本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【1】
死後さばきにあう<まちがえ 生きてる内にとしまえんでさばきにあう<せいかい『映画 としまえん』公開中!!
特選AVレビュー『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)
ギャルリー志門 三宅玄朗展「鈍黒の夢想」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2019年7月号(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 夏号(大洋図書)
花と蜜 2019年7月号(ワイレア出版)
名医が処方しない「生活習慣病」の薬(大洋図書) 
昭和の不思議101 2019年 夏の男祭号(大洋図書)
アダムの肋骨 1(大洋図書)
Sugar in my Coffee(大洋図書)
GAPS hanker(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年7月号(大洋図書)
騎士の祈り(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE June 2010
「あぶらいふ」厳選連載!
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
写真=枷井克哉

縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
堂々とではなく、人目をぬすんで、そ知らぬ顔でこっそりやるところに、
この快楽の、得(え)も言われぬ快楽がある。
舞台を観ているふりをしながら、
若い弾力にみちたお尻を撫でるときの幸福感、
楽しさなんてものは、ちょっと他人には説明できない。



東京・下町の、とあるホールの中にいる。
ホールというよりは、まあ、劇場である。
舞台で、芝居、踊り、歌も演じられる。
いや、劇場というより、小屋か。
芝居小屋。
建物の周囲には、役者の名前が染められた幟(のぼり)が何本も並んで、はためいている。情緒がある。
むかしからの芝居小屋の風情がのこっている。提灯もぶら下がっている。
中は、いつも満員である。

客席にいるのは、自分の財布からお金を出してチケットを買って入ってきた人間ばかりである。
つまり、招待券などで、タダで入ってくる客など、一人もいない、ということである。
くり返していう。
この小屋は、いつきても満員である。
客席ばかりでなく、通路までふさがってしまうのである。

私と彼女は、たいてい、舞台上手(かみて)に近い非常口そばの丸い小さな補助椅子にすわる。
いや、すわらせられる。
開場(開演ではない)一時間以上前から幟の下に並ばないと、ふつうの客席にはすわれない。
補助椅子は丸く小さく固いので、すぐに尻が痛くなる。
その痛みに耐えながら、芝居を観る。

尻が痛くならないと、芝居を観ている気分になれない。
後ろの壁は、すぐに非常口のブリキのドアである。
古いブリキなので、よりかかると、がたがたべこんべこんと音がする。
すこしくらい尻が痛くても、じつは、私はこの補助席が好きなのである。
大好きと言っていい。
それは、私のすぐ前にすわる彼女のお尻と接触できるからである。

私のひろげた膝のあいだに、丸椅子からハミ出している彼女のお尻が、すっぽりと入る形になるのだ。
(スカートで包まれていても、彼女のお尻の形は丸くてすばらしくセクシーなのだ)
私も彼女も、体は当然、舞台のほうに向けている。
丸椅子に背もたれなんかない。
私が両手を前にまわすと、彼女のおへそのあたりで組むことができる。
小さな丸い補助椅子を密着させたまますわると、私と彼女はしぜんに密着するというわけだ。

だけど、小屋の中には、いつも二五〇人以上の客が入っている。
場内が明るいうちは、私と彼女の姿は、いやでもそれらの客の目にさらされる。
(顔面がでかくて足が短くてお腹が妊婦のようにふくらんでいる私は、どこにいても、とても目立つのだ)
だから幕があいて、客席の視線が、すべて舞台に向けられないと、私は彼女のお尻に手を触れることができない。
幕があきさえすれば、客たちの注意は、熱っぽく舞台にそそがれる。

芝居が好きで好きでたまらない人間ばかりで客席は埋められている。
あるいは、芝居以上に、その芝居を演じている役者が、好きで好きでたまらない人たちである。
役者の一挙手、一投足に声をあげ、セリフの一言一言に泣き、笑い、感動して手を叩く連中ばかりである。
だから、芝居が始まりさえすれば、私は彼女のお尻とか、太腿とかに、自由に手を触れることができる。

ところが、困ったことに、この小屋でやる芝居は、どれもこれもおもしろいのだ。私と彼女にとって、刺激的なのだ。
私もまた、芝居好きな人間である。
彼女のお尻の感触を楽しむことを忘れて、つい、舞台の役者の熱演に見入ってしまうのだ。

そんなわけで、芝居のときはなかなか彼女のお尻にさわるひまはないが、やがて「豪華絢爛、歌と踊りのグランド・ショー」になると、すこし余裕が出てくる。
ベテラン役者が踊るときには、やはり目も心も吸い寄せられるが、まだ芸に隙間のある若い俳優たちのときには、私の手は、つい、彼女の太腿や、ウエストや、お尻にのびていく。

こんな楽しいこと、めったにないのですよ。

指先に伝わるエロティックな反応、その快楽に魂がふるえ、全身がぞくぞくして、気が遠くなるくらいです。
大勢の人間がいる中で、堂々と……いや、堂々とではなく、人目をぬすんで、そ知らぬ顔でこっそりやるところに、この快楽の、得(え)も言われぬ快楽があるのですよ。
舞台を観ているふりをしながら、若い弾力にみちたお尻を撫でるときの幸福感、楽しさなんてものは、ちょっと他人には説明できない。ああ、生きているってすばらしい!

彼女のほうは、というと、私の手を避けるなどという不粋なまねはしません。されるがままです。「イヤ」とも言わない。
「フン」とか「スン」の反応もない。
だまったまま、舞台をみつめています。でも、こんなことされて、きっと気持ちいいんだろうな。と私は勝手に解釈します。すくなくとも、悪い気分ではないのでしょう。

どうですか、落花さん。返事して。
(続く)

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |