本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE January 2011
「あぶらいふ」読者投稿連載!
インテリマニアが綴る大人のいろはカルタ
秘密教団「赤満講」が、生け贄となった哀れな少女たちを使って荒ぶる神々を鎮める背徳と暴虐の歳時記。2年間に亘って連載してきた変態カルタもいよいよ最終回です。ジャパニーズ・カルトの隠れた金字塔、ここに完結!!
 | 
【除夜の核撞き】

んんんと 泣いて呻いて 除夜の鐘
大晦日には生け贄全員が大洗浄を行ない、頭髪から幸門、満幸まで徹底的に洗い流しますが、処女は姫始めの水揚げ用にヒーメンを痛めないように注意して扱います。処女でなければ百八ツの除夜の鐘に合わせ、百八回陰部を突いて、一年間の突き納めにすることになっています。

お寺には鐘撞き堂がありますが、裏神道では核(さね)撞き堂といっています。お寺との違いは、鐘撞き堂には屋根があって誰も雨や雪に濡れないようになっていますが、核撞き堂では、陰部を突かれる生け賛は露天に吊り下げられ、撞き手の信者だけが軒下に位置して雨に濡れないで済むようになっていることです。

生け贅には九匹の若い娘が選ばれて、素っ裸で核撞き台にぶら下げられます。撞き手は四回撞く度に一匹づつ次の生け贅に移動して核撞きを繰り返す作法になっています。




一番端はクリスマスの聖夜に百匁蝋燭で稚い満幸を灼かれた早川有紀チャン(×四才)です。背面エビ縛りという最も恥ずかしい姿勢で吊るされて、陰棒を局部に突っ込まれます。少女の陰部や幸門の火傷はまだ治っていませんが、除夜の神事に容赦はありません。核撞き棒は剣道の竹刀のように、その先端に袋がついていますが、その袋は肥後芋茎(ひごずいき)で出来ているのですから、やがて少女に残酷な刺激を与えます。

はじめのうちは狭い膣に無理やり異物を突っ込まれる激痛に「ヒィーヒィー」と大声で泣きますが、その内に愛液が沁み出して何とも言えぬ感触に苛まれます。ついには小水を洩らし、狂ってよがり泣きをする始末で、その残酷さは鬼神たち、すなわち信者達を喜ばすのに十分なのでした。

二番目は雪女のモデルになった百瀬さなえチャン(×五才)です。少女は狸縛りにされ彼女の満幸はラビアに突き立てられたZピンで無理に裂かれて核撞き棒を迎えるのでした。

三番目は、落ち葉燻しのリンチに泣いた小山智美チャン(×四才)です。そのときに受けた火傷はすっかり治っていますが、沢山の信者に犯されために、精神的なショックが大きかったのでしょうか、大の字に開かれただけで、わあわあと激しく泣き出すのでした。

四番目から七番目は、紅葉散らしの刑に涙を流したC学二年生の由美子、佳枝、理沙、英香の四匹です。まだまだ未成熟な生殖器に何度もズイキ玉を突っ込み、少女たちのよがり声を楽しんで下さい。

八番目の生け費折田由美(×四才)は再びメンスを迎える時でした。たちまち核撞き棒の先端は真っ赤になり、血は溢れて太股や土手を紅に染めるのでした。あまりの恥ずかしさと感触のおぞましさに、「止めてー、止めてー」と泣くのですが、除夜の鐘に合わせて膣突きの止まることはありませんでした。

最後の九番目の少女、緒方聖子(×五才)はすでに性の奴隷として何度も鬼神に捧げられているために、除夜の儀式にも諦めて若い裸身を提供しましたが、流石に百回を越す核撞きには溜まり兼ね「もう下ろしてー」と大声を上げて泣き叫びます。しかし、信者たちは除夜の鐘に合わせて笑いながら、穴突きを繰り返すばかり。

こうして一年に亘る拷間、凌辱の儀式は少女の啜り泣きで幕が閉じられるのでした。

絵・文=大園喜八郎

関連記事

監禁シミュレーション・ノベル 女囚くみ子\x87U
【1】>>> 【2】>>>【3】>>> 【4】>>>【5】>>> 【6】>>>【7】

対談「WEBスナイパー」編集人×「あぶらいふ」扉絵師 今こそアブノーマルな性嗜好の渦巻きを編集せよ!

ABLIFE INFORMATION 『あぶらいふ』が貴方からの投稿を待っています!

あぶらいふ新着投稿案内展示室
【1月】>>>【2月】>>>【3月】>>>【4月】>>>【5月】>>>【6月】>>>【7月】>>>【8月】>>>【9月】>>>【10月】>>>【11月】>>>【12月】

bouzu.jpg
大園喜八郎プロフィール
関西地方在住のマニア男性。詳細一切不明。ある日突然、「あぶらいふ」宛てに手作りのいろはカルタを送付。A4判の厚紙の表側は色鉛筆で描かれたカラーの絵、裏側にはワープロで打たれた文章が丁寧に貼り付けられている。内容は「赤満講」という架空の団体が伝える教えや珍奇な風習。ユーモアとエスプリが利いた力作である。
 |