本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
photo:Patrick Siboni

2011.9.23〜9.26 at Rondon
The London Festival of the Art of Japanese Bondage
2009年からロンドンで開催されている大規模な緊縛イベント「ロンドン緊縛美の祭典」に一鬼のこ氏率いる一縄会の面々が参加! 共にショーを行なった海外のロープアーティストたち、またワークショップに訪れた現地の緊縛愛好家たちが考える、日本発祥のロープワーク「kinbaku」とは……。ドイツ、オーストラリア、そしてロンドンと海外での経験を多く積む一鬼のこ氏に現場の様子を伺いつつ、興味深いショーの模様を豊富な写真で紹介して参ります。今回が後編です。
 | 
photo:Patrick Siboni


海外で進化する日本の緊縛技法の秘密

――普段の一さんは、一縄会というご自分のサークルがあって、常に講習会もしてらっしゃいますが、その雰囲気ともやっぱり違うと。

一鬼のこ:そうですね。何でも楽しんでますよね。自分自身をエンターテインメントするのが上手いんじゃないですかね。縛り方教えてたりすると、日本の人たちは勉強しようって感じじゃないですか。彼らはそうではなくて、純粋に楽しんでますよね。それともう一つ強く思ったのは、彼らがコミュニケーションと、そしてもう一つ、コネクションを大切にしているということ。

――コネクションとは?

一鬼のこ:コミュニケーションという過程を経て、2人の世界を具体的に作り上げるということかな。


photo:Izaskun gonzalez


――日本のSMでは余り使われない言葉ですね。

一鬼のこ:そうでもない。海外の縛り師さんたちが教わってる人で一番名前を聞くのは長田スティーブなんです。スティーブの名前を冠した縛りの道場もあるくらい。海外の人たちがコネクションを凄く大事にしてるというのは、スティーブは雪村先生のところで習っていて、雪村先生が縛り方を気にする方ではなく、コネクションというか、そのノリを大事にしてる方だからなんですよ。

――縛られる女性との関係性が全てというような。

一鬼のこ:そうですそうです。そういうところがあって。雪村先生に習ってるから、その影響で今、彼らがコネクションを大切にしてるんだなって。縛って女の人を深く入れていくことを大切にやっているなって感じた。

――海外で一さんが改めて気づかされたことが、実は日本から出て行って逆輸入で帰ってきたことという。

一鬼のこ:だから僕も教えられることが増えて、逆にワークショップがやりやすくなりました。コネクションの部分、世界の入れ方っていう授業があって、僕なりのやり方、こういうことを思って縛ってるんだよとか教えた。凄いスピリチュアルな話をしました。縛るときに他に誰かいても、2人だけの世界だよとか、縛ってるときに、思ってる以上に相手のことを大切に思ってるということを最大限に出すとか。そういった感情の部分が縄を伝わって、向こうに入り込んでいくんだよって。


↑ワークショップの参加者たちがそれぞれに見せる、コミュニケーションとコネクション。


――なるほど。

一鬼のこ:普通の外人さんと喋るのと、縄が好きな外人さんと喋るのとでは、やっぱり言葉の伝わり方も違う。縄に興味がある人は、僕のことを縄のスペシャリストだと思ってるわけじゃないですか。だから話すと聞く耳を立てて、僕のことを本当にわかろうとしてくれる。話すときも、伝えるために難しい言葉を使わずに喋ってきたり。本当に伝えたいこと、本当に聞きたいことっていうのは伝わるなって。

――本当に感銘を受けられたんだなってことが伝わってきます。

一鬼のこ:好きだったんだなって思いましたね。僕もやっぱり、辛かったこととか、こうやって続けてるといろいろあったんですが、ああ続けててよかったなと思いましたね。海外の人も考えてることは一緒というか、共通する部分も違う部分もあるけど、共通する部分ではみんな縄が好きなんだなって思いましたね。


Wykd Dave(UK)
photo:Patrick Siboni

■僕と一緒にワークショップやっていた彼は前回のロンドンで僕が教えた生徒でもあって、教えたことをちゃんと守って縛ってたのが嬉しかったな。前回の時、教えたその日の夜に別のフェティッシュイベントがあって、その日のうちに吊り所で教えた縛り方を一生懸命やってました。僕がその場にいることを知っててやってたわけじゃなく、勝手にやってたから余計に嬉しかったですね。


王子
photo:Patrick Siboni

■竹を使って縛ってました。太い竹の上下で展開するという感じ。縛り方が緻密です。モデルのカオちゃんが凄くいいんですよ。若いのに色気があって。艶やかなんですよね。


獅子若
photo:Patrick Siboni

■ワイルドな縛りをしますよね。後ろから髪の毛引っ張ったり。彼は一縄でも一番古い講師なんで、この日のトリにしてもらったんです。誰が一縄で凄いんだって聞かれて、若さんって答えたんです。お客さんも凄い反応がよかったですね。


風見蘭鬼
photo:Patrick Siboni

■風見さんは現地の女の子をモデルに使ったんです。それって相当なハンデですよね。縛られる側からすれば、言葉も考え方も違う人に全部預けるわけで。だから縛る前に風見さんと彼女の間でいろいろな闘いがあったと思う。そして波長を合わせてお互いに歩み寄ったわけです。風見さんのショーっていつもはイカせまくったりと凄いんだけど、今回は海外の女性の気持ちをちゃんと汲み取って、自分を押し売りすることなくやったのは凄いです。尊敬しましたね。


Bruce ArguetZb (UK)
photo:Patrick Siboni

photo:Caritia Abell

■Bruceはボンデージ自体をおしゃれにとらえてる。新しいものを作り出そうっていう発想がありますね。たとえば水中でウェットスーツを着てボンベをつけた女性を縛ったり。こないだのショーでは海外のスクールものをやってました。ツインテールの女の子を男子教師が縛るっていう。留めのやり方とか、テクニカルなところにこだわってますね。自分のやりたいことを押し売りするタイプではなく、観てる人たちをきちんと意識した上でのエンターテイナーです。

photo:Izaskun gonzalez
彼は主催者の一人なんですけど、イベントオーガナイザーという立場では人に何かを伝えていこうという気持ちが大事です。彼にはそれがありますね。そこにいるすべての人たちが、やっぱり縄を愛している人たちで、ゆえに集まっている人たちのことも愛していてっていう。だから集まった人たちが縄をもっと楽しいなって思う。実際、縄好きの人が集まる大きいホームパーティみたいな感じでした。

日本のイベントは、お客さんが楽しめることって、見て感じるくらいじゃないですか。そうではなくて、お客さんたちがいっぱい縛ってましたからね、終わった後の会場で。あくまで主役は参加する個人個人ということを大切にしてるんですよ。お客さんがいろんなことを体験するじゃないですか。ワークショップがあったり、絵を描いたり、ショーを観る、あとは酒を飲んで喋る、終わった後には自分たちが縛る。大まかに分けたらそういう感じですが、参加した人たちが共有できるものをたくさん盛り込んでるんです。それがその後の、縄コミュニケーションって彼らは言ってるけど、たとえばフェイスブックみたいなコミュニケーションに繋がってるんじゃないかと。

彼らはあまり国を意識している感じがないんです。ドイツの、イギリスの、アメリカの縄とか、そうじゃなくて地球人って感じ。ひとりひとりの個性というか、○○人じゃなくて、地球人であり、宇宙人でありみたいな、とても大きい枠で、一人の人間として、一人のオリジナリティとして、とらえてくれるところがある。僕もいろんな人を紹介したり、日本だけじゃなくて、縄をいろんな形でいろんな人が伝えていけるように、これからもアシストしていきたいですね。

(コメント:一鬼のこ氏)
photo:Caritia Abell


photo:Caritia Abell

構成=編集部

関連サイト

渋谷ハプニングバー『眠れる森の美女』

SM緊縛師『一鬼のこ』縄ブログ〜不思議なキノコの世界〜

フォトグラファーPatrick Siboni氏公式サイト

関連記事

日本が世界に誇る緊縛の祭典・一縄会主催「冬縛」レポート!!
2011.01.29 Sat 01.30 Sun at club axxcis
一縄ノ会主催「冬縛縄宴〜とうばくじょうえん〜」特別フォトレポート
2010.1.24.Sun at 渋谷club 『module』
一縄ノ会主催「春縛縄宴〜しゅんばくじょうえん〜」特別フォトレポート
2009.4.17.Fri at 渋谷ハプニングバー 眠れる森の美女
一縄の会主催 「秋縛縄宴」レポート!
2008.10.17.Fri at 渋谷ハプニングバー 眠れる森の美女
 | 
11.12.18更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
WEB SNIPER編集部 |