本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『Billy』1983年7月号 毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第25回


永山薫インタビュー part2
取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス、永山薫氏のインタビュー第2弾です。
『Billy』1983年7月号/白夜書房
 | 

<< 前回の記事を読む


80年代前半のビザール/ボンデージ状況

永山:青山くんの話に戻すと、知り合ったのは白夜書房で仕事をするようになってから。『Billy』の仕事を編プロから受けて、白夜と仕事をするようになった。それから知り合ったんだけど、なんだろう、結構お互いの興味の範囲が似てたっていうか。

──『Billy』ってそれ以前のエロ本にあった日本的情緒を削ぎ落として、あっけらかんとした「変態」のパワーを誌面に出してた、とんでもない雑誌ですよね。スカトロ、SM、獣姦、死体、フリークスなどがページを埋め尽くしていました。それにしても、たとえば死体ネタって当時はどこで調べるんですか?

永山:僕がやったときは、よそから写真が回ってきたの。コレクターがいるんですよ。でも書き手がいないんで、「やんない?」って誘われて、書くよって。『Billy』でやってた仕事のうち、死体は自分が持ち出したネタじゃないですね。自分が持ってきたネタはボンデージ。50、60年代のビザール・アートは自分で探してきた。あとは書評や人生相談のページを担当。

──ビザール雑誌は個人で輸入するんですか?

永山:いや、洋書屋の隅っこにあったんですよ。いちばん手に入れやすかったのは、渋谷の大盛堂の地下にあった「アルバン(ARBAN)」(2004年7月28日閉店→オリエントルクス五反田店に統合)っていうマニアックな軍装と洋書の店。ナチの軍服とか洋エロ本とか変なモノがあって、店もどういう基準でやってるのかわからないけど、日本のエロマンガの逆輸入版とか。青山もこういう変なもん好きだったから、たまに会って雑談したり、企画一緒にやったりとか。そういう仲間でしたね。

──当時は青山さんはロリコンで有名だったんですか?

永山:彼はロリコンとクスリですね。ロリコン、クスリ、音楽。僕は『Billy』で死体、ボンデージ、あとバカなネタいろいろ。で、そのへんで「面白いヤツいるなー」って感じで。彼が『Hey!Buddy』やった後も、『サバト』や『フィリアック』とか、いつも「書かない?」「ネタ出ししない?」って声かけてくれた。『危ない1号』の4巻(青山正明全仕事)の中にも、僕の名前は出てないけど、一緒にネタ出ししたのが入ってますよ。「猫を四角い箱で育てると四角い猫ができるんじゃないか」とか、「イヤな奴の車に猫をガムテープでとめておけば、きっと楽しいことになるよ」とか、ネタ出ししながらそんなバカ話ばっかりしてたんですね。「究極のダイエットってなんだろう?」「やっぱ交通事故ダイエットだよね」「足一本何kgだろうね?」「一気に10kgは軽くなるよ」みたいな(笑)。

──青山さんの「鬼畜」のイメージからすると、『Billy』にもっと書いててもよさそうなんですけど、意外と書いてないんですよね。

永山:そうだね、『危ない1号』のイメージのせいでそう思っちゃうだろうけど、あれはたまたま、青山くんが『危ない1号』で鬼畜っぽいのをやったのが、世の中のタイミングとあった。『Billy』はちょっと早かった。死体も、ボンデージもそう。

──ボンデージもまだ変態扱いの時期ですよね? ファッションのイメージがまだない。

永山:マドンナとかが出て来てからだよね。一部では表のファッションに取り入れられていたのだけども、一気に広がったのはマドンナが衣装に使って出て来てからでしょう。それから、向こうのラバー関係を輸入して日本で売りはじめたよね。それまで真似してた日本のランジェリーもあったんだけど、かたちだけ真似したダサさがあったから。昔はまだ情報自体がなかったから。マニアは別として、詳しい人は何人もいなかったし。

──海外の文献を翻訳した情報があるだけでも、ありがたがられた時期というか。

永山:そういう意味では、僕も青山くんも、悪い言葉でいえば紹介屋。海外ではこんなのが流行ってるぜ、海外ではこういうクスリが流行ってるぜ、みたいな。あと彼は音楽だよね。青山くんと音楽の関わりって、そんなにまだ言及してる人っていないと思うけど、どうだろう? トランスとかノイズとか、あっちのほうだね。彼は秋田昌美さんのところでバイトしてたのかな、違ったっけ。

──ちょっと分かりません。ただ、青山さんは秋田さんがよく書いてた時期の『フールズ・メイト』に一ヶ月だけ在籍したらしいです。

永山:それは彼も常々言ってた。ひどい目にあったって(笑)。でも接点としてありだと思ってて、秋田昌美さんは緊美研(緊縛美研究会。不二秋夫、濡木痴夢男により1985年発足)のビデオに音楽をつけていたりするもんね。緊美研といえば、早乙女宏美(1984年にっかつデビュー。緊美研の作品に出演)は一度『Billy』で出てもらったことがある。「貧乏人にもできるボンデージ」とかいって、黒のゴミ袋をぴったりつけるとボンデージに見えるんですよ(笑)。大変でしたよ、息できなくなって。みんな結構むちゃくちゃやってましたから。

次回の記事を読む >>


『Billy』1983年7月号
左/P63 「SM・ザ・ワールド」 右/P75 「大英帝国変態事情」

『Billy』1983年7月号P63 「SM・ザ・ワールド」
『Billy』1983年7月号P75 「大英帝国変態事情」

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.09.21更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界