本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『MANIAC SEMEN 特別版 ごっくんシェアハウス!大家さん専用チ○ポになった僕達』(S.P.C)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第63回
杉浦則夫緊縛写真展『縄の磁場』開催!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
異端のAV監督・ゴールドマンが放つ衝撃の告白小説 番外編
Autobiographical novel by Goldman [SEX・MOVIE・BLUES]
数々の伝説に彩られた異端のAV監督・ゴールドマンが書き下ろした衝撃の自伝的小説。セックス、ハメ撮り、結婚、逃避、勃起不全......余りにも赤裸々に語られ尽くす、ゴールドマン史における事実、裏話、そして苦悩は、読む者を人生の迷宮に拉致監禁せずにはおかない文学的事件だ。
 | 
セックスという名の快楽には、男も女も、多かれ少なかれ、なにか憧れにも似たような感情を、抱いているはずだ。
しかし、それを、職業として生きていくと、やがて、鉛のリュックを背負ったまま、ぬかるみの海に沈んでいくような、苦悩を味わうことになる。

番外編 世界で一番むなしい射精

結論から言うと、およそ11年ぶりの自腹のフーゾク体験は、この上なく無残なものとなった。
やはり、人生は甘くない。一瞬の油断が、命とりとなる。
......それは、ちょっと大げさすぎるのかもしれないが、しかし、悲惨な結末を得るために、わざわざ金を払う必要は、これっぽっちもありはしないのだ......。

きっかけは、こうだ。
その4日前の月曜日、WEBスナイパーの撮影で、鶯谷のラブホテルにいた。ある性的弱者の女性に、はじめての淫語責めプレイを実践させるという企画。性的経験の極めて少ない彼女にとっては、ひどくハードルの高いもののように思えたが、それが逆に、おもしろみのあるものになるのでは?との狙いだった。しかし、結局、ボッキはしたものの、自分自身が最終的に射精には至らず、なにか尻切れトンボのような、モヤモヤ感の残る後味の悪い一日となった。
プロのエロ事師の仕事としては、「完全なる敗北」であった......。

それから数日は、そのモヤモヤ感が、オレの五体を支配した。食事中も、本屋で立ち読みしている時も、ベッドに横たわって眠りにつこうとする時でさえ、そのモヤモヤした気分は、決して離れようとしなかった。

そこでオレは、考えた。
このなんとも言いがたい射精未遂の敗北によるダメージを克服するためには、やはり、スッキリとした気持ちのよい射精の勝利感を得る以外にない!......と。丁度、その頃、恋人もセフレ的存在もなかったオレは、迷うことなく、その答えがフーゾク方面にしかないと悟った。

その考えが、そもそもの誤りだった。
ふり返ってみれば、自分の人生で、一度たりとも、「いいフーゾク嬢」に当たったためしがなかった。まるで、フーゾクの神様に見はなされてるかのように......。
11年前に、ひさしぶりに行った吉原の高級ソープでさえも、それなりにルックスは可愛い娘が相手だったのだけれど、結局、ヴィジュアル系のバンドマンの追っかけをしてるという話を延々聞かされて、心底うんざりして帰った思い出しかない。
しかし......もう26年以上もエロ業界で働いている自分としては、それなりにクオリティの高いフーゾク嬢を、今は選別できるというヘンな自信が、その時は確かにあったようだった。
そう......なんの根拠もない......へンな自信だけが......。

まずは、こうだ。
地元のデリヘル情報を、ネットで調べてみた。いろいろと調べているうちに、ひとつだけ気になる店を発見した。「しろうとミセス専門の......」という人妻デリヘル店だ。他の店の写真は、Tバックだの、ガーターベルトだの、いわゆる挑発的なエロ人妻のイメージを演出していたが、その店だけは違っていた。
もちろん、顔はわからないように加工されていたが、まちがいなく「ズブの素人」のニオイがした。なおかつ、料金も他店より2割程度安く、とてもリーズナブルで親切な印象だった。
オレは、決めた!
"絶対、この店しかない! いや、むしろオレは、この店にめぐり会うために、今まで様々な苦労を重ねてきたんだ! ここの「しろうとミセスさん」と、いちゃラブプレイをして、かつてない最高の射精を得るために、オレの人生は困難の連続だったんだ!"......と。
オレは心の中で、高々とVサインをかかげたのだった。

その夜は早めに休んで、翌日、朝6時に目が覚めた。
そして、ひさかたぶりのフーゾク体験に、胸をワクワクさせながら、"やはり朝食は、キチンととったほうが良いプレイができるだろうな!"とか、"ヨーグルトとか食べたほうが、濃厚な精子がでるかもな?"とか、"シャワーで細部まで念入りに洗ったほうが、好感度アップだな!"とか、まるで童貞少年だった18才の頃のように、妄想をふくらませた。
それから、お気に入りのアニソン『這いよれ!ニャル子さん』、『波打ち際のむろみさん』を聴きながら、自分を高めて店のオープンを待った。

午前10時15分、オレは少しドキドキしながら、店に電話をいれた。
昨晩チェックしておいた、一番しろうとっぽくて、小柄で純情そうな、フーゾク未経験という33才のトモミさんを指名した。
すると......、
「あ~、トモミさんはちょっと遅れちゃってるんですよね~......、おんなじようなコで、ルミコさんっていうコならすぐ出せますが?」
「え!? ルミコさんですか? あの~、小柄なコがいいんですけど~?」
「ルミコさんも小柄でいいコですよ~! 年も同じだし、とってもいいコです~!」
「え~と、トモミさんとルミコさんでは、中身はどっがHですかね~?」
「あ~、むしろ、ルミコさんのほうがいいですね~、オススメですよ~! ルミコさんなら、今すぐにでも出せますが~!」
「あ、じゃ、じゃあ......お願いします~!」

賢明な読者のみなさんなら、もうおわかりのことでしょうか?
そう、オレのさらなる「完全な敗北」は、この時点ですでに決定されていた。
フーゾクではよくあるダマシの手口だ。そんなことは、十二分にわかっていたはずなのに、その時のオレの脳ミソは、"しろうとミセスといちゃラブプレイで、素晴らしすぎる射精ができる!"という、甘ったるい妄想にあふれ、正気を失っていた。
まさか......あんなことに......なろうとは......夢にも思っていなかった......。

40分後、指定された安いラブホの部屋で、胸を高鳴らせ、チンコをいぢりながら待つオレの目の前に現われたのは、お菊人形のようなオカッパ頭を茶髪に染めて若作りした、今年51才になったオレよりも確実にひと回りは年上であろう、無数のシワが顔面に刻まれた単なるしょぼくれババアだった......!?
3年前より実家の近所に住んで、年老いた母親の面倒を時折みている自分としては、極力、「ババア」という言葉は使いたくはなかったのだが......、......、......、......が、しかし、その安いホテルの部屋にやってきた「しろうとミセス」という名のフーゾク嬢は、どこからどう見ても、正真正銘、生物学的に「ヒト科の老女」だったのだ......!!

......これまでも、AVの撮影で悲惨な女はそれなりに相手にしてきたつもりだったが......それらの比ではない!
"なにが憎くて、わざわざ金まで払って、こんなボッキしたくもないレベルの生物を相手に、射精を目指さなくてはいけないんだ!"
......それがオレの本心だったが、グチを言ってもはじまらない。
今は目の前の現実に、勝利する以外にない! ......オレは、自分を責めたい気持ちをおさえつけて、とにかく、この老女のことを少しでも好きになって、より良い関係を築きあげ、スムーズなボッキ~射精を獲得できるよう最大限の努力を開始した。

......しょぼくれシャワールーム。
オレは、コミュニケーションを深めようと、せいいっぱいの作り笑顔で、老女に質問してみた。
「この仕事は、どのくらいやってるんですか?」
......耳が遠いのか? ......ムダに長い沈黙の後、老女はボソッとこう答えた。
「ん~......実は、昔、15年くらい別の店で働いてたんだけど~、でも~、この店は、まだ3~4年かな~?」

"!?!?!?!?!?!?!?"

この瞬間、オレの"しろうと"への幻想さえも、こっぱみじんに打ち砕かれたのだ......!
"それって完全に、フーゾクズレしてる「超くろうと」じゃねえか!!"
オレの精神世界の99.99%は、絶望の淵に突き落とされた。
......それでも......深い悲しみを悟られないよう作り笑顔を続けた。

それにしても、この老女のカラダからは、「やる気」というものが一切感じられない。やはり、一番料金の安い60分コースなので、手取りの金額が少ないのが不服なのか? それとも、オレが若くもなく、イケメンでもないのが気にいらないのか? いずれにしせよ、サービス業に従事する人間とは、およそ思えないふてぶてしさである......。とにかく、ベテランとか言ってるわりに、シャワーの洗い方が雑。ふつうならぱ、この段階である程度、エッチな気分をもりあげるなにかしらがあるはずなのだが、この老女の場合は、ただボディソープを乳首と股間になすりつけて、洗い流すだけの作業......。
当然チンコは、ピクリとも反応せず......でも......それでもオレは、心の水面下で、彼女を好きになれる可能性を模索していた......。

......しょぼくれ全身リップ。
できれば、カラダじゅうを舐めたられたくはなかったのだが、いちおう金は払ってしまってるわけだし、フーゾクプレイとはそういうものなんだし......オレはなるべく、老女の顔とカラダを直視しないよう注意して、"この人にも、十代の可愛らしい女学生時代かあったはずだよな~?"と、いい部分だけを見つける努力をしながら、ただ遠い目で天井だけを見つめた......。

......しょぼくれフェラチオ。
通常フーゾクでは、当然もっともキモチのいい行為のはずだが、この老女のフェラの場合は、逆にキモチ悪くもなってきた。
しかも、フェラの吸引力は、普通の女の3分の1程度だ......。
これまで過酷なAVの現場で訓練してきたおかげで、かろうじてボッキすることはできたものの、このしょぼくれたフェラでは、100万時間しゃぶられ続けたとしても、絶対に射精することはありえないだろう......。むしろ、しばらくしたら、チンコもなえなえになって、この老女を前に一度萎えたチンコは、二度とたちあがることできないだろう......。
......オレは、そう確信した。

"あぁ~、このまま虚しく時が過ぎてゆき、最終的に時間切れで射精すらできなかったとしたら、また惨めな敗北だ! おまけに今日は、金まで払ってる! 長年エロ業界で、ゴールドマンとして活躍してきたものも、この「やる気」なしなし老女のせいで台無しだ! 一切が無意味になる~っ!!"
......しょぼくれフェラをされながら、頭の中をネガティブすぎる思考がぐるぐる回転していった......。

それでオレは、決断した。"最終手段だ!"
そう、この老女のしょぼくれフェラでは、永遠に射精できないことは、わかりきってしまった。......そこで、作戦変更だ!
幸い、この辺りのデリヘルは、かなりの確立で本番させているらしい......。もう、やる気も実力も見た目の魅力もないのだから、本番してマンコの圧力で射精するしかない!
たぶん、こんな老女だから、プライベートでは絶対マンコを使ってないだろうから、そのマンコのキツさを利用すれば、わずかだが射精できる可能性はある。少なくとも、やる気なしなしのしょぼしょぼフェラよりは......。
でも、直接交渉すると、万が一、断わられたり、追加の金を要求されるかもしれないから、この老女を本気でキモチよくしてやって、自分のほうからチンコを入れたくなるようにしむけよう......!

そういうわけで、オレは勇気をふりしぼって、老女のマンコをなめはじめた。
「あ~ら、舐めたくなっちゃったの~?」
老女は少しうれしそうに、上から目線でつぶやいたが、オレはスルーした。
とにかく、残り時間もわずかだし、老女だろうがなんだろうが、オレは一心不乱に、舐めるしかなかったのだ。
それも、ただ形だけのクン二ではない。
このやる気なしなしのしょぼくれ老女を、本気て感じさせるために、心をこめて、愛情たっぷりに、マンコを舐めつづけたのだ。
オレは、心の中で呪文のようにくり返した。
"心をこめて......舐めるべし! 心をこめて......舐めるべし! 舐めるべし! 舐めるべし! 舐めるべし! 舐めるべし!"

......どれくらい時間が経過したのだろう?
少し涙目になったオレが、マンコを舐めれども舐めれども、この老女という物体は、ウンともスンとも声も出さず、吐息のひとつも洩らすことなく、ただ、ただ、ペチョペチョと必死にマンコを舐めつづける音だけが、むなしくラブホの天井にこだました。

残り5分......
もうフェラだの本番だの言ってる場合じゃない!
とにかく、射精することだけを考えて、オレは老女に乳首を舐めさせながら、ただひたすらに自分の右手でチンコをしごいた。途中、ためしに老女にキスさせようとしたが、身のほどしらずにも、「キスだけはイヤッ!」みたいな素振りを老女は見せやがったので、しかたなく乳首だけを舐めさせつづけた。
......オレは、集中した。
ゆっくりと目を閉じて、昔よくヌイたエロ漫画、近所のスーパーのレジの奥さん、TBS女子アナのマスエリ......、もう完全に目の前の「やる気なしなし老女」のことは自分の中から消し去って、自分に都合のいい妄想だけの世界で、チンコをしごいて、しごいて、しごきぬいた!

そして......ビュルッ! ビュルルルル~ッッ!!

ついに、念願の射精に到達した!!

ふぅ~っ......
それを横目で見ていた老女が、最後にひと言つぶやいた。
「やっと出せたのね~、キモチよかったの~?」
......オレは、心の中で絶叫した!
"アンタさえいなけりゃ、もっと、もっと、もっと、もっと~、キ・モ・チよかったよ~っっっ!!!"

フフフッ、今回の勝負は、かろうじてオレの勝ちだったようだ。
しかし、アリ地獄のような壮絶な戦いだった。
現実はつねに、過酷な戦場だ。
でも、オレは負けない! 次回こそは、ステキな「しろうとミセス」といちゃラブプレイを決めてやる!
そうだ、そのために今日から100円玉貯金をしよう!
帰りに、ダイソーで貯金箱を買って帰ろう!
......11年後のステキないちゃラブプレイを目指して!!

(了)

関連記事
異端のAV監督・ゴールドマンが放つ衝撃の告白小説
セックス・ムーヴィー・ブルース
異端のAV監督・ゴールドマンが放つ書き下ろし小説第2弾
セックス・マイナス・ラヴマシーン
特別企画!
2014ゴールデンウィーク特別企画
ゴールドマン×まな~ガチ淫語実践講座!!
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画
『親密―艶母たちの秘愛相姦』(オークス)
『まりこさん人妻欲情視線』(クロエ出版)
『女子穴・志穂ー人妻キャスター肛辱痴獄』(エンジェル出版)
『種付けストーキング』(エンジェル出版)
「さくらだくん」(『アクションピザッツスペシャル 2012年12月号』/双葉社 所収)
『人妻を輪姦す8つの方法』 著者=葵ヒトリ (一水社)
『童貞鎮魂姦』 著者=にったじゅん (三和出版)
『フェラピュア』 著者=Fue (ティーアイネット)
『淫華-犯されママと拡張女教師-』 著者=風船クラブ (クロエ出版)
『はじめよっか』 著者=EB110SS (茜新社)
『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
『純潔マニアック聖女』 著者=二宮亮三 (コアマガジン)
『媚少女ぱーてぃー』著者=いぶきち(コアマガジン)
『純愛コラプス』著者=流一本(ヒット出版社)
『濡れてる人妻』著者=やながわ理央(富士美出版)
『娘これ♀ 』 著者=井ノ本リカ子(マックス)
『彼女の穴。』 著者=早乙女もんどのすけ(一水社)
ゴールドマンのロックンロール・オナホール
ゴールドマンの今日から使える淫語講座
radio_mg.jpg
ゴールドマンの今日から使える淫語講座
押忍!! アダルト塾!
押忍!! アダルト塾!
ゴールドマンのロックンロールSMクラブ
鬼才AV監督・ゴールドマンがSMクラブをガチンコ探訪!
第1回 東京・池袋「無我」りんさん
第2回 東京・鶯谷「SMクラブ マスターズクラブ」あすみさん
第3回 東京・池袋「無我」若葉さん
第4回 東京・池袋「エレガンス」かのんさん
第5回 東京・池袋「エレガンス」りほさん
第6回 東京・錦糸町「SM倶楽部セ・ラヴィ」いくみさん
第7回 千葉・船橋「SM倶楽部フィーメール」ゆきさん
第8回 東京・池袋「無我」あやめさん
ゴールドマン 87年にアートビデオより「電撃バイブマン」で監督デビュー。その後、実験的な作品をリリースするなどAV業界に対して常に挑戦的な姿勢を持ち続ける。中でも89年に発表された60分ワンカットの8ミリビデオ作品「なま」は伝説級。近年はハメ撮りでの言わせ系淫語で独自の世界を展開。20年間で約1500人の女とハメ撮りし、300本以上のハメ撮り作品を制作してきたAV業界の巨頭。
 | 
14.06.01更新 | WEBスナイパー  >  セックス・ムーヴィー・ブルース
文=ゴールドマン |