女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『キミ、10代、恋の予感 里見千春』(Spice Visual)
私がちょこっと出ているから言うわけではないが、なかなかいい映画だし、私がちょこっと出ているということを今ここでもう一度申し上げたい 映画『阿吽』公開中!!
特選AVレビュー『初めての夫婦交換[二]』(GOGOS)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年4月号
特選AVレビュー 『2人だけでとろけ合う 激情絶頂スロ~セックス ACT.01 鈴村あいり 痙攣絶頂!ハメ潮!涙腺崩壊!スロ~なセックスでイキ狂う見たことのない新次元絶頂!!』(PRESTIGE)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 山本美和子』(デカ拳)
ぱっと本書を開く。「障害者とは何か、チンポやまんこをいじりながらよく考えていただきたい」という一文が目に飛び込んでくる。『裸のアンダーグラウンド』(三交社) 著者=東良美季 文=ターHELL穴トミヤ
特選AVレビュー『かわいすぎるから...ぜんぶきみのせいなんだ2』(ファーストスター)
特選AVレビュー『パンストかぶせてみました ~20歳の妹系から49歳の熟女まで~』(内緒倶楽部)
読者代表 腹パン野郎がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」レオナさん【3】
読者代表 腹パン野郎がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」レオナさん【2】
読者代表 腹パン野郎がイク! 第1回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」レオナさん【1】
特選AVレビュー『「ねぇねぇ...エッチしようよ」絶対に「うん」とは言えない関係の男をあえて挑発... 誘惑おねだり痴女娘 一条みお』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『神凪×神楽 10周年特別企画 地獄変』(バミューダ)
完全無欠の非日常体験240分 ゴージャス美女3名の必見映像を網羅収録!! BONDAGE LIFE Series BEST 『BONDAGE PARADISE』発売!!
2ページまんが 酒場の女【29】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年3月号
特選AVレビュー『ずっと好きだった2 柚木N'』(メディアバンク)
特選AVレビュー『面接ドキュメント 通りすがりのAV女優12 ワケあり奥さん編』(HMJM)
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【3】
アクセスアップ
新刊情報
昭和40年代生まれのエロ熟女 Vol.2(ワイレア出版)
MEN'S KNUCKLE 2019年6月号(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.26(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.7(大洋図書)
好色人妻ポルノBEST(大洋図書)
蜜濡れ女ざかり Vol.12(大洋図書)
CRAFT Vol.80(大洋図書)
五十路妻 六十路妻SP(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.40(大洋図書)
アップル写真館 マニアックス(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

THE ABLIFE September 2010
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
私のこの布紐は、女体の胸をしめつけるときに、
とくに効果を発揮するように思える。
つまり、快感を与えるのだ。
もちろんそこには、麻縄などとはちがう
「縛りのテクニック」を必要とする。

きょうは私の所属する劇団のけいこ日である。十三時から二十二時まで、なんと、九時間、つまり一日じゅう、秋の新作の練習をする。私はこの一座の長老格の役者であり、重要な一員なのだ。座員たちのけいこに、つき合わなければならない。

だが、私はきょう、そのけいこを途中でぬけ出して、彼女とデイトをしようと思っている。
私の仕事部屋の、もよりの駅の中にあるコーヒーショップで、正午、彼女と会う約束になっている。

会ってから、私と彼女は二人で、けいこ場へ向かう。

私は「長老」なので(言うまでもなく一般社会においても私は後期高齢人間である)どんな場所でも、たいていのわがままは通る。
「ちょっと用事があって、私はきょう途中で失礼するから、私の出る場面だけを、先にけいこしてくれないか」
と、演出家とプロデューサーにたのみ、承諾を得る。

彼女のことは、私のマネージャーだと言って紹介する。いまさら紹介しなくても、一座の中の数名は、彼女の顔をすでに知っている。
「おれの芝居を見ていて、なにか気づいたことがあったら言ってくれないか」
と、私は彼女に言う。



改めてたのまれなくても、彼女は私の仕事、行動のほとんどを把握し、常に感想をのべ、ときに鋭く批判したりする。
それを参考にして、私は行動することが多い。彼女が私のマネージャーだというのは、八割方、ホントである。

けいこが始まる。こんどの芝居は、出演者が全員で踊るシーンが多い。
私だけは踊らない。踊ると息が切れ、足腰が痛み、腕がしびれる。つまり、踊らないのではなく、踊れないのだ。

芝居のなかで私は、九十歳になった桃太郎をやる。

紅顔の美少年のときには、イヌ、サル、キジを供にして海をわたり、鬼が島へ鬼退治に行った桃太郎も、哀れなことに、いまはボケ老人となって、どこかの施設に入れられている。
そして、むかし鬼をたくさん殺して宝物を強奪したので、その鬼たちの怨念に毎日苦しめられている。
施設の看護師たちには徹底的にバカにされ、いじめられている。
という他愛のない「お笑い」の多い芝居である。まあ、ふつうだったら、これはとても「彼女」には見せられない芝居である。

私は徹底的に頭のおかしい、色ボケの老人をやる。ヨダレをたらし、舌ももつれるなさけない痴呆役。
だが、私はやる。私にとっては、私のM性を刺激する、かなり快楽的な役である。だから平気でやる。彼女の前でも、自信をもって演じられる。

M性を芯にして、ボケ老人の役をうまく演じるには、ホンモノのかなり高度な知性を必要とする、と私は思っている。
私が役の上で、どんなに愚かな、みじめな老いた桃太郎を演じても、彼女は知性をもって笑ってくれる。
そして、私への好意と信頼感を、さらに深めることになるだろう、と私は思っている(むかしから三枚目は女にモテるのだ)。



彼女と私とのこの相互信頼は強固なものだ(と私は思っている)。
だから私は嘲弄され、若い看護師たちからオモチャにされる哀れな老人を、彼女の見ている前で、いつも以上に熱演した。

劇団員たちまでがゲラゲラ笑いころげ、けいこがつづけられないほどであった(笑われることは楽しい。こちらの仕掛けた笑いにのってきたとき、最高の優越感が生じる)。

午後四時半。私は演出家とプロデューサーに告げる。

「それじゃ、おれはきょう、これで失礼させてもらうよ。どうしても避けられない仕事があってね、これからそこへ行く。そのためにきょうはマネージャーがくっついているんだよ」

私は彼女をうながして、けいこ場の外へ出る。
タクシーをとめる。そして、まっすぐにラブホテルへ向かう。三十分後には、私と彼女はしずかな密室にいる。

私は晒木綿(さらしもめん)を利用した白いやわらかな布紐で、彼女を後ろ手に縛りあげている。この布紐は、麻縄とか、既製品の綿ロープとか、他のどんな拘束具よりも、女体の手首に、腕に、胸に、官能的な繊細さで巻きつき、悪魔的なやさしさで、しずかに食い込んでいくのだ。



だから、この布紐を使って彼女の手首を縛ると、ほとんど同時に彼女の全身から力がぬけ、ぐずぐずになって床に倒れてしまう。

「おい、胸をひと巻きするまで我慢してくれ。すぐに倒れてしまったら、あと縛りにくくてしようがない」

私は毎回こんな文句を言うのだが、彼女の意識はどこかもう遠いところをさまよっているのだ。

私のこの布紐は、女体の胸をしめつけるときに、とくに効果を発揮するように思える。つまり、快感を与えるのだ。もちろんそこには、麻縄などとはちがう「縛りのテクニック」を必要とする。

文字や口さきでは説明できない、布紐独特の繊細微妙な指先テクニック。

このときの私は、さきほど演じたボケ老人の桃太郎ではなく、女体緊縛の快楽技巧に、さらに磨きをかけた濡木痴夢男にもどっている(と、自分だけで勝手にそう思うことにしよう)。

(続く)

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |