女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
photo:Patrick Siboni

2011.9.23〜9.26 at Rondon
The London Festival of the Art of Japanese Bondage
2009年からロンドンで開催されている大規模な緊縛イベント「ロンドン緊縛美の祭典」に一鬼のこ氏率いる一縄会の面々が参加! 共にショーを行なった海外のロープアーティストたち、またワークショップに訪れた現地の緊縛愛好家たちが考える、日本発祥のロープワーク「kinbaku」とは……。ドイツ、オーストラリア、そしてロンドンと海外での経験を多く積む一鬼のこ氏に現場の様子を伺いつつ、興味深いショーの模様を豊富な写真で紹介して参ります。
 | 
photo:Patrick Siboni


女性への接し方が違う海外の緊縛愛好家たち

一鬼のこ:ロンドンで4日間にわたって行なわれるイベントに参加したんです。このイベント自体は3回目ですが、前回のイベントにも僕は呼ばれて出演してる。イベントは主にショーとワークショップ。昼の12時くらいから始まって、夕方6時までワークショップで、ショーは夜。夜中の12時くらいに終わります。

――それが4日間だとかなり濃密なスケジュールですね。

一鬼のこ:ワークショップのあと1、2時間くらいの休憩をはさんで、8時くらいから夜中まではショー。最終日はサロンみたいな感じでした。お客さんがバンバン、本当に勝手に縛ってて。触れあいコーナーみたいな感じですね。

――ワークショップにはどんな方が集まったんでしょうか。

一鬼のこ:高手小手ができる人や縄で手首を縛ったことがあるくらいの人も結構来てました。

――教え方にも違いが?

一鬼のこ:経験にバラつきがあると、教えるほうは戸惑いますよね。最初に「いつもやってる最高の縛りを見せてくれ」って言って。それを見てから、できる人とできない人に選別しました。出来ない人には高手小手を教えて、できる人にはまたちょっとレベルの高いところを教えるという感じです。


↑思い思いの格好で指導に耳を傾ける海外の緊縛愛好家たち。


――海外の縛り手について、日本との違いをどのように感じられましたか。

一鬼のこ:向こうの人はフェミニストみたいな人が多いというか、女の人を平等に扱う。もしくは女の人をより優しく見るんです。縛った後のコミュニケーションのとり方が、日本人のほうが女性を大切にしてないなって思った。

――縛られる側の女の人を見ていて、日本人とは違うなと思うところはありますか。

一鬼のこ:品があるところ。なんていうかな、エロスで縛る人が少ないから。縛られる人は縛る人の鏡でもあったりするじゃないですか。だから入り方は浅いですね。心地よくお風呂に入ってるような感覚で縛られてる人が多い。M女っぽくないんです。

――縛られていても、可哀想だったり憐れまれたりするものじゃないと。

↑実際に自分のパートナーを縛っていくワークショップの光景。

一鬼のこ:そういったSM的な感じがなかった。日本では縛られて動けなくなってる自分が好きっていう女性がよくいるじゃないですか。海外の人たちは拘束に対して、そういう感じではないですね。

――その部分が日本のエロスだったりしますよね。女性の場合は、これからどんなことをされるんだろう、みたいな興奮と、男の場合は下心みたいなものに繋がっていく。でも向こうは違うと。

一鬼のこ:そういう人もいるのかもしれないけど、あまり見ないですね。縛られてももうコミュニケーションがとれてるから、あまり不安にならないというか。逆にそこで向こうの喜ぶことをしてあげたり、世間話をしたり。なんか、あったかい感じがありましたね。

――なるほど

一鬼のこ:日本のSMは女の人を凌辱するというか、男尊女卑というか、女は三歩下がって歩く、そんなイメージがあると思うんだけど、向こうの人は違います。彼らは縛り終わった後は女性にキスしたりハグしたり。なんというか、言葉で言い表わせない感じがあります。

――外国の方は縛ることで女の人を大切にしているかのような印象ですね。

一鬼のこ:とにかくたくさん話してますね。日本では縛りながら話すときに言葉責めをしようとするじゃないですか。でも彼らは会話をするんですよね。

――羞恥責めとかそういうことじゃないんですね。

一鬼のこ:そう。普通に会話して、まったりとしていて、途中でギュッと抱きしめたり。なんかね、食い込み具合がいいよとか、そんなことを話してるんじゃないかな。僕も、縛ったら女の人を入れていかなきゃ、トリップさせなきゃいけないって、そういう責任感があったんだけど、なくなりましたね。素に縛るだけでもいいんだと思って。笑ったり、フランクにできました。


Pedoro(Portugal)
photo:Patrick Siboni

■現地のPedoroというパフォーマー。彼は明智伝鬼先生をかなり愛していて、無音で、途中でアナウンスを入れながらやってました。もちろんグラサンかけて作務衣を着てね。


一鬼のこ
photo:Patrick Siboni

■モデルをしてくれた結ちゃんは向こうでかなり人気です。色々なモデルの中から彼女がたぶんツボだろうなと思って連れていった。そしたらドンピシャでしたね。ワンダーガールみたいになってました。独りのショーがとても入り込んでいて、これが日本の女性の感じ方だってくらいに陶酔していて。もう観客みんなが立って拍手。そんなの見ちゃったから、僕が縛る時大丈夫かなって(笑)。大丈夫でしたけどね。この和のショーの時は、コミュニケーションとコネクションをしっかり見てもらおうと思って。僕も無音でやりました。


音縄
photo:Patrick Siboni

■音縄さんは、やっぱり演劇仕立て。それが彼の魅力ですよね。相手は若林美保さん。彼女は海外の人みたいな反応です。艶やかで、まったりとお風呂に浸かるような感覚で縄を感じてくれる人ですね。


海月くらげ
photo:Patrick Siboni

■海月は初音ミク。僕が見た中で一番受けてた。やっぱり若くてこれだけ縛れて、展開の仕方もオリジナルのやり方で。みんな「大丈夫かな?」って不安に思ってたんだけど、若々しくて、背伸びをせずにやってるのがいいんじゃないかな。わざとらしくもなくね。


縄師村川(UK)
photo:Patrick Siboni

■村川さんはお遍路さん、四国88箇所巡りをしたりと、相当な親日家の人です。彼は僕から見てもオリジナリティがある。ショーだけではなく縄全体にね。ショーの前にお香を焚くんですよ。嗅覚を刺激することで、雰囲気というか、世界観が広がっていきますから。僕もお香を焚いてショーをやったことがあります。

どちらかというとアート優先で、その比重が凄く高い。冬縛の時に日本人のモデルを紹介したんです。その時にモデルの子が、ヤバい、死ぬかと思ったって(笑)。でも、ただハードにしようと思ってやってるんじゃなくて、自分のやろうとしている世界を現実に起こすと、結果としてモデルにとてもプレッシャーがかかるという。これにはこれしかない、この縛りしかない、ということをやるんですよね。それがわからない人からすると、うわあ苦しいってことだけが残るから、耐えられなかったりすると思う。今回も女の子を三人使っての連縛で、一人一人形を決めていく。もう完全に個性ですよね。

(コメント:一鬼のこ氏)
photo:Caritia Abell

(続く)

関連サイト

渋谷ハプニングバー『眠れる森の美女』

SM緊縛師『一鬼のこ』縄ブログ〜不思議なキノコの世界〜

フォトグラファーPatrick Siboni氏公式サイト

関連記事

日本が世界に誇る緊縛の祭典・一縄会主催「冬縛」レポート!!
2011.01.29 Sat 01.30 Sun at club axxcis
一縄ノ会主催「冬縛縄宴〜とうばくじょうえん〜」特別フォトレポート
2010.1.24.Sun at 渋谷club 『module』
一縄ノ会主催「春縛縄宴〜しゅんばくじょうえん〜」特別フォトレポート
2009.4.17.Fri at 渋谷ハプニングバー 眠れる森の美女
一縄の会主催 「秋縛縄宴」レポート!
2008.10.17.Fri at 渋谷ハプニングバー 眠れる森の美女
 | 
11.12.17更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
WEB SNIPER編集部 |