ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

2012.4.27.Fri at  「Roppongi Jail」 
2012年4月27日 「六本木Jail」にて開催
SMショーパブの老舗として知られる「六本木Jail」で、去る4月27日に開催されたイベント「六本木Jail Show Night」。ファンには恒例、初見のお客には刺激が強すぎる(!?)人気イベントの中身とは......。現場の模様を元SM女王様フリーライター・早川舞さんにレポートしてもらいます!!

取材協力=六本木Jail

 | 
大阪でSMサークル「ORY」を主宰する織田久氏のプロデュース店として知られる「六本木Jail」。こちらでは年に4回「六本木Jail Show Night」と銘打ったショーイベントを開催している。

このイベントは年2回開催されている「和風緊縛」とともに、六本木Jailの目玉イベントのひとつ。ショーはすべて在籍スタッフによるものだが、毎回チームを組むメンバーが変わり、チームごとにテーマを決めて行なうのが特徴だ。今回は去る4月27日に行なわれた、総勢5名の女王様・M女性出演による六本木Jail Show Nightにお邪魔した。

ゴシックな内装に本格的なSM設備が売りの六本木Jailだが、今回のテーマは「羞恥&拷問 SMレズショー」とのことで、あの独特の雰囲気の中、どんな淫靡なレズビアンSMショーを見せてもらえるのか否が応にも期待が高まる。

ショーが始まる10分ほど前に入店すると、客席はほぼ満員。今日のイベントはスタッフの一人のバースデーも兼ねているとのことで、そのせいか流れている空気は淫靡というよりもどこか和やかだった。あちこちのテーブルから談笑の声が聞こえてくる。

が、スタッフがショーの準備に動き始めると、次第にあたりに緊張感が漂いだす。やがて店内が暗くなり、トップバッターとして出てきたのはパフォーマーとしても有名な沙千佳女王様と、M女性・流々嬢。バレリーナを彷彿とさせる真っ白なドレスの流々嬢に対して、沙千佳女王様の黒いボンデージはいかにも「悪そう」な感じだ。

まずは犬用の皿に顔を突っ込ませる犬プレイからスタート。沙千佳女王様は立場の違いを流々嬢に覚えさせると、今度はヨーロッパSMでよく登場する吊り拘束具に固定する。日本の緊縛に比べて固定されていないように見えるこの拘束具だが......まぁ実際これだけだとたしかに固定はされないのだが、他の拘束具も組み合わせてそのあたりはカバー。体の自由を奪うとペンチを取り出し、流々嬢の歯を抜き、足の爪を剥ぐ。


↑西洋ではおなじみの拘束具を駆使して可憐なM嬢を追い詰めていく女王様。爪を剥いだり歯を抜いたりという演出が、演技とはわかっていても痛々しい。


もちろんこのあたりは「フリ」である。だが、パフォーマンス経験豊かな沙千佳女王様がやると、興奮を押し殺したような表情も相まって妙なリアリティが......。続いて蝋燭責め。さっき爪を剥いだばかりの足先を狙うなんてエゲつないです女王様。ショーだとわかっていても爪先が縮んでしまう。

やっと拘束具を外して床に下されたものの、流々嬢は休む暇もない。スパンキングラケット片手の沙千佳女王様に後ろからズコバコとエアで犯され、顔用拘束具を装着させられ、あちこち連れ回された上でまたスパンキングされ......ついにはその場に倒れ込んでしまった。


↑エアファックにスパンキング、顔面拘束とひっきりなしに責められ、ついにその場に倒れ込んでしまったM嬢。が、女王様のスパンキングはまだ続く。


沙千佳女王様が舞台の奥に放り投げたパンを、流々嬢が這いつくばって取りに行ったところでラスト。人間の尊厳をじわじわ剥奪していく様子がたまらないショーだった。

しばらくの休憩を挟んで、次は緋咲澪(ひさき・みお)女王様、M女性・菊門姫嬢とみこと嬢によるショー。こちらはかなりはっきりとしたストーリー仕立てで、音声のない演劇を見ているかのようだった。

始まる前に、魔方陣めいた図柄が描かれた布が床に敷かれたのだが、それを裏切らない、黒いフードに蝋燭を持った姿の菊門姫嬢が登場。蝋燭を置いて魔方陣に祈りを捧げると、奥に二人の女悪魔・親分格の澪女王様と子分役らしいみこと嬢が現われる。


↑いかにもまがまがしい魔方陣が床に敷かれ、黒いフードをかぶったM嬢が登場。どうやら悪魔を呼び出す儀式を行なっているようだ。しかしこういう場合は大抵......。


現われた悪魔たちにフードを脱がされ、鎖で拘束されてしまう菊門姫嬢。悪魔を呼び出したら呼び出した人がいちばんひどい目に遭うというのは、こういうシチュエーションのお約束である。


←みずから召喚した女悪魔たちに拘束され、辱められるM嬢。乳首につけられたクリップを紐で引っぱられて責められる。


それにしても先ほどの沙千佳女王様の拘束具といい、今回の鎖といい、六本木JailのショーはヨーロッパSMがメインなのだろうか。後で聞いてみたところ、「和風緊縛」が終わったばかりだったので、差別化を図る目的で今回はあえて洋風で固めたとのことのことだった。

閑話休題。鎖拘束された菊門姫嬢はクリップと紐で乳首責めを受けた後、服を脱がされラバーチューブ緊縛を施される。緊縛が解かれたと思ったら、そのラバーを鞭がわりに振るわれたりして、このあたり、悪魔がじっとりねっとりと追い詰めていく感じがよく出ていた。

床に転がされて首に紐をつけられ、舞台奥に連れられていったので、これで終わりかと思いきや、さらなる展開が。澪女王様悪魔にすっかり心酔した菊門姫嬢がペニバンフェラをしていると、みこと嬢もやってきてダブルでのフェラが。「何よ、新入りが!」と、服も脱いで気合満々のみこと嬢の心の声が聞こえた気がした。


↑子分悪魔が哀れなM嬢に首輪をつけて奥へと連れていく。これで終わりかと思いきや、次のターンでいきなりのダブルフェラが始まった。が、さらにまだ続きはあって......。


澪女王様悪魔は「だったらあんたたち、二人で仲良くやったらいいんじゃない?」とばかりに二人を魔方陣の上に追い返してレズらせ、みこと嬢に菊門姫嬢をガンガン攻めさせる。澪女王様悪魔はしばらく涼しい顔をして眺めていたものの、やがて近づいてきて、二人の体に媚薬めいた液体を垂らした。クライマックスに近づくと澪女王様悪魔も参加して......うん、これはこっちからはうまく見えないけど、たぶん二人に順番に挿入しているんだろうなという反応。


↑みずからの意志なのか親分悪魔に命令されたのか、M嬢を押し倒してなまめかしい手つきと腰づかいを見せる子分悪魔。親分悪魔がナゾの液体を......。

↑先ほどの液体は媚薬だったのか。さらに激しく絡み始めた子分悪魔とM嬢に近づいた親分悪魔が背後から二人を交互にファック!


やがて澪女王様悪魔と菊門姫嬢は去っていき、みこと嬢が落ちていたフードをかぶって、新たな菊門姫嬢として現世に残ったのだった。体を乗っ取られた、ということですよね。

今回拝見したショーは2つとも、「SMを見せる」ことを軸にしながらも、世界観が明確で物語性が強かったのが特徴的だったように思える。次回のショーイベントは8月の和風緊縛だそうで、この一見ヨーロッパ風で完成されているように見えたスタッフの美意識がどんな形で表現されるのかが楽しみだ。

文=早川舞

関連サイト

「六本木Jail」公式サイト

関連記事

異端の祭典「サディスティックサーカス2011」レポート!!
2011.10.2.Sun at club 「WAREHOUSE」 
異端の祭典「サディスティックサーカス2010」レポート!!
2010.04.17 Sat at Shibuya O-EAST.

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLESS!!」
 | 
12.05.27更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
早川舞 | 六本木Jail |