ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
エロマンガ・スタディーズ―「快楽装置」としての漫画入門 毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第28回


永山薫インタビュー part5
取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス、永山薫氏のインタビュー最終回です。
エロマンガ・スタディーズ―「快楽装置」としての漫画入門/著=永山薫
2006年11月発行/イーストプレス
 | 

<< 前回の記事を読む


怠け者だからオウムにいかなかったと思う

──80年代後半に青山さんがホラー映画の本を書く予定もあったみたいなんですが、それ以外に本の予定はなかったんでしょうかね。

永山:彼はドラッグの本で注目されちゃったけど、音楽とか、そういう方向でいけばまた違ったんだろうね。音楽もノイズだけじゃなくて、プログレや民俗音楽、古楽系ですね。僕も古楽は聞くんでそういう話はしたんですよ。15、16世紀の音楽とフォルクローレが似てたりするんです。それは結局、大航海時代の影響もあって、ヨーロッパの古い音楽が、意外と南米に残ってたりとか。そういう「中世音楽って面白いよね」みたいな話はしてました。宗教音楽もある意味、飛ぶクスリなんで、キメながら聞いたらどうとかね。ミニマムな、反復して反復して、少しずつズラしていって螺旋形を描いていくような。キリスト教がヨーロッパで勢力をのばしたのは音楽の力も大きいと思いますよ。

──言葉がわからなくても音楽ならわかると。

永山:彼のやってきたこと、彼がやろうとしてたことは、日常的な意味や人間的なものから、ステージを一つ上にあげたかったのかなというのは感じますね。ただ怠け者だったから(笑)。怠け者じゃない人達はオウム真理教に行ったんだと思う。ちゃんと修業しようとした人はオウムに行っちゃったんだけど、超越的なとこに憧れていても、青山くんは怠け者だから、オウムにはいかなかったと思う。ショートカットだからね。

青山正明とインターネット

──永山さんは初期からウェブ上で自身のサイトを作っていましたが、青山さんがインターネットに興味をもったりはしていなかったですか?

永山:詳しいことは知らない。アイツも新しいもの好きだし、クーロン黒沢とつながりがあったと思うし、それなりに知ってるはずだし、興味は持ってたと思うけど。

──『SPA!』誌上での青山さんの発言で、「今では活字や映像メディアのみならず、パソコン・ネットにしろ、いくらでも情報を入手する手段って広がってるからね。(略)下手したら、僕が十年がかりでコツコツ蓄積したものを、今の人ならその気になれば半年くらいで超えられてもおかしくないんですよ」というのがあるんですが、実際はどれくらい使ってたのかなと気になっていて。

永山:僕もそうなんだけど、海外の情報、埋もれてる情報を紹介するっていうライターの仕事には、インターネットは諸刃の剣だよね。便利になった反面、もうこのネタ出ちゃったか、みたいになる。今はまだ、ネットにのらないネタっていうのはあるじゃないですか。本一冊まるごと、雑誌一冊まるごとはないですよね。海外の文献なら、実際の本や雑誌を輸入しないと本当のところはわからない。インターネットで何がデカイかって語学力ですよ。英語使えると世界が一気に広がるしね。僕はエロ関係の英文なら読めるんで、海外のエロの伝統とか趣味の世界はわかるんだけど。そういうのを見てると、これからライターやる人は語学力は絶対に必要ですよね。青山くんは語学はできたのかな。

──『Hey!Buddy』で書いてた時期のドラッグ話は、海外文献の翻訳っぽい印象を受けます。

永山:クスリ関係の海外の文献は読めたんだろうね。だからその辺は敵はいなかったんだと思う。

晩年の青山正明

──いちばん最後に会ったのはいつですか。

永山:それはさっき言ったデータハウスの本の企画。それが一緒にやった最後の仕事だった。その後は電話もしてないですね。だから、あとで吉永嘉明さんの本(『自殺されちゃった僕』)を読んで、あの本はすごく、ちゃんとわかってる人が書いてるなって思って。胸を一番うたれたのは、「最後の最後まで死にたくなかったんじゃないか」というのが書いてあって、僕は個人的には吉永さんとは接点がないんですけど、「その通りだよ」って思った。

──青山さんは自殺を望んでいたような人ではない?

永山:僕は医者じゃないからわからないけど、うつ病で自殺する人って最後の最後まで死にたくないんだろうなって。あんだけ死ぬことを怖がってたのもそうですし。

──死ぬのを怖がっていて、かつ色々な自殺のやり方は知っていたはずなのに、なぜ首吊りのような苦しい死に方をしたのかは、たしかに謎のままなんです。目の病気や借金などが自殺の理由とも言われますが、永山さんが最後に仕事をした時は、悩んでいたりうつ病っぽくはなかったんですか。

永山:元気でしたよ。目の病気もそんなでもなかったと思うし。いつも明るくて軽薄で、面白い男でしたよ。でもやっぱり、なんだろう、彼は本当は何をやりたかったのか、その辺がもう一つわからないところではあるんですよ。僕は例えば創作をしたいとずっと思ってる人間なんだけど(※永山氏は本名の福本義裕名義で小説も書いている)、彼は編集者がゴールだったのか。編集は生活のためだったのか、編集こそが彼の天職だったのか、それともライターとしてもっと自由な立場でものを書いていきたかったのか。そこは最期までわからなかった。

文=ばるぼら


2007-2008 マンガ論争勃発/著=永山薫・昼間たかし
2007年12月発行/マイクロマガジン社

2007-2008 マンガ論争勃発

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.10.12更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界