本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
特選AVレビュー『脳イキ 星あめり』(HMJM)
特選AVレビュー『憧れの女上司とふたりで地方出張に行ったら急遽現地の温泉宿に一泊する事になりました。 成宮いろは』(タカラ映像)
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第1回 五反田「AMANDA」紫月さん・優希かりんさん【1】
特選AVレビュー『メスころがし/北川ゆず 』(ワープエンタテインメント)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』303号室
特選AVレビュー『ノーパン中出し散歩 星奈あい』(PETERS)
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』402号室
資料系同人誌の即売会「資料性博覧会・大阪」開催日時と参加者募集のお知らせ!!
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』302号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』304号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』202号室
プレイ心を煽るエロティック・ラグジュアリースタイルホテル『FIRE HOTEL Nw(ファイアーホテル ヌー)』301号室
特選AVレビュー『3センチメートル 高まる鼓動を感じる距離』(SILK LABO)
特選AVレビュー『あ~やらしい!61 爆乳ドエロの精飲痴女 本真ゆり』(S.P.C)
読者代表変態仮面がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」麻里奈さん【3】
アクセスアップ
新刊情報
こぼれ落ちそうなおっぱい(大洋図書)
アップル写真館特別編集 隣の変態奥様を探せ Vol.3(大洋図書)
五十路妻 六十路妻プレミアム Vol.2(ミリオン出版)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.3(ミリオン出版)
ナンプレパークmini Vol.12(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.36(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2018 夏(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.17(ミリオン出版)
俺の旅 2018年9月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年9月号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
新連載 異端のAV監督・ゴールドマンが放つ衝撃の告白小説 毎週日曜日更新!
Autobiographical novel by Goldman [SEX・MOVIE・BLUES]
数々の伝説に彩られた異端のAV監督・ゴールドマンが書き下ろした衝撃の自伝的小説。セックス、ハメ撮り、結婚、逃避、勃起不全……余りにも赤裸々に語られ尽くす、ゴールドマン史における事実、裏話、そして苦悩は、読む者を人生の迷宮に拉致監禁せずにはおかない文学的事件だ。
 | 
セックスという名の快楽には、男も女も、多かれ少なかれ、なにか憧れにも似たような感情を、抱いているはずだ。
しかし、それを、職業として生きていくと、やがて、鉛のリュックを背負ったまま、ぬかるみの海に沈んでいくような、苦悩を味わうことになる。

12 めばえ

2010年3月5日、午前11時20分、新宿は歌舞伎町にあるラブホテルFに入る。
人妻系エロ雑誌の付録のDVDのための撮影だ。もちろん、一対一のハメ撮りだ。

ここ数年の俺は、ハメ撮り前夜になると、考えたくはないのだが、どうしてもナーバスになってしまっていた。

“明日は、どんな女とハメるんだろう?"
“その女は、エロいのか? エロくないのか?"
“俺のペニスは、ボッキできるのか?"
“そのボッキは、持続可能なものなのか?"
“射精するとき、しごきすぎて、次の日ペニスは痛くなっちゃわないのか?"

俺の頭の中は、考えなくていい不安材料で、いっぱいになっていた。

しかし、どうだろう?

今日の俺は、まったく別人だ。
嵐が過ぎ去った後にできる、青空の虹のようだ。
全くもって、生まれ変わった気分だ。

9日前に、衝動的にエロ小説を書いてから、なにか俺は、別の生き物にでもなったかのようだった。とにかく、肩の荷がおりたというよりは、自分の中身から、得体の知れないエネルギーが、ものすごい勢いで噴出してきている感じ。そして、それは、強烈に俺を、サポートしてくれていて、頼りになる奴だった。

決してタフで、マッチョで、ワイルドなハードポルノの登場人物、もしくは、永遠に射精をくり返しても、ペニスはギンギンにボッキしつづける都合のいいエロマンガの主人公にでも、なったわけではないけれど、とにかく俺のカラダの内側から、新しいエロスのマグマが、あふれ出していた。


ラブホテルの部屋に入ると、雑誌編集者とハメ撮りする女が、すでに待っていた。
15分ほど打ち合わせして、編集者は会社に戻り、俺は女と2人っきりになった。

初対面のこの女は31歳、2カ月前まで医療系の出版社のOLだったという。
名前は、キミカ。プライベートが退屈すぎたので、OLを辞めて、AVに出たらしい。
数日前にSM撮影も体験済みで、縄で縛られて、何回もオモチャでイカされまくって、最後に浣腸までされちゃったと、彼女はうれしそうに語ってくれた。

顔はちょいブス、手足は短い、素人くさくて、セックスしたくてしょうがない。
俺にとっては、完全にストライクゾーン。
俺は、まったくボッキの心配も忘れ、そのキミカというエロ女のカラダと、約2時間にわたって交わった。

なんの憂いもない、満足のいくハメ撮りだった。

女がシャワーを浴びているあいだに、編集者に電話して、チェックアウトに来てもらう。
撮影機材を片付けて、撮り終わったビデオテープを、編集者に渡してギャラをもらう。
別れ際に、自分で書いたエロ小説のコピーを“読んで感想を聞かせてほしい"と、彼に手渡した。

新宿駅までの帰り道、20年以上も前に、はじめてハメ撮りをしたあの日のことを、思い出した。

懐かしくもあり、さわやかな青春の風が吹いた。

さすがにセックスしながら撮影もして、おまけに大量の精液を女の顔面にぶちまけたので、カラダはそれなりに気だるい感じだったが、俺は、ひどく、すがすがしい気分だった。

スレ違う制服姿のOL、ファストフードのアルバイトの娘、デパートから出てきたブランド品を身にまとったセレブ熟女、俺は、つい先ほど射精したばかりなのに、こういった女たちすべてと、無限にセックスできそうなくらいに、自分の中だけで盛り上がっていた。

まあ、実際にそんなことになっても、俺のペニスはもうくたくたで、まるで使いものにはならないだろうし、そんなエロいシチュエーションにもつれ込む可能性は、0パーセントだ。

単なる俺の妄想だ。
調子にのった妄想だ。
だが、生まれ変わったこの俺の妄想は、極めて絶好調な妄想だった。

そう、それでいいんだろう。
俺は、自分自身へのご褒美として、新宿東口のアルタ裏にある回転寿司で、大好物のエビとサーモンを、たらふく食べた。

これこそ、真のエクスタシー。

俺という名の欲望は、最大級の満足を得た。
この日は、俺の人生に、春の訪れをつげる、特別で最高な一日となった。
生きることは、すばらしいと噛み締めた夕暮れ。


13 センズリ魂

ボッキは、男のプライドだ。
ボッキは、男を、真実の男にする。
完全にボッキすることによって、男という生き物は、自信を持って、心から、女を愛することができる。

俺のこれまでの人生における総射精数のうち、セックスにおける射精なんてものは、ほんのわずかなものだ。
オナニーという砂漠の中で、黄金の粒を、見つけだすようなものだ。
ということは、愛だの、女だの、ボッキだのいう前に、一番大切なものは、オナニーのオカズになるものだ。

白いゴハンだけを、毎日三食、食べつづけることは、不可能だ。絶対に、オカズが必要だ。
妄想だけでもオナニーは、できる。
でも、より妄想をふくらまし、美味しく、現実的に、料理したものを味わいたい。
自分がオナニーするだけでは、一人よがりかもしれないが、他人のオナニーの役に立つことは、すばらしいことだ。

だから、ボッキで悩むよりは、よりよいオナニーのオカズ作りで、悩みたい。

まだ、恋愛すらしたことのない少年時代の、妄想のエロスからはじまって、ボッキしにくい中年以降の人生に、再び、強烈なエロスの妄想が、よみがえる。

なくてもいいものかもしれないが、これが、俺の、元気の源なのだ。

もう、ボッキだの、セックスだの、関係ねえ! とにかく、俺の中のエロスの妄想力で、世界中の男のペニスを、ギンギンに興奮させて、夢のような射精に導いてやりたい!
それが、俺という人間を、これまで支えつづけてくれた、エロの世界への本当の感謝だ。

中学生から、唯一、つづけてきたのは、オナニーだけだったから……。

すべてのオナニーのオカズたちよ、ありがとう!
そして、俺は、無限の妄想エロスの旅に出る。父親のペニスの先から飛び出した、オタマジャクシだったあの頃のように……。

(了)

関連記事

新連載直前! 特別企画
harrehare_index.jpg
異端のAV監督・ゴールドマンが来る!!
ゴールドマン 87年にアートビデオより「電撃バイブマン」で監督デビュー。その後、実験的な作品をリリースするなどAV業界に対して常に挑戦的な姿勢を持ち続ける。中でも89年に発表された60分ワンカットの8ミリビデオ作品「なま」は伝説級。近年はハメ撮りでの言わせ系淫語で独自の世界を展開。20年間で約1500人の女とハメ撮りし、300本以上のハメ撮り作品を制作してきたAV業界の巨頭。
 | 
10.09.19更新 | WEBスナイパー  >  セックス・ムーヴィー・ブルース
文=ゴールドマン |