本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
直系女流縄師×希代のハードコア女優が魅せる雪村流「縄奉仕」の真髄美学とエロス『雪村春樹継承緊縛Vol.1七海ゆあ 春宵・淫獣愛』発売中!!
特選AVレビュー『変なオジサンと麻衣のあぶない性交録/今井麻衣』(光夜蝶)
特選AVレビュー『美脚×競泳水着×パンスト眼鏡 妃月るい』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 神ユキ』(デカ拳)
2ページまんが 酒場の女【26】
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・五反田「アウスレーゼ」ももこさん編
ブロイラーみたいに部屋に隙間なく押し詰められてエアロバイクを漕ぐ姿はマジ悲惨!でも、それを輝かせるのがアメリカ映画とアメリカ音楽の偉大さだ 映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年12月号
特選AVレビュー『計略的種付け/皆月ひかる』(ワープエンタテインメント)
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【1】
特選AVレビュー『むっちりスケベな幼妻 Iカップ爆乳グラマラス痴女デリ嬢 後藤里香』(まぐろ物産)
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
金のEX NEXT Vol.6(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.6(ミリオン出版)
コタツの中で(大洋図書)
人妻絶叫アクメSP(ミリオン出版)
おくびょうなディア(大洋図書)
香る獣(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2019年2月号(大洋図書)
騎士の涙(大洋図書)
実話ナックルズ 2019年2月号(ミリオン出版)
ご当地人妻密会DX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『ヘイ!バディ』終刊号
『ヘイ!バディ』終刊号
1985年11月1日発行/白夜書房
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第11回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 

<< 前回の記事を読む

1983年春に慶応大学を卒業後、『ヘイ!バディ』誌での連載「フレッシュ・ペーパー」は継続させつつ、青山は音楽誌『Fool's Mate』で一ヶ月だけバイトをしている。待遇は最悪で、すぐに辞めてしまったようだ。どれくらい最悪だったのかは当時の青山が『Fool's Mate』誌の電話番号をこうやって覚えていた事実から覗える。「フールズの電話番号は(374)6117であり、僕は、\x87\x80な寄ってたかって無能の仲間\x87≠ニ覚えていた(1は、カタカナの\x87\x80ノ\x87≠ノ似ているから\x87\x80の\x87≠ニ読む。記憶術の基礎である)」。

『Fool's Mate』を辞めてからは、自然食品メーカー「さわき」、ソフト会社「エイティ」でプログラマーとして働くなど転々とするが、1984年11月にはフリーライターとして独立。主な活動媒体はやはりロリコン雑誌で、『ヘイ!バディ』はもちろんのこと、『ぺぴ』『VIDEOロリータ』『ロリータスナイパー』『にんふらばあ』『ロリータスクランブル』『なおこちゃん』等に原稿を書き散らし、ビデオ『テレ美少女コレクション』(いちご通信社)をプロデュースしたり、変態雑誌『Billy』で外人ヌードやショック写真の記事を執筆するなど、エロ本ライターとしては順風満帆に見えた。

しかし85年10月、ロリコン・ライターとして大打撃を受ける事件に遭遇する。ロリコン雑誌の金字塔の『ヘイ!バディ』誌が、85年11月号で廃刊することが決定したのだ。原因は増刊の『ロリコンランド8』に載った少女のスリット(割れ目)写真が違法と判断され、回収処分になったこと。これにより少女写真にはすべて修正が入るようになった為である。『ヘイ!バディ』編集長の高桑常寿は、終刊号の座談会で「これ以上続けても、ワレメは出せないと。そうなるといいものは出せないし、具体的に部数に響いてくるんで、まあ、休刊になります」と語った。

連載「フレッシュ・ペーパー」は同じ白夜書房の『クラッシュ』と、大亜出版の『BACHELOR』に移動して続行となったが、これ以降に青山正明がロリコン原稿を書いたのは『ロリータ大鑑』や『にんふらばあ』などに単発で寄稿した程度である。ライターとして活動するには、ロリコン以外の、別のテーマを中心にしていかなくてはならなかった。『ヘイ!バディ』終刊号には、青山正明がこれまでの『ヘイ!バディ』の歩みを辿りつつ、自身のこれまでの活動をまとめた記事が掲載されている。そこにはこんな一節がある。

「これからは編集に全力を注いで、ライターとしては、書きたい作品だけに数を絞り、原稿の質を向上させて行く。具体的には、「ホラー・フィルムズ」(来春刊行)、「フィリアック」(求龍社)、「サバト」(三和出版)の編集執筆、ギャグの単行本を年3冊のペースで共同執筆して行こうと考えている」

つまりここに書かれた3冊が、85年11月以降の青山正明の方向性だった。

次回の記事を読む >>


『ヘイ!バディ』終刊号 P61
『ヘイ!バディ』終刊号 P61
1980年6月4日(7月号)創刊/白夜書房。ロリータ情報総合誌として代表的な雑誌。ただし初期の号ははまったくロリコンではなく、外国人やや多めの普通のポルノ誌として、正直特筆したいところがない地味なエロ本だった。青山が参加しなければそのうち廃刊になっていたであろうと予想される。定期的に載っていたプロレス話は編集部員の趣味で、そのため全く人気はなかったがなくならなかったのだとか。最終号の座談会は痛快。「僕としては読者に参加して欲しくない、と言う(笑)、バカにしてたというか(笑)」「最後だから言える(笑)、なんだ、このロリコンどもめ!」「そういう態度で作ってた(笑)」。

『にんふらばあ』第5号P112/麻布書店
『にんふらばあ』第5号P112
1985年6月25日創刊/麻布書店。隔月で出ていたロリータポルノ専門誌で、全5号。専門店など限られた書店に直販で置かれていたので、相当マニアでないと存在に気づかなかったかもしれない。70年代後半に出ていた海外の過激ロリータポルノ誌『NYMPH LOVER』誌を模しており、創刊号は「ニンフラバー・ジャパン」名義のA5判サイズ、2号以降は「にんふらばあ」としてB5判サイズになった。青山氏がどんな記事を担当したのかは判っていないが(おそらく4号の「最新地下ビデオ情報2本」か?)、最終号を見る限り、連載「フレッシュ・ペーパー」が『にんふらばあ』誌でも行なわれていたようだ。

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.06.01更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界