女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【3】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【2】
デカチンAV男優・矢野慎二がイク! 第1回 池袋「無我」さつきさん【1】
死後さばきにあう<まちがえ 生きてる内にとしまえんでさばきにあう<せいかい『映画 としまえん』公開中!!
特選AVレビュー『揺れる電車の中で 痴漢に暴かれた女教師の性』(CARESS COMMUNICATIONS)
ギャルリー志門 三宅玄朗展「鈍黒の夢想」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
別冊投稿キングDVD 2019年7月号(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 夏号(大洋図書)
花と蜜 2019年7月号(ワイレア出版)
名医が処方しない「生活習慣病」の薬(大洋図書) 
昭和の不思議101 2019年 夏の男祭号(大洋図書)
アダムの肋骨 1(大洋図書)
Sugar in my Coffee(大洋図書)
GAPS hanker(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年7月号(大洋図書)
騎士の祈り(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE October 2010
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
乳房をつかみ出す。
ブラジャーも上方にずらして乳首まで露出する。
そしてその乳房に食らいつく。
吸うのではなく、食らいつく、といったほうが
正確であろう。

緊縛遊戯に晒布(さらし)を使うといいですよ、などと書いてきたが、それが落花さんには合わないことがわかった。そのことについて書いてみようと思う。

まあ、見せるための「緊縛」、たとえばビデオとかSM雑誌の撮影のときなど、晒布を紐状にして使うのも、見た目にそれなりの変化があっておもしろく、私自身過去に何度かやっている。

だが、プライベートでやる緊縛、それも落花さんのような女性だと、いささか、いや、かなり勝手がちがってくる。

モデルの場合は、当人にM性があろうとなかろうと、ギャラで演じている女性なので、麻紐であろうと木綿ロープであろうと、晒布であろうと、形よくきれいに緊縛がきまる。きまらないと撮影が終わらない。

ところが落花さんは、端的に言ってしまうと、あいかわらず、「縄酔い」が早く、そして深いのだ。

手首を掴んで背中へねじりあげ、晒布の紐をひと巻きしただけで、本気になって感じてしまう。

体の支えを失い、全身がぐずぐずと前に倒れてしまう。



「まだ早い、まだ早い、もうすこし縛らせろ、おい」

と言って私は彼女の肩を片手で抱き起こそうとする。だが、そうなると彼女の体はもうずっしりと重く、とてもかんたんには抱き起こせない。それでも両手首を縛った紐を、なんとか胸にまわし、ひと巻きして留める。

ここまでくるのがひと仕事だ。女のほうがあまりにも無抵抗だと、かえって縛るのにたいへんな労力を要する。

ひといきついてから、私はこんどは両手で彼女の下半身をヨイショと起こし、唇を吸う。かなり乱暴に吸う。

かすかにうめき声をもらしながら、彼は私のキスに応じる。応じてはいるのだが、自分から積極的に私の唇や舌を吸い返す、というような行為はしない。

それはきっと、彼女にとっては、はしたない、恥ずかしい行為なのである。ただおとなしく、私に唇を吸われているだけ、という感じである。

私は彼女の着衣の胸をひろげ、ひと巻きかけてある布紐を、力をこめて上のほうにずらし、乳房をつかみ出す。ブラジャーも上方にずらして乳首まで露出する。

そしてその乳房に食らいつく。吸うのではなく、食らいつく、といったほうが正確であろう。さらに、乳首に噛みつく。上下の歯を動かし、キリキリと乳首を刺激する。

このときになって、彼女ははじめて声をあげる。それが、痛みに耐える声なのか、「感じている」声なのか、私にはわからない。きいても彼女は答えてくれない。

ただ、私がどんなに乳首を強く噛んでも、彼女は避けることをしない。逃げようともしない。



そうだ。晒布で彼女を縛っているこの場所を書くのを忘れていた。そして、晒布の紐による緊縛が、彼女には合わないことを書かねばならない。

場所は、全室に檜風呂を備えつけてある純日本風の旅館である。つまり、畳の部屋である。

そしてまた私と彼女は、いつものように芝居を観た帰りに、このなじみの旅館の二階にいるのだ。

彼女は、黒い毛糸で編んだ丈の長いカーディガンのような上着を着ている。

その上から、いきなり晒布で後ろ手に縛っているのだ(これもいつものやり方だ)。

上着の胸もとに強引に手をかけて左右にひろげ、つかみだした彼女の乳房を吸い、乳首を噛み、唇を吸っているのだ。

私は彼女の黒い毛糸編みの上着に、畳のケバが付着するのを心配する。

「おい、いつかみたいに、畳のケバがついて取れなくなったら困るぞ」

私はベッドの上へ彼女を引きずり上げ、服を脱がし、改めてまた晒布で後ろ手に縛り上げる。

私が縛ろうとするとき、彼女は自分から背中にまわした左右の手首を、高々と上の位置に組む。縛り終えた直後の形は、理想的な高手小手縛りである。



ところが、すぐにまた彼女は失神状態になり、背後の高い位置に固定した手首が、腰のあたりまで下がってくる。すると、その分だけ、手首と、腕と、胸をしめつけている晒布が、ぎゅっと伸びる。そして、伸びた分だけ幅がせまくなる。

はじめは五センチほどの幅で、腕と胸をゆったりと縛ったはずの晒布が、彼女が正気を失うと、わずか二センチ幅の細く鋭い紐になってしまうのだ。そして、細くなった分だけ、彼女の素肌に鋭く厳しく食い込む。晒布の意外な伸縮度を私は発見する。

陰惨とも思える食い込みの深さを見て、私はぎくりとする。迫力はある。だが、ここまでやってはいけない。

肌を痛めてはいけない。私はすぐに晒布を解きはじめる。結び目も固く縮んで、解くのにやや手間取った。もう晒布を使うのはやめよう、と私は思った。

失神状態になってのめりこんでいく彼女を眺めているのは、私のような人間にとっては快楽のきわみであり、至福のときである。だが、この快楽と至福のときを、でき得る限り長く味わうためには、それなりの配慮を怠ってはならない、というのが、今回の反省であり、結論である。そうなのだ、私はまだまだ、この快楽を、しぷとく、性懲りもなくつづけようと思っているのだ。

(続く)

『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用していのイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション“悲願”』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |