls_35_04.jpg
前回に戻る 目次に戻る

kinjochisato.jpg
Kinjo Chisato x Inbe Kawori★

金城ちさと
新宿TSミュージック所属。2003年08月21日デビュー。小麦色に焼けた肌と親しみやすい笑顔で、タッチショーも行なっている。自身のルーツが沖縄にあることもあり、沖縄地方でお盆の時期に踊られる「エイサー」を演目に取り入れ、ステージ上で大きな太鼓を用いることもある。

香盤情報

諏訪フランス座
7月11日-20日
新宿TSミュージック
8月11日-20日
撮影=インベカヲリ★
モデル=金城ちさと
取材協力=新宿TSミュージック

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
七雪ニコ  【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】

インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
08.07.05更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー