ミストレスランド 1 本家三行広告 1 Lovely-Candle 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
THE ABLIFE December 2010
「あぶらいふ」厳選連載! アブノーマルな性を生きるすべての人へ
縄を通して人を知り、快楽を与えることで喜びを得る緊縛人生。その遊行と思索の記録がゆるやかに伝える、人の性の奥深さと持つべき畏怖。男と女の様々な相を見続けてきた証人が、最期に語ろうとする「猥褻」の妙とは――
 | 
彼女がすぐに失神して無言の世界に入り込んでしまうのは、
自分の真の欲望がかなえられない、
欲求不満の意思表示なのだろうか。
だけど私は、落花さんのクリトリスに、
とても針なんか刺せない。

いま「美濃村晃物語」という原稿を執筆中である。河出書房新社からの依頼で、最終的には全5巻になる予定である。四百字詰め原稿紙で、約一千枚。
そのために、JR飯田橋駅近くにある風俗資料館にひんぱんに通っている。美濃村晃が活躍した時代の記録が、この資料館にほとんど揃っているのだ。

佐伯香也子という、SM小説を書く女性と近づきになれたのは、その資料館である。

知的な美人であり、なによりも明朗闊達なお人柄が好ましい。私は、ぐしぐじした陰湿な女性は苦手である。しっとりじめじめした暗い女性は好きだが、ぐじぐじと陰湿で、何を考えているかわからない女性は敬遠する。

しっとりじめじめと、ぐじぐじした陰湿とどこがどう違うか、この説明は置いておく。
その明るく歯切れのいい佐伯香也子さんが中心となって、こんど、『妄想乙女倶楽部「イシスの裏庭」』という女性ばかりの、立派な同人誌が発行された。



一冊頂戴して、さっそく拝読したが、イヤー、凄い。おそれいりました。
執筆者のほとんどが、いわゆるM女性らしいけど、さすが同人誌に発表する小説だけあって、内容が濃厚である。強烈である。
たとえ妄想物語のなかでも、心に思ってないことは書かないだろうから、この女性同人誌に発表された作品は、彼女たちの秘められた欲望の発露に違いないと、生来単純で浅薄な私など、ウーム、凄いとうなってしまう。

(もしかすると、私が紐を出して縛ろうといるだけで半分失神してしまう落花さんも、心の奥底では、こういう欲望を抱いているのではないだろうか?)

と、私はつい思ってしまう。
そして、おびえてしまう。

なにしろ佐伯香也子さんが書かれた小説のなかのヒロインは、ベッドの上にM字の形に拘束され、乳房や乳首に、注射用の太さの針を、十本も突き刺されるのだ。
そこまでだったら、私もまだイメージとして思い浮かべることができるのだが、つぎに、若菜という名のそのヒロインのラビアが、針で突き刺されるシーンになると、やっぱり感覚的に、こわい。



ちょっと原文を紹介させていただこう。
......ラビアは肉が薄いから、乳首ほど痛くはない。だが、両側に三本ずつ突き立てると、若菜はもはや息をするのも苦しげな様子を見せた。
彼女にとっては、夢にまで見た性器への罰だった。刺された場所は、どこもジンとする痛みを伝えてくる。だが、それはとても幸福な痛みだった。
だから、クリトリスフッドがつまみあげられ、そこをつらぬかれたときも、大きなよろこびの中で悲鳴をあげた。そして、堂島に最後の一本を見せられ、どこへ刺してほしいか訊かれたときには、迷わず答えていた。
「クリトリスへ......真ん中を、つらぬいてください」
そこがもっとも痛い場所であることは知っていた。だが、毎日イヤらしい妄想をしてアソコを濡らしてしまうような自分を罰するには、もうそこを刺してもらうしかない。
(中略)
堂島は笑みを唇にうかべると、無言でうなずいた。そして、クリトリスを片手で開きながら、その下側に針をあてる。
「さあ、これが最後だ」
そういって若菜に心の準備をさせると、瑞々しい紅珊瑚の宝珠へ、針を深く刺し入れた。
若菜の絶叫が響きわたった。針はやがて、手応えのある場所をつきぬけ、フッドを貫くそれと十文字にまじわった。
若菜にとってそれは、今までの記憶が消し飛ぶほどの激痛だった。だが、今までで一番大きな喜びであるのも確かだった。
若菜は陶酔とともに、それを味わいつくした。

『妄想乙女倶楽部「イシスの裏庭」第一号』収録
「ペイン・クリニック ファイル1*若菜」より
著者=佐伯香也子
そうか。クリトリスを針で貫かれる激痛が、彼女にとって一番の喜びであり、陶酔なのかァ......。空想にしても妄想にしても、凄い話である。



男である私には、ラビアもなければクリトリスもない(あたりまえだ)。でも、自分の男根に太い針が突き刺さる瞬間を想像すると、それだけで恐怖と苦痛が全身に走り、悲鳴をあげそうになる。

私にはMの部分も多くあると思うのだが、男根に針というのは、とても快楽につながらない。でも、そういう妄想を好むM男性もいそうな気がする。妄想だけだったら、痛くない。そして、ある程度の快楽はある。

いや、待てよ。もしかして......もしかして落花さんにも、こういう欲望への妄想があるのかもしれない。

私はひそかに愕然となる。そういう過酷な妄想を抱いているために、落花さんは私の質問にも答えてくれず、ただ失神の中にのめりこんでいってしまうのか。
私の質問というのは、こうである。

「どう、気持ちいい? こんなに縛られて気持ちいい? こんなにきびしく高手小手に縛られて、どうして気持ちいいの? ねえ、教えてくれないかなあ」

彼女がすぐに失神して無言の世界に入り込んでしまうのは、自分の真の欲望がかなえられない、欲求不満の意思表示なのだろうか。

だけど私は、落花さんのクリトリスに、とても針なんか刺せない。こわい。まねすることすらできない。やってくれと言われたら困ってしまう。

佐伯香也子さんが書かれた小説は、このように読者の心を、猛烈に、さまざまな形で刺激してくれます。女の人が残酷なことを書くと、妙にリアルで、ほんとにこわい。

『妄想乙女倶楽部「イシスの裏庭」』は、風俗資料館発行です。

(続く)

妄想乙女倶楽部 『イシスの裏庭 第一号』(風俗資料館)発売!!


妄想乙女倶楽部 『イシスの裏庭 第一号』

編集人: 佐伯香也子
製作: 妄想乙女倶楽部
発売: 2010年11月21日
定価: 1,800円(税込)

発行:風俗資料館

内容:女性の書き手による女性のためのフェティッシュ文芸誌。小説・詩・漫画・川柳・翻訳小説など、様々な表現で自らの性を表現した珠玉の12作品を収録。A5判・モノクロ・全96頁。


『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション1「悲願」(不二企画)


品番:KC-01
発売:2010年06月24日
収録時間:91分
販売元:不二企画

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら

※当欄で使用していのイメージ写真は本作のキャプチャ画像です

関連リンク

緊美研.com

濡木痴夢男のおしゃべり芝居

関連記事

緊縛美研究会『濡木痴夢男の秘蔵緊縛コレクション"悲願"』 撮影現場フォトレポート 前編>>>後編


nurekiplof.jpg
濡木痴夢男 1930年、東京都生まれ。SM雑誌『裏窓』『サスペンス・マガジン』の編集長を務めるかたわら、『奇譚クラブ』他三十数誌に小説を発表。1985年に「緊縛美研究会」を発足し、ビデオ製作や『日本緊縛写真史』(自由国民社)の監修にあたる。著書多数。近著に『緊縛☆命あるかぎり』(河出文庫)。
 |