本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE May 2010
「あぶらいふ」厳選連載!
アブノーマルな性を生きるすべての人へ
写真=枷井克哉

縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私の一本の縄には、至上にして無限の快楽がこめられている。
私の縄は、ただの縄ではないのだ。
そして、私の縄に、
心身を空(くう)にして、応えてくれる女性は、
彼女しかいないのだ。


一生けんめい「合体」して、腰を動かして、彼女の体内にもぐりこませている男根の先端の部分を摩擦したところで、もはや、さほどの快楽が得られるものではない。
それでも調子にのって摩擦を繰り返していると、彼女の体内にうっかり射精してしまうおそれがある。

私はコンドームを使わない。いつでも抜き身である。
ドバッ、ビュッというほどの激しさはもうないにしても、トロリ、タラリタラリ程度の勢いはまだ残っている。
(下品な形容だとは思うが、これは正確な、実情に即した表現である)
射精したところで、妊娠に至るほどの元気はもうないと思うが、万が一ということもある。
そこであわてて腰を浮かし、男根を抜く。彼女は、あ、という声を発する。

だが、彼女はいつもはっきりとした反応をみせない。どんな場合でも、低くひかえめにあえぐだけである。

反応しないところに、彼女の反応はある。

明確な反応をみせてくれなくても、私に不満はない。
私には彼女の気持ちがわかる(いや、ちがう。わかっているように思うだけかもしれない。女のほんとの気持ちなんて、男にはなかなかわからない)。
彼女の性格(あるいは性癖とよぶべきだろうか)の中に、男根嫌悪、もしくは憎悪があるのだろうか。

いや、ちがう。彼女はフェラ行為は拒否しない。私がおのれの股間を、いきなり彼女の顔面に接近させても、彼女はためらったりはしない。
ためらうどころか、きわめて素直に、ときには嬉々として(私にはそう思える)私をむかえてくれる。

正直に言うと、彼女が私のものをパクリと口にくわえてくれた瞬間、私はうれしい。非常にうれしい。
そういうことをしない雰囲気が、日常の彼女にはあるのだ。彼女の身辺には、いつも潔癖感が漂っている。
私の醜いものを、彼女があたたかく口の中で受けとめ、包みこんでくれるとき、私は、私に対する彼女のなみなみならぬ信頼感を感じる。
口腔内の熱くやわらかい粘膜と舌が、おずおずと私のものを包み、うごく。
その、おずおず感がまた、たまらなくいいのだ。
「おずおず」というのは、漢字では「怖ず怖ず」と書くのだ。こわごわ、おそるおそる、という意味がある。可愛らしい。

嫌悪とか憎悪とかは感じられないのに、なぜ彼女は、いわゆる「ノーマル」な性行為を拒否するのだろうか。
自分の性器を、男根に占領されるという形に、抵抗感があるのだろうか。

そうか。占領拒否。

もし、そういう抵抗感のようなものが彼女にあったら、あったで、私はいいと思う。
そういう抵抗感の存在を、私は否定しない。人の心のあり方に、否定も肯定もない。

私は、じつを言うと、そういう落花さんだからこそ、心をゆるし、安心してラブホへ誘い、縄を出していきなり縛り、唇をむさぼり、乳房をつかみ、乳首を揉み、しゃぶり、わきあがる欲情のままに、美しい弾力のある尻の丸みから、ウエストのくびれを、何度も何度もなでさするのだ。

彼女の尻の形の美しさは、いままでに繰り返して書いているが、まことに絶品なのである。
この尻の美しさを、どうか私が死ぬまで維持してもらいたい。私は熱望し、懇願する。彼女のたれ下がった尻なんか見たら、私は絶望のあまり、その場で泣きだすだろう。

あるいは、彼女は、自分の尻の形を守るために、あおむけになった体の上に男の重量を受け、性器を圧迫されることを拒否しているのだろうか。……まさかね。

私のほうにしても、女性器の中におのれのものを挿入し、ただわっさわっさと押したり引いたりする単純行為に、いまやそれほどの魅力を感じない。

後期高齢者になったからそういう肉体運動がわずらわしくなったというわけではなく、いま思うと、十代のときにも、二十代のときにも、三十代のときでも、四十代のときも、私はそのような性器結合運動(つまり多数派のセックス行為)に、さほど熱い欲望をもたなかった。

(ああ、そうか。だから私は変態なのだ)

落花さんよ。
どうか、私が死ぬまで、あなたは、いまのままのあなたでいてもらいたい。
自分の性器の内部が、男のものによって占拠されることを拒む女性でいてもらいたい。
そういう落花さんであればこそ、私たちの密室での行為は、いつも濃密で新鮮なのだ。
きめこまやかな快楽で持続するのだ。

挿入して、動いて、射精する単純反復行為とちがって、飽きるということがないのだ。

私の一本の縄には、至上にして無限の快楽がこめられている。
私の縄は、ただの縄ではないのだ。
そして、私の縄に、心身を空(くう)にして、応えてくれる女性は、彼女しかいないのだ。

こういう文章を書いていると、彼女の姿が、脳裏に浮かびあがり、私は勃起してくる。勃起したままのものを左手に握りながら、私はいま、こうして書いている。
(続く)

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |