女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
MERRY ART企画展【第二回】丘の上の秘宝の間~アートでできた秘宝館~ 開催!!
特選AVレビュー 『人気AV女優限定!無礼講すぎる大乱交合コン 四十路熟女編』(セレブの友)
特選AVレビュー『愛玩牝犬継承 喪色の前門肛門嬲り』(シネマジック)
特選AVレビュー『オイルボイン 競泳水着ぬるぬるエッチ 石川祐奈』(クリスタル映像)
人間の盾よろしく、もっとも弱そうな新卒みたいな職員を毎回、交渉担当として前面に押し出してくる厚生省の作戦がやばい 映画『ニッポン国VS泉南石綿村』公開中!!
特選AVレビュー『全身舐めほぐしヒーリングリップサロン/佐々木あき 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『私を犯した男が目の前で違う誰かを犯している』(BAZOOKA)
特選AVレビュー『私、脅迫されてます/優梨まいな』(光夜蝶)
特選AVレビュー『舐められざかり 河原かえで』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『旦那が観たら発狂するビデオ2』(S級素人)
特選AVレビュー『金粉縄奴隷 中里美穂』(ゴールドバグ/妄想族)
ゲームの勝ち負けの先に「負けた時に抱きしめてくれる婚約者がいることのほうが大事なのかもしれない」みたいな景色が見えてくる 映画『リビング ザ ゲーム』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【17】
特選AVレビュー『お義母さん、にょっ女房よりずっといいよ... 八木あずさ』(タカラ映像)
特選AVレビュー『1日中愛に埋め尽くされたラブレズフィスト ~宮崎あやフィストレズ解禁~』(レズれ!)
特選AVレビュー『変態マゾ肛門おねだり淫語4』(クリスタル映像)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年3月号
特選AVレビュー『麗しのキャンペーンガールAGAIN 13』(HMJM)
Hajime Kinoko展『縄痕』開催-Exhibition "Rope Marks"開催!!
特選AVレビュー『慰安旅行ハプニング ずるずる乱交セックスに巻き込まれる社員の妻たち』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
超スケベなご近所ママBEST(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.34(大洋図書)
ナンプレパークmini Vol.11(ミリオン出版)
CRAFT Vol.76(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.15(ミリオン出版)
giri giri Vol.23(大洋図書)
俺の旅 2018年5月号(ミリオン出版)
のぞく!他人と交わり狂う妻(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
新連載 異端のAV監督・ゴールドマンが放つ衝撃の告白小説 毎週日曜日更新!
Autobiographical novel by Goldman [SEX・MOVIE・BLUES]
数々の伝説に彩られた異端のAV監督・ゴールドマンが書き下ろした衝撃の自伝的小説。セックス、ハメ撮り、結婚、逃避、勃起不全……余りにも赤裸々に語られ尽くす、ゴールドマン史における事実、裏話、そして苦悩は、読む者を人生の迷宮に拉致監禁せずにはおかない文学的事件だ。
 | 
セックスという名の快楽には、男も女も、多かれ少なかれ、なにか憧れにも似たような感情を、抱いているはずだ。
しかし、それを、職業として生きていくと、やがて、鉛のリュックを背負ったまま、ぬかるみの海に沈んでいくような、苦悩を味わうことになる。

11 官能小説「美人教育実習生・ゆかりの特別淫語研修」(2)

「へへへッ、ゆかり先生、汚い場所っていっても、アンタこの穴のおかげで、うんちだってしてるんだろう? うんちが出なけりゃ大学院生でも困るだろう? へへへッ!」
「いやあっ! あふんっ、あふうんっ! 下品なこと、おっしゃらないでぇっ……はああんっ、こんなの初めてぇっ……うっ、うしろの穴を……こんなにっ……あっ、ああ〜んっ!」
「いつまでも、カッコつけてんじゃねえよ、マン汁ぐちょぐちょのゆかり先生! うしろの穴じゃわからねえだろっ! ケツの穴って言えよ、ケツの穴って!!」
「はああんっ! ハイッ、ケッ、ケツの穴ですっ! おケツの穴っ! ゆっ、ゆかりのおケツの穴がっ……、ああっ、いやああ〜ん!!」

俺は、一段と、ハイスピードで、肛門を抉った。

「ケツの穴がどうしたってっ? ゆかり先生、アンタ、教師を目指してるんなら、主語と述語をキチンと使えないといけないな、ヘヘッ。ケツの穴がオマンコみたいに感じてどうしようもないんだろう? ちがうかっ?」
「あふぅんっ! そっ、その通りです。ゆっ、ゆかりのおケツの穴がっ……はあんっ……おケツの穴がオマンコみたいに感じてますっ!!」
「ようしっ! 素直になったな、ゆかり先生。じゃあ、そのケツの穴で恋人とセックスしたことはあるのか?」
「いやっ、いやんっ! そっ、そんな汚らしいことできませんっ! あああんっ!こっ、恋人とは……ふっ……普通にっ……はああんっ!!」
「バカヤロウッ! 普通じゃわからないだろ! まったく低脳なメス豚マンコだっ! ちゃんと、どこの穴だか説明してみろっ!!」

俺は、この美人教育実習生の肛門が、裂けて一生使い物にならなくなってしまうくらい、激しくピストンした。

「あひぃぃ〜んっ! オッ、オッ、オマンコの穴ですっ! ゆっ、ゆかりは……あふんっ!……恋人とセックスする時はっ……オッ、オマンコに必ず入れてもらいますっ! いっ、いやあんっ!!」
「じゃあ、オマエはオマンコ専用の女か?」
「あんっ! ハッ、ハイッ! オマンコ専用ですっ!!」
「じゃあ、このケツの指は、全然気持ちよくないのか?」
「いいえっ、いいえっ、いやああんっ! 気持ちいいですうっ……あはあんっ! おケツの穴っ、オマンコっ、オマンコ以上に気持ちいいですっ! オマンコみたいにっ……うううんっ! オマンコ以上に……おケツっ、おケツの穴、すっ、すんごく気持ちいいい〜〜っ!!」

肛門のすぐ下にある肉のただれた裂け目からは、信じられないほど大量の粘液が、ねば〜っと糸をひいて、床にスケベ汁の水たまりを作ってる。

ワイセツな言葉責めで、カラダだけでなく、脳ミソまでもが、オマンコになったゆかり。

「じゃあ、ケツの穴もオマンコになったってことかい? チンボコ好きのゆかり先生?」
「あうんっ! そっ、そうですぅっ! ゆっ、ゆかりのおケツはオマンコになりましたっ! はああんっ! ケツマンコですっ! ケツマンコッ!! ゆかりは、ケッ、ケツマンコの女ですぅぅっ!」

卑猥な言葉を口にしながら、どんどんエロスにのめりこんでいくゆかり。かつて、キャンパスで健全な恋愛しか経験してない彼女は、全身性器になるオルガに自我を失っていた。

「いやあんっ! おケツッ、おケツのマンコにチンボコッ、チンボコ入れたいっ! ゆっ、ゆかりのケツマンコにぃっ、あふんっ! ケツマンコに、チンボコくださぁいっ! 教頭先生、おっ、お願いいたしますぅっ……はあんっ!!」

俺は、完全に肉便器化した美人教育実習生の拡張された上品アナルに、ギンギンにはち切れそうで、先っぽからカウパーよだれをたらしてる極太のペニスを、メリメリとめりこませていった。

「ひいいっ! ふっ、ふといいっ! 教頭先生のチンボコッ! ふとすぎますぅっ! はああ〜んっ! ケッ、ケツマンコが裂けちゃいそうですぅっ! ゆっ、ゆかりの……おっ、おケツのオマンコッ……へっ、変な感じっ……あああ〜んっ! おケツマンコがひろがっちゃってぇっ、なんか出ちゃいそうおぉ〜っ! あひい〜んっ!!」

いくら自分自身のネバつくスケベ汁で、よくよくほぐした穴とはいえ、生まれて初めて本物のペニスを、肛門にねじこまれれば、エリート大学院生でなくても、悲鳴をあげることだろう。

ビシイィッ!!

俺は、ゆかりの形のいい尻たぶをブッ叩きながら、極太のペニスが出たり入ったりしてる、美人の肛門を凝視して、ズブリズブリと女を犯していった。

「いやああっ! いやあんっ! 裂けちゃうっ! 裂けちゃうんっ! でも気持ちいいっ! おケツッ! おケツマンコッ! ゆかりのケツマンコッ、ふとすぎるチンボコがいいい〜〜っ!!」
「下品な女だ! ゆかり先生、神聖な学校で、ケツだの、マンコだの、アンタ、恥ずかしくないのかね? 教師になりたいんだったら、もっと違った表現があるだろ?」
「あひんっ! あひいんっ! ハイッ、すみませんでしたっ! こっ、肛門ですっ! ゆかりの肛門に教頭先生の肉棒が、ああっ、んんっ、つき刺さってございますぅっ! ゆかりはっ、今まで恋人とは膣でしかっ……はあああんっ、交尾したことがございませんでしたがっ、いやあああんっ、肛門に肉棒をぶちこんでっ……あふうんっ!……いただいてっ……いいいっ! 大変に光栄でございますぅっ……ひいんっ!!」

ビシィッ! ビシィィッ!!

俺は、抉るようにゆかりの尻穴にビストンをくり返し、白い肌が真っ赤に腫れあがるくらい、本気でケツ肉をブッ叩いた。

「ヘヘッ、カッコつけんなよ、ゆかり先生。もっと下品な自分のほうが、大好きなんだろ? カッコつけてねえで、本当の自分を見せてみろよっ! 気取ったバケの皮をはいで、ただのヤリたいだけのメスの本性を見せてみろっ!!」
「あふうんっ! 上品ぶって、すみませんでしたっ! はああ〜んっ、ゆかりはっ、ただのチンボコ好きのケツマンコ女ですぅっ! いやあんっ、男子校のっ……教師になってぇっ……ああんっ、……たくさんの男子たちのチンボコでっ……犯していただきたくてえんっ……はあんっ……お口も、ケツも、オマンコもおっ……んんっ、……ねばねばでドロドロの精液でぇっ、……いやああんっ、……いっぱいにされたくてっ……ああんっ、……だからっ……教師になりたいぃっ……はふんっ……どうしようもないチンボコ狂いの大学院生っ……いやああっ……ゆかりはっ、そんなケツマンコ女ですぅっ……あぁぁ〜んっ!!」

最初に教育実習に来た日には、まさかこんな淫乱メスの本性を隠しもっているとは、誰が想像したことだろう。

イヤらしい言葉を口にしながら、はじめての肛門性交で、完全にオルガに達するゆかり。
インテリ大学院生であるがゆえのマゾ体質。

俺の極太ペニスは、もう破裂寸前だった。

「そうか、ゆかり先生は、やっぱりチンボコ欲しさに教師になろうとしていたのか! へヘヘッ、うちの学校で採用されたら、毎日毎日、朝昼晩と、死ぬほどチンボコしゃぶらせて、オマンコとケツ穴にも生でチンボコすり切れるまでぶちこんで、それで飽きたら、全校生徒のザーメン処理便所として使ってやる! どうかね? ゆかり先生」
「はああ〜んっ、うっ、うれしいですぅっ、ゆかりの穴、全部チンボコで使っていただけるなんてぇっ、……あふぅんっ、……ゆかりは、教頭先生のっ……いいっ、……チンボコ奴隷になりたいですぅっ! ……あああんっ!!」
「ようしっ! 可愛いこと言うじゃないか、ゆかり先生。そろそろ、キンタマに溜まったオタマジャクシたちが、お外に出たいって暴れだしたようだ。さあ、ゆかり先生の大好物のねばねばザーメンをぶっかけてやるから、きちんとお願いをしなさいっ!」
「あぁんっ! おっ、お願いですっ! ゆかりにっ、教頭先生の……はああんっ……ドロドロの精液を……たくさんっ……たくさんっ……あんっ! ああんっ!……めぐんでくださいっ!!」
「バカヤロウッ! 気取って、精液なんて、ぬかしてんじゃねえよっ! チンボコザーメン汁って言えっ! ドロドロくっさいのを、ぶっかけて欲しいってな!!」
「はああんっ! すっ、すみませんでしたっ! あんっ、……ああんっ……教頭先生のっ……んんっ……ドロドロでっ……くっさい……くさすぎるっ……いやあんっ……チンボコサーメン汁さんをっ……ゆかりにっ……ゆかりの顔にぃっ……はあ〜んっ……ぶっ、ぶっかけてえ〜んっ!!」

俺は、ギュウギュウしまる美人の肛門から、破裂しそうなペニスをひきぬいて、ゆかりの顔面にこすりつけた。

現役大学院生の美貌は、みるみるうちにザーメンの海となった。粘り気のある大量のキンタマから出た汁を、ゆかりのまだアエいでいる唇に押し込んでやる。もちろん、ペニスがキレイになるまで、最後の一滴までしゃぶらせて、研修は終了となる。美人教育実習生のひろがった肛門からは、まだ愛液まみれのオマンコにむかって、血が流れていた。

誰もいない視聴覚室に、生ぐさいザーメンの匂いだけが、充満していた。

そして、ゆかりは、次の日の朝から、俺専用のザーメン処理肉便器となった。

END

(続く)

関連記事

新連載直前! 特別企画
harrehare_index.jpg
異端のAV監督・ゴールドマンが来る!!
ゴールドマン 87年にアートビデオより「電撃バイブマン」で監督デビュー。その後、実験的な作品をリリースするなどAV業界に対して常に挑戦的な姿勢を持ち続ける。中でも89年に発表された60分ワンカットの8ミリビデオ作品「なま」は伝説級。近年はハメ撮りでの言わせ系淫語で独自の世界を展開。20年間で約1500人の女とハメ撮りし、300本以上のハメ撮り作品を制作してきたAV業界の巨頭。
 | 
10.09.12更新 | WEBスナイパー  >  セックス・ムーヴィー・ブルース
文=ゴールドマン |